体の中から紫外線対策できる飲む日焼け止め

May 02 [Mon], 2016, 11:37


紫外線対策で日焼け止めを塗ろうと思っても顔にニキビがあると
ニキビが悪化してしまうんじゃないかと心配になりますよね。
かといって日焼け止めを塗らないと紫外線が気になります。

ニキビが多い場合に日焼け止めを使ってしまうと
油分の多い日焼け止めをエサにしてニキビんの原因である
アクネ菌が繁殖してしまい、ニキビが悪化することがあります。

もしニキビができている時に日焼け止めを塗るならオイルフリーや
ノンコメドジェニックと記載されたものを選ぶとアクネ菌のエサである
油分がないのでおすすめです。

また日焼け止めには紫外線吸収剤が含まれており、肌に負担をかけてしまいます。
そのため、吸収剤フリー、ケミカルフリー、ノンケミカルの表示があるもの、
無香料、無着色、アルコールフリーなど無添加の日焼け止めであると
もっといいですね。

ニキビがある時に日焼け止めを塗った場合、しっかり落とさないと
またニキビができてしまう原因となるので洗顔はきちんと行い、
日焼け止めをしっかり洗い流すようにしましょう。

ニキビができて日焼け止めを肌に塗るとやっぱり悪化してしまうのでは?
などと考えてストレスになると、ストレスでニキビが悪化してしまうこともあります。

帽子をかぶっても道路の照り返しで紫外線が当たってしまうこともあります。
そこでおすすめなのが、飲む日焼け止めです。

雪肌ドロップは紫外線のダメージを56%ブロックしてくれる
植物の力を利用したサプリです。

また抗酸化物質であるカロテノイドや美容成分で紫外線による
シミやシワの不安もありません。

雪肌ドロップは飲んでから30分くらいで紫外線防御作用が働き、
4〜6時間の持続時間があります。

このような飲む日焼け止めは海外のものがありますが、
雪肌ドロップは国内の工場で生産された安心のサプリです。

雪肌ドロップのさらに詳しい情報はコチラです↓
雪肌ドロップ