夏日の木陰にて。

August 19 [Mon], 2013, 20:15
 こんばんは、またもやお久しぶりです。
 猛暑にやられそうですが、何とか生きています。有明ひづきです。
 暑い中、好きなフルーツのゼリーを食べるのが大好きです。もぐもぐ(斬)。
 ……何とか頑張っています。大丈夫です。


感想など>>>>>
 書きたい感想は色々あるのですが。
 一番はこれ――飯沼ゆうき先生の「いつわりびと◆空◆」です。
 遂に明日で最終回を迎えてしまいます(涙)。
 いつ終わってしまうのかハラハラしていましたが、長い間続きました。
 嬉しい展開や楽しい展開だけでなく、辛い展開や悲しい展開、個人的に納得できない部分、たくさんありましたが。
 このうえない大団円を迎えてくれると信じています。
 閨に対しても初期に比べると、大分受け入れられるようになりました。
 まぁ、それでも私は空とぽち派(笑&殴)。
 神様――鵺の最期は、あれで良かったのだなと。きっと、心のどこかではもう疲れきってしまっていたのだろうと。
 鵺とまなの魂が、末永く幸福でありますように。
 みんなで作った鵺とまなのお墓に「ここのつ」の宝を置いていった面々。中には大切な人の形見みたいなものもあったけど、元々は鵺がまなの為にあげたもの。
 だから、きっとそれでいい。未練なんてない。
 先々週と先週の話で見られた一行の変化に、歓喜の声を上げました。髪の短い閨も可愛い。姫様は、前の格好より色っぽく思えます(笑)。古の巻物から解放された、みなもちゃんの私服も可愛い。選んでいる烏頭目さんも可愛い。
 閨が「別れたくない」と泣いていたけれど、私も同じ気持ちです。
 出来れば、アニメ化するまで続けてほし(強制終了)。夢のまた夢でした(涙)。
 新刊のカバー下と、読切版空登場のおまけ漫画に吹きました(笑)。読切も懐かしい。
 書きたいことは色々あって、書ききれないのですが、ひとまずこれにて。
 笑って、彼らの結末を見守って、見送ろうと思います。
 …………これで、最終回は嘘でしたとかだったら、マジ泣きすると思います。ガチで。

 有り難うございました。
 それでは、この辺りで失礼します。

晴れのち雨の向こう

June 25 [Tue], 2013, 20:05
 こんばんは、有明ひづきです。またもや、ちょっとお久しぶりになってしまいました。
 生きています。ご安心を(何が?)。


感想いろいろと>>>>>

 感想とか更新していませんが、好きな作品が増えたりして楽しいです。
 最近気になっているのは、ジャンプの「食戟のソーマ」「ソウルキャッチャーズ」です。連載一回目から大好き。お気に入りのキャラがいっぱいです。ソウルキャッチャーズのコミックスが今から楽しみです。……コミックスも待てないのですが、続きが気になって仕方ないです。
 あと、気になるといえば、やっぱり「いつわりびと◆空◆」。控さんの番外編まで読んだのですが、切ないです(涙)。控さあああぁぁ――――ん!
 展開に対しての心の準備が出来ていないので、番外編後の話はまだ読んでいません(メンタル弱)。クラサンにチェックしにだけ行っていますが、あらすじを読んだだけで心が潰れそう(こら)。
 みんな生きて帰ってきてほしいです。
 ……というか、事前に真実をすべて知っていたとなると、あれとかそれとか全部演技だったということであって。
 演技派ですね、みんな。
 閉じ込められた空たちも気になるのですが、一番気になるのは外に唯一取り残された蝶左さん。今、彼は何をしているのでしょう。何か行動を起こしそうにも何をどうするのか、さっぱり分かりません。
 取り残された蝶左さんに関して、妹・ふづきに指摘されたのは「ひょっとしたら神の元へ向かう時点で蝶左さんはメンバーにいなかったかもしれない」ということです。
 そういえば、蝶左さんはみなもちゃんから「烏頭目さんの為に命を落とす」と言われていましたし、思えばその影響なのか否かメンバー内で一番死に掛けていた気もします(汗)。初登場した時、危うく島民たちに袋叩きにされそうになったり、黒城ではトラウマで危うく生き埋めになるかもしれない状況だったし、嫁村では烏頭目さんを庇って入谷に刺され、狸の里では竜尾さんに崖から落とされた挙句にリリーに殺されかけ、尾張では穂獏一味のあれこれで怪我したり、烏頭目さんの暴走を止める為に三途の川一歩手前になったり(サムネイルイラスト参照)…………。
 思えば、よく生き残ってこれたと思いますよ蝶左さん。今までの理不尽なほどの運のなさは、「死の運命」によるものだったのでしょうか。
 けれど、蝶左さんはみなもちゃんの予知した未来を乗り越えて、生き残りました。みなもちゃんも、蝶左さんが死の運命を乗り越えたと言っていました。
 ということは、蝶左さんが残ったことには何かしらの意味が、役割があるのだと、ふづきは指摘しました。
 そう言われて、私は神の地が富士山であること、控さん曰く「生者と死者の境が近しい場所(でしたっけ……)」ということが引っかかりました。
 …………まさか、そういう展開もアリなのかなと、期待してしまいます。というか、メチャクチャ期待したい。期待してもいいですか(黙れ)。
 だって「いつわり〜」の世界観では、幽霊は存在するみたいなので、希望はあるかなとか(斬)。
 黒羽や際刃、入谷、銀さんにまた違った面での出番がほしいなとか。……え、後者二人は空が嫌がりそう? あぁ、まぁ、嫌がりそうですねぇ。どうしましょう(蹴)。
 さて、この推測及び期待は当たるのでしょうか。心の準備をして待っていようと思います。……外れていたら泣きそう(待て)。
 そろそろ、蝶左さんの出番がほしいです、飯沼先生。
 そして、単行本21巻で読切収録おめでとうございます。ずっと待っていました。有り難うございます。ちゃおホラーなどの読切も楽しみにしています。


 話が反れましたが、今日でブログ開設8周年です。やったー、めでたい! ひゃっほぅ〜〜! ……一人でお祝いムードを演出するのも大変ですね(蹴)。
 めでたいと言っても、更新は亀のように遅いですがそこは気持ち次第ということでお願いします(苦笑)。
 これからも出来る限り、好きなものやことを綴っていきたいと思います。
 いつもお付き合いくださり、有り難うございます。
 こんな管理人ですが、これからも宜しくお願いします。自身の目標に向けて、少しずつ頑張っていきます。
 長々と、お付き合い有り難うございました。それでは。

春空と陽気とぬくもりと。

May 06 [Mon], 2013, 20:05
 …………物凄くお久しぶりです。こんばんは。
 いろいろありますが、何とか生きています。有明ひづきです。
 今年の初めに、「年賀状イラストは後日UPします」みたいなことを言っておいて、気がついたらもう五月です(沈)。すみません。
 年賀状イラストのことですが、イラストはUPしようと思いましたし、UPしたい気持ちもあるのですが、個人的な気持ちの問題で保留にさせていただきたいと思います。本当にすみません。
 ブログの更新も、亀どころの騒ぎではない状況です。
 いろいろと書きたいことや描きたいことはあるのですが、気持ちの整理がつかない部分があるのです。メンタルが強いのか弱いのか分からない人間ですみません(土下座)。
 久しぶりに、こうやってブログの文章を打ってみて、やっぱり「楽しい」という気持ちは変わりません。頻繁に更新していた頃が懐かしいぐらいに。
 またいつ更新するか分かりませんが、毎週ブログのチェックだけはしています。書いていないだけです(蹴)。……まぁ、訪問者は物凄く少ないですが(斬)。
 こんな辺鄙なブログに足を運んでくださる方々に、心からの感謝を。
 頑張ります。


 ……本題ですが、大好きな「いつわりびと◆空◆」の感想を少し。ちなみに先月の話になりますが、飯沼先生のブログにて行われたエイプリルフール記事に見事に引っかかりました(沈)。あまりにも興奮して、妹に大変だと報告しにいったくらいです。その後のことは、ご想像のとおりです(恥)。

いつわりびと◆空◆>>
 銀のことはあまり好きではなかったのですが、あの最期には切ないものを覚えました。本当の気持ちを伝えることも金との約束を果たすことも出来ず……、空のモットーでいえば正に「因果応報」。
 尾張編も完結を向かえ、神の元へ向かった空たち。
 …………このまま再登場しないで終わるのかなぁと思っていたキャラが再登場して、ちょっと嬉しかったです。はい、瓢さんのことです。まぁ、見事、予想通りに、けちょんけちょんにされていました(爆)。もう、何だかいろいろと可哀相です。
 蛭子さんに連行されていく様子がもう……。飯沼先生のブログでは、謎の看守さんがいるのですが彼は何者でしょう。というか、瓢さんよく逃げられたな。
 ……で、明らかになった昔話の真実。
 私の予想と推測がどこまで当たっているのかドキドキでしたが、厄災の偽り人にして神様――鵺が、正真正銘の悪人だったと始まって、後頭部を思い切り殴られた衝撃でした(沈)。予想が見事に外れすぎだと、泣きたくなりました。物凄くショックでした。自信があったので。
 けれど、話が進むにつれて私の予想は半分(なのか?)ぐらいは当たっていたことが判明し、ちょっと立ち直りました。単純です。
 それにしても、鵺と正直な若者――まなの関係や言動が、まんま空とぽちで、不思議な感じです。
 あと、「ここのつ」の宝とは貢物を手に入れた人間自身という真実。これも、以前から推測していたことですが(ここに書いたかどうかはちょっと曖昧です)、「ここのつ」の条件は、まなが元々持っていたものだったんじゃないかと考えていました。
 実際は、「まなが元々持っていたもの」と「まなが持っていないから、鵺がまなにあげたいと思ったもの」が合わさって「ここのつ」を手に入れる条件になっていたんだなと。
 ……確かに、この推測をした時「元々、若者が持っていたものなら、どれだけ完璧超人なんだ(汗)」と一旦保留にしたのです。忘れた頃に、推測したことの真実が絶妙なタイミングでやってくる(沈)。
 それにしても、まなを取り巻いていた人間関係が歪みまくっていて胸が痛みました。まなにとって、鵺がまさに「神様」だったのでしょう。
 あと、昔話に出ていた宝は実在していた件も予想はしていたのですが、鵺の言っていることがまな同様さっぱりです(蹴)。宝は、まなを助けるために、まなを幸せにするために、鵺が生み出したもの。
 ……それだけ、鵺にとってまなは特別で大切な存在。
 書きたいことは、まだあるのですが、この辺にて。番外編は、ご馳走様でした!!!! 蝶左のテンションが半端じゃない(笑)。

 ちなみに、驚愕の展開を続ける「BLEACH」について。
 真咲さんが滅却師だという予想を以前、妹にしたところ一蹴され、忘れていた矢先、過去エピソードに突入しました。
 ……飯沼先生もそうですが、久保先生もタイミングが絶妙すぎると思うのは、私だけでしょうか(斬)。
 忘れた頃にやってくる驚愕。


 ここまで付き合ってくださり、ありがとうございました。
 それでは。


※5月20日、誤字修正とちょっと感想を足しました。誤字の所為で、感想が意味不明ですみません(反省)。はい、それだけです(斬)。

雪降る新しき日。

January 01 [Tue], 2013, 23:00
 明けましておめでとうございます、こんばんは。
 有明ひづきです。
 今年も宜しくお願いします。

 ……新年早々、個人的に気分が重いことが続きましたが、今年も頑張りたいと思います(沈)。
 はい、頑張ります。
 ……凹んでなんかいません。ええ、絶対に(殴)。

 今年は巳年ですが、蛇嫌いという理由で人気がないとか聞きました。
 個人的に蛇は大好きな方なので(触れとか言われたらちょっと怪しいですが)、巳年を楽しく生きていきたいと思います。
 蛇いいじゃないですか。イメージとかモチーフとか素敵。
 年賀状イラストも気合いを入れました(笑)。
 ……オリジナルだけですが(沈)。
 版権キャラたちで描きたかった。メインは勿論、蛇に関連するキャラたちで。「忍たま」の孫兵とか、「はこぶね白書」のシルビノ君や学長とか、「BLEACH」のギンさんにスンスン、蛇尾丸……。
 年賀状イラストもしくは寒中見舞いイラスト、そうでなくても今年中に彼ら彼女ら大集合のイラストを描けたらと思います。
 ……頑張ります。
 年賀状イラストは、近日にUPします。

 それでは。

来る年を想う。

December 31 [Mon], 2012, 23:45
 こんばんは、有明ひづきです。
 …………お久しぶりです(汗)。気づけば年末になっていました(沈)。

 あまり更新は出来ませんでしたが、今年一年ありがとうございました。
 来年はもう少し更新できるよう頑張ります。
 ……本当に頑張ります。
 今年一年、いろんなことがありました。
 良いことも、悪いことも。
 ……もっと自分を精進させたいと思います。

 それでは、来年もまた宜しくお願いします。
 どうか良い御年を。

P R
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:有明ひづき
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:7月19日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
*宿星:畢宿

■趣味:文章書き(小説・詩・詞)や絵描き(イラスト)などの創作/音楽を聴く事/読書(漫画や小説、その他いろいろと読みます)/パワーストーン収集

■好きな漫画:基本的にサンデー系大好き人間、他誌も読みます。最近は、竹書房などの4コマ漫画も好き。結界師/BLEACH/いつわりびと◆空◆/妖狐×僕SS/有楽彰展作品/福地翼作品/藤野もやむ作品/夜麻みゆき作品/美川べるの作品/樹るう作品/四位晴果作品/アーティストアクロ/落第忍者乱太郎/数学女子

■好きな小説:コバルト文庫&ビーズログ文庫&ガガガ文庫/バカとテストと召喚獣/心霊探偵八雲/怪盗探偵山猫/地獄堂霊界通信/最近はポプラポケット文庫など児童書も好き

■好きな音楽(アーティスト):新居昭乃/イクシード/ALI PROJECT/妖精帝國/AKINO/霜月はるか/kukui(敬称略)/好きな作品の主題歌やBGM・キャラソン

■小説家を密かに目指し、日々精進&奮闘中(斬)。ほぼオカルト系ジャンル(沈)。好きな作品ジャンルもほぼオカルトで、他はファンタジーやミステリー、歴史や学園コメディー。人並みに絵を描きたいとも思っている暇人(斬)。