タテマエのウラ 

February 08 [Wed], 2006, 21:25

嫌いだから そうしてるんじゃない

って言っても。


自分はもともとこういう人間なんだ

って言っても。



一向に理解にあえぐ僕達は

お互いの事

本当は・・・



本当は・・・



ただ腹の底は

深すぎて 到底きみの

伝えたい事なんて 



ぼくの言いたい事なんて

暗すぎる闇で光る 豆電球ほどに

儚くて 見えない。

omoide back 

February 08 [Wed], 2006, 20:15

もっと前。

もっとお互いわかりあえてたんじゃないかって。



反対側のホームに見えるカップルを

みて思ってた。



ずっと昔。

ずっと一緒にいようねって言ってた何気ない

言葉の切れ端は



いつだかのイルミネーションの風景に照らされて

蘇る。

一端 

February 08 [Wed], 2006, 20:09

電車一本 見送るぐらいに

ぼーーっとしていたい時があって



ただそれは 

何かをみているのではなくて

誰かをみているのでもなくて



スローライフをみていたいだけの時。

 

蒔く 

January 31 [Tue], 2006, 21:06

納得できなくても。

つらくても。

かなしくても。



今以上に いつか 

しあわせになれるなら

いまの苦しみや葛藤は



しあわせの種になるでしょう。

終わる 

January 31 [Tue], 2006, 20:14

壊したかったわけじゃないって

いっても。

終わらせたかったわけじゃないって

いっても。



伝わらないのは わかりあえなかった

結果。

開心 

January 31 [Tue], 2006, 20:10

目を閉じても

目を開けても


おなじこと。



ノウミソと胸で 目覚めないと

始まらない なにか・・・。

深光 

January 30 [Mon], 2006, 21:29

光る先が 何万光年先であろうと


信じたものを

守る 強さと

失わない 勇気が


いつかアタシを 星よりも光らせる。

星命 

January 30 [Mon], 2006, 21:23

しろい息をなぞったら

星に辿りついた。



鮮やかな思い出は

雲のうしろで輝いた。



胸の奥は 瞼よりも腫れて

蘇る記憶は 想いよりも深く。


 

 

January 30 [Mon], 2006, 20:19

いざなって

抱き止めて。


あしらって

誤魔化して。


ゆさぶって

翻して。


つきはてて

羽ばたいて。



それで白い世界に

融合する。


りくつ 

January 27 [Fri], 2006, 20:41

暗いから 明かりを求めるし

辛いから 幸せを祈る

夢だから 叶えようとして



たぶん

相反するものの

美しさと 皮肉さ。

2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Yapme!一覧
読者になる