雪焼けをケアするならダントツの美白・保湿力で話題のクリームで! 

November 25 [Fri], 2016, 22:03
雪の中を愛犬を連れて散歩へ出掛け、
1時間後に戻ってみると
日焼け止めを塗ったはずなのに頬が真っ赤に・・・

しっかりと日焼け対策をして雪道へ出掛けたつもりが、
雪焼けしてしまった顔を見るとショックが大きいですよね。

ここからは効果的な雪焼けケアを初め、
冬の日焼け止め対策のポイントについてご紹介します。

まず、雪やけになってしまった場合の対処法ですが、
赤みやほてりはしっかりと冷やすことが大切です。

その後、痛みの伴わない赤み程度なら化粧水で、
痛みがひどく肌表面がやけどみたいになっているようであれば、
皮膚科を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

皮膚の修復力を高めるために必要な栄養素は、
ビタミン類と亜鉛です。

多く含むのが緑黄色野菜や肉類なので、
それらを積極的に摂るようにしましょう。

雪焼けによりダメージを受けた肌は、
冬の乾燥した空気でさらに荒れやすくなります。

化粧水だけでは雪焼け後の肌ケアとして不十分な場合があります。

そこでおすすめなのが、
プラセンタ以上の美白効果と保湿効果で特許を取得している
「パラオの白泥パックパラネージュ」です。

パラネージュの公式サイトを見ると、
でかでかとぷるりん美尻パックという文字が目に飛び込んできます。

雪焼け後の肌ケアをするのに美尻パックってどういうこと?

と思われたかもしれませんが、
もともとお尻ケア商品として開発されているためです。

パラネージュに使われているパラオの白泥は、
近畿大学との共同研究にて美肌効果が実証されている成分で、
お尻だけでなく顔やデリケートゾーンなど使う部分を選びません。

無添加なので敏感肌のかたや赤ちゃんでも使えるほど肌に優しい商品です。

使い方もとっても簡単で、
夜お風呂で顔や体を洗った後、
専用のヘラで指に取り気になる部分へ塗ります。

5分間放置した後にしっかりと洗い流します。

パラネージュは雪焼けしてほてった肌や赤みにも使えます。

1年中使えるのでコストパフォーマンスも良く、
おまけに無期限の返金保証がついてるので手軽にお試しいただけます。

美白と保湿効果で特許を取得済みのパラネージュの詳細は
こちらからご確認ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





雪焼け後のケアと合わせて行いたいのが日焼け対策です。

一般的な日焼け対策としては日焼け止めクリームですが、
夏場の日焼け対策と同じで、
時間をみて塗りなおすようにしましょう。

唇の乾燥対策として、
紫外線カットのリップクリームを使うのもおすすめです。

冬は紫外線の量は少ないのですが、
雪が積もっている場合は色々な方向から紫外線を浴びることになるため、
しっかりと日焼け対策をする必要があります。

夏場に比べてどうしても油断しがちな冬場の日焼け対策ですが、
無防備に紫外線を浴び雪焼けをしてから慌てることのないように、
1年を通して必要なのだと認識しておきましょう。