無用の長物 

2005年11月20日(日) 22時46分
不要な物は淘汰されます。
私もされました。
じゃあなぜ僕は生きているのでしょう??

骨まですがりつきたい

結論 

2005年11月14日(月) 21時26分
どうせ僕は一人さ
あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは

後頭部 

2005年11月12日(土) 18時23分
私は何になりたいんだろう。
現実世界で女になりきれない不満
臆病すぎて「私」すらいえない現状。
外では妙に「カッコつけなきゃ!」と思ってしまう自分。

そんなんじゃないのに。
男になんかなりたくないのに。
男にしかみえない私だから、あの子みたく、女の格好で外なんて歩けないよ。
毎日毎日毎日毎日、雑誌読みながら思いにふけって、
努力しなくちゃと思うんだけれど。。。
もう努力の仕方がわかんないよ。
教えてくれる人もまわりにいないし。
恥ずかしくて人にも聞けないし。

友達がほしい。

脳内友は飽きた。
ずっと眠りたい。

友達の優劣 

2005年11月08日(火) 12時31分
あの時、娘自身が私に直接話すべきだったのだ。
いくらその子が風邪ひいてたとしても、あれでは私の存在がまるでなくなる。
しかも人をよこし、使いの者に状況を説明させた。
そして「ゴメンね」のメール。

順序がまるで違わないか。

娘が何を考えてるかしったこっちゃないが、
あの時必死にこらえようとした私は、今になってバカそのものに思える。
だからあの時、娘の彼氏に愚痴ってやったのだ。

むなしかった。とてつもなく。

異形家の食卓 

2005年11月04日(金) 17時54分
「死ぬ」「死にたい」というだけで、そんな心配されるのなら、
私もいってやろうか。
誰か心配してくれるか?
心から、僕のことを思ってくれる人はいるのか。

私はウンコつまって病院運ばれて、猛烈な痛みから、
2度と死ぬまいと思ったあの日。
死にたいやつは死んじまえ。
そんなことで同情ひいて、かまってもらえるんなら、私だっていくらでもする。
でも私は何もしてないだけの愚か者だから、誰もがメンドくさがるのだ。
まぁホントに死ぬ勇気なんてないしね。

そんな死にたいなら死んじまえよ。
そうすれば、それ以上人に迷惑なんてかけないんだからさ。
生きる価値も、人に認められることなんてことも、どーでもいいのだ。
ただ人に迷惑かけるだけなら、死んだほうがいい。
生きてるだけ邪魔。
つまりそういう人間にたいする、「ゴミ処理場」が国で設置されるべきなのだ。
みんなそれを望んでる。

だから「死にます」と遺して、本当に死んだ自殺者は尊敬に値し、
もっと崇拝されるべきなのだ。
彼らは勇者だ。
これからの自殺者に勇気を与え、自らの命をもって、それを証明してくれた、今までの彼らに感謝すべきだ。
死んだら負けではない。
彼らは最後に自分に勝った勇敢な戦士。
それを愚弄する者こそ、その対象物なのだ。

あの2人のいう、死んだ(かもしれない)者も、
もし本当にこの世から旅立っているのであれば、
残された彼らは、彼に対して黙祷と拍手をささげてほしい。
そして私は、その者が本当にこの世を去っていることを、心から強く懇願する。

死んでなければ最低だけども。

決して死ぬ者の邪魔をしないでほしい。
とめる者だって、その後のすべての面倒をみるくらいの覚悟を決めてとめるべきだ。
死ぬことをとめたことで、自己満足する輩ほど、悪魔な人種はいない。
意を決して、自分に打ち勝とうとする者の邪魔をしただけでなく、
その後、崩壊された心をケアすることにも、赴かないのだから。

忘れ物 

2005年11月02日(水) 23時58分
やっと見つけた僕の忘れ物。
前のブログがなぜかアク禁にされていた。なぜ?
僕の居場所はココだけ。
ココニイルヨ。。。ってやつ(笑

それにしても、かえってきてイロイロ気がついたことがある。
まず、あの家に忘れ物した。
めがねでしょ。ケータイの充電器でしょ。ワックスにアクセに。。あとなんだっけ。

いっぱいかくことあるけど、ココで一区切り。
ケータイ使えないから、明日にでもラグナで娘を探して、送ってもらうように頼もう。
きっとすごくメンドくさがるんだろうな。
またウザがられちゃうな。
もおどーでもいい。

so happy!! 

2005年10月29日(土) 13時07分
彼らの前で、あの死んだ(かもしれない)者の話をすると極端に嫌がる。
後悔しているのだ。自らの過ちを。
でもきっと、その者が生きていたとしても、彼らはその者を確実に救えない。
なぜなら幸せだから。
人は幸せになると、まわりの風景が一段と輝いて見え、
まわりのたいしたことのない物事など、ほうり捨ててしまうからだ。
幸せ者の一時の自信が、不幸者の心を一番傷つけやすい。
1からはじまり、10に至るまで、その支援者は何を思うのか。
知っている。「めんどくさい」だ。
その感情がうまれるにつれ、怒りもしだいに膨張し、ついには弾ける。
つまり、その者に対して一度怒りを感じ、なおかつ矛先を向けてしまった者は、
同じ過ちを繰り返すのだ。何度も何度も。

女に暴力を振るう男が、しばらくしたのち、急に謝りやさしくし接しだすのはなぜだろう。
その場の解決を図っても、その男はまた暴力を繰り返し、謝り続けるのだ。

幸せ者は真っ直ぐに、目の前の餌を喰らう。
繰ってる途中は、まわりの音にも気づかない。
幸せの味をかみ締めると、辛い思い出など薄れてゆくものだ。
だから相手を理解した「つもり」でも、現実は軽視している。
「君なら大丈夫だよ」「がんばれば絶対できるから」

その死んだ(かもしれない)者は、私と類似しているようだが、はたして。
問題。
仮にその者が「私」だと考えたら、はたして「救える」だろうか。
そんな「気」に導かれるだろうか。
上記の言葉で片付けようとしないか??
「めんどくさい」と思うのではないか??

認識不足。
ほうっておけ。ソイツは死んでる。
安らかに。

成果と効果の副作用 

2005年10月28日(金) 0時31分
拳法を始めたおかげで、普段の生活にそっけなさを感じることができた。
すべては it と other
「それ」らを「他人」と解釈できれば、この家の生活はさほど難しくなかった。
いつも彼が帰る時、私が帰る時、「おかえり(ただいま)他人」と、ひっそりつぶやく。
これで実家に帰って、バイトの1つでもはじめられたらいいのだけれど。。。

友達に「拳法??カッコいいじゃん!」といわれたが
そんなカワイイものではない。
これは麻薬だ。一度はじめたらやめられなくなった。
なぜか。まわりに愛がないからだ。
私に愛を注いでくれるものはいない。
愛情を履き違えて、単に嫉妬で事を終わらせればそれまでなのだ。

抜け出したい。。。寂しい。。。
拳法なんてもうやめたい。。
ホントはこんな人格望んでないのに。。。

方程式 

2005年10月28日(金) 0時31分
×物理欲=愛欲

淡白 

2005年10月28日(金) 0時26分
娘が寝ていたので、彼の買い物についていくことにした。
本当はジャスコまでいく予定だったのだが、彼がめんどくさいと、近くにきまった。
買い物から帰り、娘が起きだすまでしばらくくつろいでいた時の会話。

「今日どっかいくの??」
「ん〜めんどくさい」
「でも(娘)が起きたらいくんでしょ?」
「うん」

娘が起きだしたので、彼はジャスコにいこうと何度もせがんでいた。
あんなにめんどくさがっていたのに。
恋人ができて変わることと、人で選ぶことは違う。
彼は前者か、はたして後者か。

どうでもいい。
他人だし。
傷つくだけ損。
P R
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukinechan
読者になる
Yapme!一覧
読者になる