2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ユキコリン
ブロッサム (2009年02月18日)
アイコン画像ずんだもち
ブロッサム (2009年02月16日)
アイコン画像ユキコリン
ブロッサム (2009年02月16日)
アイコン画像ずんだもち
ブロッサム (2009年02月16日)
アイコン画像ユキコリン
(2009年02月05日)
アイコン画像ずんだもち
(2009年02月04日)
アイコン画像ユキコリン
(2009年02月03日)
アイコン画像ずんだもち
(2009年02月02日)
アイコン画像ユキコリン
グラーマラス (2008年12月01日)
アイコン画像ずんだもち
グラーマラス (2008年11月29日)
Yapme!一覧
« あたらしいもの | Main | キャハ »
 / 2009年01月20日(火)
わたしは、プワゾンをつけて学校に行くような高校生だった。

それはとんでもない勘違いだし、恥ずかしいことなのかもしれないけれど。
でも、似合うとか似合わないとか、相応しいとか相応しくないとか、そういうこと以前に、好きで仕方のないものをただ、いますぐ身につけたいという一心だった17歳のわたしを、33歳のわたしは褒めてあげる。
悪くないよね。

いま、わたしはこの香りが特別でない「大人」になって、抱えているものとか、読めてしまうものとか、諦めることもたくさん覚えてしまって。それは悪いことではないとわかっていても、どこかでそれらを言い訳にして、わずかに怯んでいるということを否めない。
もしかしたら向こう見ずだった17歳のわたしのほうが、いまよりもこの香りが相応しかったかもしれない、と思う。

想いに対して勇敢であることは大切です。
頑張らないとね。大人。

サテ、前置きが長くなりましたが。
ホントは去年の自分へのご褒美のつもりで狙っていたんだけど、年末アワアワしていて買いにいけなかったの。

「MIDNIGHT POISON」
「真夜中の毒」です。
黒薔薇をイメージした深いブルーのボトル。光にかざすとこんなにきれい。
まだ使っていないので香りの流れはわからないけれど。
きっと使うなら冬だよね。
エヴァ・グリーンの広告もステキでした。


この毒は5つ目。

プワゾンは全部持っています。


グリーンのボトルが TENDRE POISON 「優しい毒」
これが出たときは衝撃的かつ複雑だったけれど、カジュアルな香りだから結局いちばん使ったかも。

赤いボトルが HYPNOTIC POISON  「催眠の毒」
こちらはちょっと官能的な香りなので、イザというときの。。。。。略

白いボトルが PURE POISON  「純粋な毒」
毒と相対する名前がついたこの香りは、無垢なようでどこかミステリアス。


こうして写真を撮ってみて、オリジナルのパープルのボトルが空であることを思い出してあわててみる。
買いに行かなきゃなあ。


いつか。


この香りがわたしを守り、この毒こそがわたしを生かしてくれる。
そう信じて。
 


Posted at 02:19/ この記事のURL
コメント(4)
この記事のURL
http://yaplog.jp/yukiko_ang/archive/151
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

夏にヴァーベナのキャンドルを贅沢と思いつつご褒美に買ったんだけれど、これを灯しているときの気分といったらアナタ。。
また、おとなの階段を上ってしまったと思いました。


なんだかわたし、ロクシタンの回し者みたいね(笑)


Posted by:ユキコリン at 2009年02月05日(木) 16:14

気付くの遅くて、再配達を明日にお願いしました

ありがとう〜明日、仕事から帰ってくるの楽しみ

ピーチブロッサム、やっぱりユキコリンも予約してたのね(笑)

ショップの方にまんまとグロスもお試しさせてもらって、じゃあ、それもお願いしますなんてホント鴨ネギ状態だったよ


キャンドルも気になってきたわー、やばい。。



Posted by:ずんだもち at 2009年02月04日(水) 22:37

コメントありがちょ。

言い訳じゃないんだけれど、忘れてなかったんだからわたし!
それがその、B型特有のなんていうか。。。とにかくスマヌ。

今日には届くと思うから、間違っても上の記事読んで買いに行かないでね

最近は、プワゾンが香る人なんてほとんどいなくなったけれど、やっぱりこれは名香だとわたしは思う。
男の人にプワゾンを贈られるような大人になりたかったんだけれど、自分で堂々と買いに行く大人になってしまったよ。

ちなみに、ピーチブロッサム、わたしも全部予約したよ。
かなし贅沢品だけれど、キャンドルもすごくお勧めです!
買ったほうがいいよ(笑)
Posted by:ユキコリン at 2009年02月03日(火) 02:37

タンドゥルプワゾンは私も持ってます。もう、香りが劣化していそうだけど。

最近の香りは軽めのものが多いから久々にプワゾンの香りを試したらタンドゥルなのに重たく感じたり。

それだけにプワゾンの中ではライトなものでも「きちんとした香水」なんだなぁと実感。

香りというのは無くても死なないけれど

あるといつもの自分以上になれたりもするからホント使い方次第なのかもね〜。

おめでとうをありがとう。

あんまり気を遣わなくておけーよー。歳と共にストレートなお祝いの言葉がしみじみ有難くなってきたわ
Posted by:ずんだもち at 2009年02月02日(月) 20:19

P R
   
Powered by yaplog!