いわゆるクライミング

September 12 [Thu], 2013, 17:16
支点にカラビナとスリングをセットし、引き手側のメインロープをムンターヒッチで結びつければ、万一落ちても安心だ。

これで準備OK。

転滑落者に声をかけて登ってきてもらおう。

ビレイヤーは、転滑落者が登ってくる速度に合わせてロープを手繰っていく。

万一落ちた場合は、ロープをしっかり握ってそれ以上落ちていかないようにする。

斜面の傾斜や難易度など、状況によってはフリクションノットやアッセンダーを使ってのバックアップを転滑落者にとらせたほうがいい場合もある。
P R