Voice of fate 

August 08 [Wed], 2007, 7:29
そう、今も僕は覚えてる
いつだって君の優しさに
何度なく助けられ
救われた

そう、今の僕は一人では
何もかも前に進めなく
君にもっと伝えたい
言葉さえ

愛するという幸せを口にする程に
愛されているという自信をすぐに
失う・・・

どうして君は僕を選んだ?
どうして僕は君を愛した?
君がくれてる僕への愛は
本当の君の姿なの?


永遠に続く道なんて
きっとどこにもないんだろう
でもどこかにあるとしたら
君とずっと・・・

素直になれる事ができたならきっと
真っ直に君と向き合う事ができるのに

こんな僕になにが残せるの?
こんな僕は君にどう映る?
この先の未来
隣にいるのは
僕以外の誰かかもしれない


愛するという幸せを口にする程に
愛されているという自信をすぐに
失う・・・


もしも君がたった一つだけ
わがままを聞いてくれるなら
「幸せ」と言葉で言って欲しい
それだけで僕は・・・

「会いたい」とワガママ言いたいよ。
今すぐに飛んできて欲しいよ。
この先の未来
隣にいるのが
どうか僕でありますように…

Give me strength 

July 24 [Tue], 2007, 10:04

誰もが怖かった
だから誰もが見ないようにしてた
もう僕の隣に
いるべき人さえも今は…

何もかもなくなればいいと
生きる事さえ
やめてしまえたらどんなに
幸せに思える事かと

それでも
いつかこの雨が
虹色に輝く空に変わり
暖かな光が僕を包んでくれる日が
来ると信じてる…


今日も僕を笑い
変わる事のない現状を
精一杯の笑顔で
乗り越える事ができたなら

僕というあるべき姿
いつしか消えて
助けを叫ぶ声さえ
誰にも…

ツライ時は泣けばいい
決して恥ずかしい事じゃないんだ
全てを吐き出せばきっといつか本気で
笑える日が来るから

今のままで
前に進み
現実から目を背けずに…

それでも
いつかこの雨が
虹色に輝く空に変わり
暖かな光が僕を包んでくれる日が
来ると信じてる…

ツライ時は泣けばいい
決して恥ずかしい事じゃないんだ
全てを吐き出せばきっといつか本気で
笑える日が来るから


いつか必ず分かり合える
そう僕は信じて歩いてるから
今はツライけれど
遠い未来で一緒に笑える日が
待ってるはずだから…




理由−It kills ..you.. and I also die− 

July 11 [Wed], 2007, 12:09
雲ひとつないこの空の下
僕はもう・・・
何を思い
何を求め
何を愛せばいいのか?

今日という日も明日になれば
もう過去になるけど
君の歩んだ
過去という日は
壊したくなるものだ
すべて・・・

愛するべき人の何もかもを
知ろうとすると
僕の中にある不安が
眠りから呼び覚まされ

まだ僕は君の事を
愛しているから
信じる事でしか
君と向き合う
すべを知らないようだ

でも
信じる事ができず
不安ばかり残り
愛するがゆえに
僕は閉ざしていく

祈ってる・・・
願っている・・・
この空の下で
過去という愛を
許す事が僕にはできなかった


愛しすぎてしまったのは
僕の最後の君への思い・・・

出会わなければ
きっとこんな辛い結末
離れる方がましなんて
悲しすぎる


祈ってた・・・
願っていた・・・
この空の下に
過去という愛を
許す事が僕にはできない!

変えられない過去
失くした未来
戻らない現実
7月7日今年も会えない
二人を見つめ




「君を思い・・・」

「君を求め・・・」

「君を愛し・・・」

「君と眠ろう・・・」














狡兔三窟- コウトサンクツ- 

July 06 [Fri], 2007, 7:25
いつもと同じく日々を過ごせば
何一つ失わずに
愛するべき者姿探して
彷徨う愛に迷ってる

悲しみを乗り越え今を生きて
愛すべき人さえも見失う

溢れ出す孤独の雨降り注ぐその中で
綺麗な君からの手が
愛しくて
辛くて
その手繋ぐ事意味するものは
私の過ちだから

もしもこの罪が許されたなら
もう一度戻れたかな?
まるで今までと変わらぬ笑顔で
愛する事できたかな?

会えない日々を重ね悩んで
そんな時にいつも愛くれたから

悲しみもわからなくなった運命の道には
歪んだ罪と言う名の
世界が訪れて今も君の
守るべき笑顔が
閉ざされ忘れゆく夢


近くにある愛に
そっと手をかけて
そして涙する

溢れ出す孤独の雨降り注ぐその中で
綺麗な君からの手が
愛しくて
辛くて
その手繋ぐ事意味するものは
私の過ちだから

願うなら
今も貴方と一緒にいたかったけど
そばにいる君の愛に
私は永遠を感じる事
考えてしまったから
今では叶わない夢










For you ‥・ 

June 26 [Tue], 2007, 9:03
I am walking toward where?
誰もが抱えてる不安
You also have uneasiness?
胸の奥に

走り続けてる
君に僕は
そっと手をかざし
見つめてる

だけど君だって
哀しい時もある
そんな時にずっとそばにいれる
そんな人でありたいと願うよ

そばにいてと叫んだ日は
いつでもどこにいても
飛んでゆくよ
君が例えどんなつらい
未来にぶつかっても
僕だけは離れない
ただ信じて・・・


It was not accepted first.
君の夢だけど
一生懸命な姿に
支えてあげたいと
見守りたいと
君の夢が叶うその日を・・・

遠い未来の話
君のそばで僕は
笑顔で笑いあっているような
そんな風な二人でいたいから

君のために生きていきたいよ
その為ならなんだってできるから
どんなつらい闇の中にいても
信じること
決してやめないで
奇跡をおこして!!


そばにいてと叫んだ日は
いつでもどこにいても
飛んでゆくよ
君が例えどんなつらい
未来にぶつかっても
僕だけは離れない

同じ時間(トキ)を生きていきたいよ
uh・・・願うならば
今を解き放して
全て捧げたい・・・























The shining moon 

June 04 [Mon], 2007, 10:11
いつもと変わらない帰り道
月が綺麗で
あまりに綺麗なその月に
心奪われ
僕はその月に近づいて
手を差し伸べ
光溢れるこの場所から
今旅立とう・・・

Welcome to the paradise
World that you do not know ?
君は風のように微笑んで
Solitude that you think about
The healed thing is difficult
それでもいつも
見守っている
傍にいるから・・・

変わる事のない日常に
何を求める?
もしその背に羽があるなら
今飛び立とう・・・

Even if only one is wingless
My wing is divided
二人ならきっと
どこにだって
Even if you stop the thing
that is damaged and flies
いつでも君を
癒し続ける
永遠に・・・

Welcome to the paradise
World that you do not know ?
君は風のように微笑んで
Solitude that you think about
The healed thing is difficult
それでもいつも
見守っている
傍にいるから・・・

Thing learnt in this world
You must never forget
僕はいつも
隣で笑って
この空の下で
現実(いま)を歩いていく
もう大丈夫
君がいた事
忘れないから・・・














Memory of lie 

April 17 [Tue], 2007, 1:43
もう戻れない道
突き進むしかなくて
この寂しさから
抜け出したくて
何もかも忘れてしまえたら…

目を閉じて
現実から逃げたくて
記憶を失くす事
それで全ての悲しみ
苦しみから逃れるのなら
それで楽しく笑えるのであれば
いいとおもってた

相手の事なんか
考える余裕がなくて
私には
相手の苦しみなど
わかってあげる事できなかった

あの頃の私が出来る事は
あなたの愛に背を向ける事だけ
真正面からその愛を受け止める勇気がなかった

二人の大事な約束
本当は忘れてしまいたくなかった
記憶の中でその約束だけは
残しておきたかった

でもそれが出来なかったの
辛くて、悲しくて、あなたの事を理解しなければ
いけないって考えている私がここにいて
深い深い孤独を感じてしまったから

大事な日
大事な約束

一番に私はあなたに会いたかったの
あなたの笑顔が見たかった
本当はワガママ言いたかったの
「すぐに飛んできてって」

だけど、あなたにはあなたで
やるべき事があって
私はそれを見守る事しかできなくて…
大事な日だったから
あなた以上に私にとって大事な日だったんだ
日が変わってしまったら
それは過去になってしまう
なのに…あなたは来てくれなかった

だから、記憶の中に眠らせる事に
したんだ

あなたの居ないこの悲しみを
眠らせれば…
傷つく事から私は逃げてしまったの

何もかも忘れてしまってる
わけじゃないの
二人の大事な日だったあの日
忘れるわけないよ


本当は
飛んできてほしかっただけ…
その日…その日だけは
私の傍に飛んできてほしかっただけ…

少しの時間でよかったの
その日を私に欲しかった

帰らない時間
今ならワガママ言えるかな?

愛に背く事なく
素直にあなたに
「会いたかった」っと…






A free sky・・・ 

April 02 [Mon], 2007, 4:47
そこから見える景色だけが
唯一の幸せで
外観での世界は凄く楽しそうで
私と同じ位の子たちは
毎日が新鮮で…


外観ではお姫様扱いされ
憧れられる身

現状は鎖に繋がれ、身体には無数の傷跡


毎日この小さな部屋から
出れるわけもなく
決まった時間に
窓から見える外観をただ…

運命を憎み
どうして私だけが

神などいない
私をこんなに不幸にした

いつか…いつか…
私だってあの子たちのように
外観の空気に触れ
自由に飛びまわる
そんな日が来たなら
今までの「過去」に復讐を…


幾度目かの日
窓の外に立つ
私そっくりな少女

「あなたのようになりたい」
少女は言う


神は本当はいたんですね
私を見放したりしなかったんですね

平等の幸せ
私にだってもらってもいいよね?


窓をそっと開けて

「コウカンシマセンカ?コノセイカツヲ…」




外観から窓を見上げ
今日も聞こえる…
あなたの悲鳴が…









Separate ways 

April 02 [Mon], 2007, 4:28
僕たちはあまりにお互いを愛しすぎて…
そして僕たちの恋は終わった



人を好きになる事
そんなに深く考えた事なかった
相手の事深く考えるより
お互い個々にあるべき姿ばかり
追い求めて…


でも君と出会ってから
そして君は僕と出会ってしまってから
何かが変わってしまった

君が傍にいても感じる孤独
僕が遠くにいる時に沸き起こる不安

いつか 
離れてしまう日が来る
そんな風に
悪い方向ばかり考えてしまうようになった…

あの頃僕らは顔を見るたびに
涙が溢れて
お互いが笑顔でいられる日が
少なくなって…

好きで、どうしようもなくて
先が見えなくなってしまった

会うだけで安心なのに
会うだけで涙が溢れる

でも、悲しい結末にはしたくなかったから
だから…


最後の事覚えてる?

「好きだから考えよう
お互いのこれからの為に・・・」

って言って
二人別々の道を歩いていったね

好きだから終わる恋

周りが聞いたら
呆れるかもしれないけど

そんな恋もあるんだ

愛しすぎて辛いから
離れる恋だって…


離れてても
きっと僕たちは忘れる事はないから…





100更新ブログ! 

March 27 [Tue], 2007, 9:17
えっとメインのBLOGの宣伝ッス(*´∀`*)
ここのいちを詩メインなんですけど、どんな奴がこんな詩書いてんのか?とか興味あれば

ゆかかぁ☆ブログゥ

まで遊びにきてくだしゃい!1日100更新目指してがんばってるので
応援シテケロリン♪(*´∀`*)


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukko21
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1984年
読者になる
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像くろちゃん
» 狡兔三窟- コウトサンクツ- (2007年07月07日)
アイコン画像ゆかかぁ★
» The shining moon (2007年07月02日)
アイコン画像ゆかかぁ★
» For you ‥・ (2007年07月02日)
アイコン画像@*ショコラ刑事*@
» For you ‥・ (2007年07月01日)
アイコン画像たろぅ
» The shining moon (2007年06月04日)
アイコン画像ゆかかぁ☆
» Memory of lie (2007年04月19日)
アイコン画像たにっち
» Memory of lie (2007年04月18日)
アイコン画像たにっち
» A free sky・・・ (2007年04月02日)
アイコン画像ゆかかぁ☆
» A free sky・・・ (2007年04月02日)
アイコン画像ゆかかぁ☆
» Separate ways (2007年04月02日)
Yapme!一覧
読者になる