ベリラブ99 

2009年08月19日(水) 21時09分


---4人はしばらく放心したままでした。


やがて、ボソリとちえが言葉をもらしました。

「雪姉…、なんであんなに震えていたんやろ…?」

「怒りで震えていたんだろ」

クロが返します。

「なんやろ、ひっかかるわぁ…雪姉のあんな顔初めて見たわ」

「ちえにも裏切られてた事にショックだったのかも」

クロの少しいじわるな言葉にちえはショボンと体を縮こまりました。

「ジョ…そやな…」


クマーは黙っていましたが、クマーも何かひっかかりを感じていました。


『やっぱり、カラハもあいつの仲間なんだね』


"あいつ"が自分の事なのか、でも何か違うものを指していたような…

ベリラブ98 

2009年08月19日(水) 20時54分

「…!!」

雪ウサギの言葉にクマーは頭が真っ白になりました。

「そうじゃなきゃ、あんたみたいな獰猛なヤツ…っ」

「雪!!」

カラハがすぐに雪ウサギの言葉をさえぎりました。

「違うよ!こいつは、クマーは違うよ…っ」

そう言うと、雪ウサギに近づき落ちつかせようと肩に手をかけようとしました。


バシ…っ!


「やめて!!」

雪ウサギはカラハの手を払い、顔を真っ青にさせ言いました。


「やっぱり、カラハもあいつの仲間なんだね」

「…雪…っ」


雪ウサギは、もう誰の顔も見ることなく走り去って行きました。

ベリラブ97 

2009年08月19日(水) 20時20分
静かに話していても、雪ウサギが怒っているのは誰しもがわかっていました。

むしろ、その冷静さが余計に恐ろしいものでした。



こうなったのは僕のせいだ…


クマーは謝ろうと、震える足にちからを入れて立ち上がりました。

「あの僕……」

突然立ち上がったクマーを見て、雪ウサギの顔色が変わりました。

「来ないで!!!」

雪ウサギはさっきまでの冷静さをなくし、大声をはりあげました。
「あんたは近寄らないで!」

「あ…、ごめんなさい、でも…」

「来るなって言ってんの!あんたが…っあんたが皆を脅してこんなことさせたんでしょう?!」

ベリラブ96 

2009年08月19日(水) 19時57分
「なななんで、こここだって…わかっ…わかった…んだだだ」

カラハは目を白黒させて、うまく口がまわりません。

「…カラハの足跡。ハッキリ道についてた」

「!!!!」

今日に限って、カラハの靴の裏には星形のマークがついていたのです。

そんな靴はカラハしか履いていませんでした。


「カラちゃんのアホ…」

ちえが思わずボソっと呟きます。

「…オカメちゃんも一緒なんだね…」

雪ウサギは、意外にも冷静な声です。

しかしそれは、感情を懸命に抑えているからでした。

「ちゃうねん、ちがうのよ…これにはな、ワケがあんねや、その」


「返して」

「へ…?」

「仕事道具、返して。」

ベリラブ95 

2009年08月19日(水) 19時42分

「ひぃいぃぃい!」

「あっっ」

「おわっっ!」



「…雪姉!!!」


…そこには、何者でもない、一番見つかりたくなかった、見たくなかった相手…

雪ウサギが立っていました。

ベリラブ94 

2009年08月19日(水) 18時54分
しかし問題はすぐに起きました。


服の作り方なんて、誰も知らなかったのです。

当然のことなのでしょうが、それでは何もできません。

「ちえ!スタイリストなのにどうしてわからないんだよ!」

「ジョッ、スタイリストは服なんて作らんし!クロちゃんこそ、情報屋のクセに知らんのかい!」

いつものちえとクロの言い合いが始まってしまいました。


「盗み損だよ…うぅ」

「盗んでないの!借りたの!!」

クマーとカラハも半ばパニックです。

4人がワタワタしていると…


ガサガサガサガサッッ

「!!!!」

すさまじい勢いで何かが飛び出してきました。

ベリラブ93 

2009年08月19日(水) 8時30分
雪ウサギに見つかっては、ただで済まないことを誰もがわかっていました。


そんな空気をやぶったのはクロでした。

「もう!やるしかないよ!!クマー!」

そんなクロの言葉に救われたようにカラハが何度もうなづきます。

ちえも表情に力を入れ
「そうや!チャッチャッと作ってまうよ!」

そう声を張るとメジャーを取り出し、器用にクマーの体に巻きつけていきました。


「クマーちゃん意外とスリムやんなぁ!」

「クマーは何色が合うかな?」

おびえるクマーを景気づけるように3人は声をかけ、いきあたりばったりな服作りは始まりました。

今ココ。 

2009年02月01日(日) 6時52分
08年末、仕事に追われる。

カウントダウンは一応してみる。
「今年干支なんだっけ?去年はなんだっけ?」

あけおめメールを送り出すが、友達のアドレスが変わっていて送れなかった。
「…………」

いじける。

寒気に襲われる。
「風邪くさい」

39℃の高熱に襲われる。
「これ駄目な方のやつだ」

病院でA型インフルエンザと診断。しかし効かないと報道されるタミフルを処方される。
「これいよいよ駄目だ」

なんとかタミフルで完治させる。
「今年ついてるよ、うん」

微熱が出る。
「気のせい気のせい」

39℃の高熱に襲われる。
「これ駄目な方のやつだ」

病院で扁桃炎と診断される。
「これいよいよ駄目だ」←今ココ。



遅くなりました。
あけましておめでとうございますm(_ _)m

ベリラブ92 

2008年11月29日(土) 0時24分
「…こうするしか、なかったんだ…」


森にはおなじみの顔ぶれ。
だけども皆の表情は穏やかではありませんでした。

「あかんて…これは…」
「うん、さすがに、これは…」
カラハが持ってきた物にちえとクロは言葉を失っています。

「……っ」
クマーにいたっては腰が抜けてしまっています。


そうです。カラハは雪ウサギの仕事道具を持ってきてしまったのです。

「だ、だってさ…いや、大丈夫だよ!俺達で服を作ってさ、それで道具を返せばいいんだ」
カラハは自分をもムリヤリ納得させるように言いました。

「雪姉、今頃…困ってんやろな」
「いや、恐ろしい事に…ゴクリ。」

4人の空気は重くなるばかり。
「か…っ、借りたんだからな!盗んでないぞ!」

「……!」

カラハの言葉に一層と空気が重くなってしまいました。

ベリラブ91 

2008年11月21日(金) 23時59分
「カラハ…なんか変。」
雪ウサギはカラハの顔をのぞき込んできます。


「いやっ、熊みたいにデカい奴!!」
カラハの顔が引きつります。心臓もバクバクして苦しいくらいです。


「…ふーん、そんな知り合いいた?どっちにしても正確なサイズがわからないと作れないの。そのお客さん連れてきて」

「えぇ?!」

思ってもない雪ウサギの言葉にカラハは撃沈したのでした。




翌朝。

「ない!ないないない!!」

雪ウサギのけたたましい声に、香菜ウサギは飛び起きました。

「ど、どうしたの?お姉ちゃん…」

「ないの!布が…!糸が…!!仕事道具がっ、なくなってるのぉぉお!!!」
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像お騒がせオカメ
» ベリラブ99 (2011年09月11日)
アイコン画像名無し
» ベリラブ99 (2011年01月01日)
アイコン画像ななし
» ベリラブ99 (2010年09月14日)
アイコン画像名無し
» ベリラブ99 (2010年03月05日)
アイコン画像名無し
» ベリラブ99 (2010年01月01日)
アイコン画像名無し
» ベリラブ99 (2009年12月26日)
アイコン画像名無し
» ベリラブ99 (2009年08月22日)
アイコン画像名無し
» ベリラブ99 (2009年08月19日)
アイコン画像香菜
» ベリラブ97 (2009年08月19日)
アイコン画像名無し
» 今ココ。 (2009年07月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雪菜
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-インコ見てたら自然に良い顔になってくんですよね。
    ・恋愛-ドキドキしてたら自然に良い顔になってくんですよね。
    ・ゲーム-やりきったらキラキラできるんですよね。
読者になる
クマーの成長記、更新中! 独り言も更新中!! (2008/2/25追記) だいぶチマチマな更新になってしまってます。 クマー話中心に更新するようにします(´ω`) いまでも覗いてくださる方、ありがとうございます(*・∀・)
Yapme!一覧
読者になる