★水色★ 

February 11 [Sun], 2007, 1:46
「水色」

君とただ話したいだけなのになぁ
ちょっとスナオになればいいだけなのになぁ
こわい こわい 何がこわい?

身勝手に動く事に恐れ感じて
水色クレヨン持って心ん中塗りたくる
バカだなぁ―

冷たい人愛す事に疲れてきた?
頭に映し出す事やめるの?
ちがう ちがう 何がちがう?

濡れた目を無意識に作り
いらない景色ばっか増やして
バカだなぁ―

想いつたわってよ
想いつたわってよ
グチャグチャになる前に捕まえて
悲しみなくしてよ
悲しみなくしてよ
ゴチャゴチャしてて前が見えない

忘れる忘れない
忘れる忘れれない
あ―ぁ あ―ぁ
「ちょっとのやさしさ」と
「ちょっとの微笑み」が
ほんのちょっとだけ欲しいだけなのになぁ

★キモチとココロ★ 

November 13 [Mon], 2006, 20:59
「キモチとココロ」byよっき

銀色世界ちょっと前に君の世界手に入れた
ようやく会えた、君に会えた
君のぬくもり、、、まだポケットに残ってる
本当の気持ちにやっと気づいた

あの日の朝は心臓が何個あっても
ヤバイくらいドキドキしてて
今思い出すだけで頬が赤くなるよ
1分1秒全部笑えて忘れられない
君の思い出、アタシの思い出
「本当によかった」って何度も思う、思えるよ

今度会うまでの寂しさは
君と写った四角を見ればどうにかなるよ

そっちに行くよ、いつか行くよ
手をつなぎに愛を結びに
君の上に浮かぶ星を一緒に見るんだ
想像なんて壊すくらい幸せ掴みに
君の元へ行くよ、羽広げるよ
だから暖かくなるまで待っててね

泣きそうだ、アタシ泣きそうだ
それくらいふざけあって楽しくて
ウソみたいな時間過ごしたことが
「夢なんぢゃないかな」って不安になる
君と見た夕暮れはとても赤かった
君の足跡辿った帰り道、涙落ちた

今度会うまでの寂しさは
君の声があれば大丈夫。きっと大丈夫

そっちに行くよ、いつか行くよ
手をつなぎに愛を結びに
知らぬ街求め向かうんだ
頭に浮かぶ邪魔なもの追っ払って
君の元へ行くよ、羽広げるよ
だからもうちょっとだけ待っててね

神様、アナタがホントにいるならば
どうか、アタシとあの人をやさしくやさしく
見守り祈っててください

★「君という人間」★ 

November 10 [Fri], 2006, 19:42
「君という人間」byなみへ―

もぅすぐ君が電波の世界を抜け出して
あたしに逢いにくる
その日が不安で怖くて逃げ出したくなるよ

君にどんな言葉をかければいい?
君にどんな顔を見せればいい?
あたしは君が想像してた通りの人ですか?
リアルな君はどんな人ですか?
どんな顔して笑いますか?

君に聞きたいコトが沢山あるよ
不安で不安で押しつぶされそうだけど、
前に進むためには君と逢うしかないんだよね。

『君という人間』が確かに存在していて、
でも、電波を通してしか逢えなくて。
それでも二人で恋に落ちて。
こんな運命信じますか?

あたしが長い間
待っていた人が本当に君ならば
君に逢った瞬間にきっとわかるよね。

「今から君に逢いに行くよ」
            
「・・・・・・・・・・・・待ってる」

・・・・・・・・・・送信っと・・・

★銀河★ 

November 02 [Thu], 2006, 23:18
「銀河」byエンドリドリ

僕らゎ人のカタチした宇宙
真っ暗闇のココロに太陽を
眩しすぎるなら月明かりを

僕の宇宙を君にあげる
星と星とがくっついて離れない様な
僕らゎ一つの銀河系なんだょ

世界中がもっと優しくなれマス様に
世界中が毎日笑顔で溢れマス様に

哀しぃ涙ゎもぅいらなぃ。。。
いつか、いつか・・・

★星と兎★ 

October 31 [Tue], 2006, 1:21
「星と兎」byよっき

なんでかな。
アタシ、アナタみつけて嬉しいはずなのにちっとも笑えない
なんでかな。
アタシ、アナタみると苦しくなるだけだ、、だけど泣けない

夜一人でいると考えるのはアナタのコトばかり
だけど浮かぶのは祈り事ばかり
心ん中真っ暗でそれを灯す灯り探して道に迷って
同じトコ、グルグル回ってバカみたいだ

赤い風船に想いのっけるわ
どうかあの星まで届けて
幸福の鳥、青い鳥羽ばたけ
その口ばしで壊さないでね
ゆらりゆらりあの空へ宇宙へ星へ

わかってるんだ
アナタ、アタシぢゃなくてもやさしくするコト。。しってるよ。。
わかってるんだ
頭で理解しててもパンクしそうになってる、、、全然わかってない

夜に想うといけないコトばかりに左右されるから
想像世界にサヨナラ告げるけど、でもすぐに戻っちゃう
その扉なんか海の底に沈めちゃえばいんだ
「開かずの扉」をアタシの脳みそにください

赤い風船に想いのっけるわ
悲しみも全部詰め込むわ
羽を失くした鳥が鳴いた
星も月も太陽も地球が泣いた
その涙がアタシの目の下におちた

一人よがりで強がりなアタシにどうか罰を
どうすればいい?
もう、ダレに聞いたらいんだかわかんないよ

赤い風船に想いのっけるわ
どうかあの星まで届けて
幸福の鳥、青い鳥羽ばたけ
赤すぎるくらいに光った想い
今日もキラキラ光るあの星へ届け

街は静か、森も山も海も空も。
その中で兎が眠る



★黒の世界★ 

October 20 [Fri], 2006, 16:07
「黒の世界」byよっき
儚いもの追ってアタシ泣いた、泣いた
夢を追う鳥疲れて鳴いた、鳴いた

光みつめる月や星やあの子やあの子
光さがす闇や雨やあの子やあの子

みつかるものもみつからないこんな世の中
下向いて歩いてばかりの哺乳類
悲しみを楽しみに変える魔法望んでは
冷たい雨に濡れ寒空の下ただ祈る

「がんばって」
そんなのわかってる。
ほしくない。ない。ない。無い。

儚いもの追ってアタシ失いた、失いた
夢を追う鳥疲れて亡いた、亡いた

★好きだからこそ願うんだ★ 

October 12 [Thu], 2006, 0:24
「好きだからこそ願うんだ」byよっき
もっともっと近くに「君」感じたいから
もっともっと近くに「君」感じ取りたいから
もっともっと近くに「君」感じることを
もっともっと「アタシ」夢見て今宵も星に願い
もっともっとアナタ想い目を閉じる

アナタとアタシはそう、同じ人間でしょ?
今更こんなこと確認するのも変だけど
アナタとアタシは人間だからこうやって
同じ時間(トキ)感じ今を生きることできてる。

アナタとアタシはそう、同じ人間。だけど
思考回路までは違うようなので
時に悩みアナタのウソを心の底で
涙流し思い出となる日ををジッとまつ。

世界中の恋人のほんの何割かを
目の前で見ては「あぁ―いいな」って
思ったりもしてるけどそれと同じことを望むのは
アナタに失礼なワケで無理なコトであり思うだけ無駄。
でもそんなアナタに惚れたアタシが今ここに存在してます。

もっともっと近くに「君」感じたいから
もっともっと近くに「君」感じ取りたいから
もっともっと近くに「君」感じることを
もっともっと「アタシ」夢見て今宵も星に願い
もっともっとアナタ想い目を閉じる。

アナタとアタシはそう、年をとる人間でしょ?
どちらかが先に死ぬのはしょうがないこと。
だけどできることならアタシはアナタより一秒早く
目を閉じ見えない羽広げ飛び立ちたいんだ

世界中の幸せな恋人のほんの何割かの
幸せを感じてはヤキモチやいてムスっとしてる
こんなアタシをアナタは不思議そうなカオして覗きこむけど
そのカオがあまりにも可愛くてムスっとしたことなんて水の泡。
そうです。アタシまさしく世で言う「単細胞生物」

頭の中で願うコトはおとぎ話みたいなことばかり
昔話にでてきた良いおじいさんとおばあさんはいつも仲良し
そんな二人みたいになれることをなぜか夢見る

もっともっと近くで「君」感じたいから
もっともっと近くで「君」知りたいから
もっともっと近くで「君」の想い受け取ることを
思い願い今アナタの隣へ行きます
いつか、広げるはずの羽一回ここで使いますね

二人の道は二人で作ろう
二人の道をゆっくり歩こう
四季を感じアナタ感じ共に歩こう

★不思議な出会い★ 

October 11 [Wed], 2006, 4:41
「不思議な出会い」byなみへ―

「会ったコトもない人なんて好きになれるわけがない」
こんなコト言ってたのはいつだったっけ

会ったコトなくても顔を見たコトなくても
人を好きになれるんだね

何万人、何百万人もいるネットの世界で
数え切れないほどのサイトの中で
君とあたしは出会った
君があたしを見つけてくれた

それだけでも「運命」って思えるよ
人生って不思議だね
どこで何が起こるかわからない

「だから人生って楽しいんだよ?」

君は今何をしてるかな
君は今何を考えてるのかな
君が住んでいる所はどんな所かな

この距離が憎らしい
電波の中だとこんなにも近くにいるのに

何回も君からのメールを読んでは
ため息ばっかり。
辛い思いをする為に
君に出会ったのかな?
きっと違うね
こんなIT時代だからこそ君に出会えたんだよ
一昔前だったらこんな出会いなかった

だからこそ君に出会ったコトは
幸せになる為だって思えるんだろうね

今がどんなに辛くても
いつかは本当のあたしを見てもらおう
今の「自分」は「自分」であって「自分」じゃない
君の目で「あたし」という人間を見てもらおう
諦めるのはそれからでも遅くない

だってまだ何も始まっちゃいないんだもん!!!!

★大好きな友達へ★ 

October 09 [Mon], 2006, 15:14
「大好きな友達へ」byなみへ―

「君がいるから僕は僕でいられる」
こんなくさいセリフを昔ドラマで聞いた気がする
こんなセリフ誰が言うんだろう
きっとナルシストみたいな男が言うんだろうね
そんな風に考えてた

こんなセリフは男から女に向かって言うセリフ
でもアタシは君に心から伝えたい
「君がいるからあたしはあたしでいられる」
君があたしにくれた言葉

「つらい時はいつでも呼んで」
「君の幸せを一番に願ってる」

この言葉で救われたような気がした

いつもいつも君に助けられてる
「君がいるからあたしはあたしでいられる」

これ本音。
あたしは君に何をしてあげれたんだろう
きっと何もしてあげれてないよね
「いっぱいいっぱいありがとう」
君はあたしに言ったよね
こんなのあたしのセリフだよ

照れくさくて面と向かっては絶対言えない
だからこの場を借りて言っちゃいます

「いつも元気をありがとう。」
「君の言葉であたしは救われてるよ。」
「友達でいてくれてありがとう。君が友達で本当に良かった。」

★AM1:38★ 

September 20 [Wed], 2006, 10:51
『AM1:38』byよっき

真夜中に突然目を覚ましたから
寝付けるまで君の事考えてみる事にしたよ
良いとこも悪いとこも知ってるから
今更「え!?」なんて事もないよね。実は長い付き合いだよね。

君の事好きすぎて普通なら「え!?」って思うとこも
見てみぬフリとかする前に見えないんだよ
「恋は盲目」まさしくそうだよ
それアタシの事。アタシの事。君を想うアタシの事

トゥルルルル― 夜中に鳴いてる鳥の声
リンリンリン   その後ろかえあ夏虫歌う
ビュ―ビュ―   今夜は風が強いよ、強い

笑うカオ。怒るカオ。泣くカオ。変なカオ。
全てを見せる君に「ありがとう」
そりゃ―人間だもん、ムカッとくる時もあるけれど
そういう時に本音言い合って、気持ち知ってわかり合える
アタシと君、一つになれる

真夜中に突然目を覚ましたから
寝付けるまで君の事考えてみる事にしたよ
君からのメ―ル読み返したり
着信履歴ボ―っと見たりそれだけでデレデレ

この星に生まれ君に出会えた事
君のパパとママ。アタシのパパとママ
心の底から感謝しよう
あの日・あの場所で君を教えてくれた
全ての人に感謝しよう

笑うカオ・・・怒るカオ・・・簡単に言うと「喜怒哀楽」を
素直に出せる君に羨ましさ感じるアタシ
君に素直になれないわけじゃないんだ
恥ずかしさ感じたり嫌われる恐れてるんだ
君、そんな人じゃないのにね

トゥルルルル―  夜中に鳴いてる鳥の声
リンリンリン    その後ろから夏虫歌う
ビュ―ビュ―   弱くなったり強くなったり
グ―グ―グ―  君きっと夢の中
♪〜〜〜〜♪  友達からメ―ルきた
ふぁ〜〜〜〜   そろそろ寝付く時間がきたよ

君を想い眠りたかったけど
想う前に寝てました・・・・。
P R
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像ヮシ、よっき
» ★「君という人間」★ (2006年11月13日)
アイコン画像なみえ様
» ★砕かれた弱い石★ (2006年10月11日)
アイコン画像ヨッキ→ナミエ
» ★心かくれんぼ★ (2006年09月01日)
アイコン画像ヨッキ→ナミエ
» ★祈り星★ (2006年09月01日)
アイコン画像なみえ
» ★心かくれんぼ★ (2006年08月25日)
アイコン画像なみえ
» ★祈り星★ (2006年08月25日)
アイコン画像ナミエぇ
» ★ポツン★ (2006年08月11日)
アイコン画像なみえ
» ★ポツン★ (2006年08月08日)
アイコン画像ナミエぇ
» ★想イガキ★ (2006年08月03日)
アイコン画像なみえ様
» ★想イガキ★ (2006年08月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukiyukiyukki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる