Yuki式英会話勉強法の英語 読み方@カタカナ

February 03 [Tue], 2015, 2:53

英語が話せないというだけなのに、帰国子女たちにバカにされたような目で見られていたとしても、
知識に頼ることなく英会話を理解できるようになり、頭を使わなくともペラペラと英会話が話せるようになってしまう勉強法がこちら



あなたも、英会話の勉強には今まで散々手を焼かされてきたんじゃないかと思いますが、そもそも英語と英会話をごっちゃに考えていないでしょうか?
日本語でも話し言葉と書き言葉には違いがあるわけですから、英語の勉強の延長線上英会話に取り組んでみたところでうまくいくわけがありません。


例えば、手紙に書くような文章を口に出して読み上げるとどこか違和感があります。同じように話し言葉を文章にしてみるとやっぱり変な感じがしますよね。
英会話習得にあたっては「話す・聞く」ことを前提に勉強をして行くべきです。この時に学習効率を高めてくれるのが、英語特有のリズム感をベースにするやり方。


英会話に比べてアクセントがほとんどない日本語でさえ言葉のリズムがありますし、リズムを共有することができれば相手の言いたいことをなんとなく推測できるようになりますよね。
英語でも同じ理屈を当てはめることができて、yuki式ならば机に向かって連日のようにカリカリと鉛筆を走らせなくとも英会話のエッセンスを学び取っていくことができます


Yuki式英会話勉強法は、ネイティブ並みの完璧な発音を覚えることはできないものの、3か月もあれば日常英会話をペラペラと話せるようになります。
しかも1日10分程度の勉強を続けるだけで良いので、今までのように重い腰を上げて勉強に取り組んでいく手間もなくなります。




Yuki式英会話勉強法がなぜ、これほど高いパフォーマンスを発揮できるのかと言えば、従来の英会話学習法とはちょっと違い「リズム」を重視しているから。
英語発音のイントネーションとかアクセントとは、意味がちょっとかぶりますが、英会話はリズム感を養っていけば、不思議なくらいネイティブに言いたいことが伝わるようになります。

逆に言うと、自分では正しく話せているつもりなのに、相手にはさっぱり伝えたいことが伝わらない。そんな経験、あなたにもあるんじゃないでしょうか?
そんなことがなぜ起きるのかというと、理由は2つあって、1つ目は確かに、話している内容が余りにもめちゃくちゃだった場合です。

ただ英語教育をみっちり何年も受けてきた私たちにしてみたら、ネイティブの頭を混乱させるほど支離滅裂なことを言ってしまう可能性は非常に小さくて
どちらかというと2つ目の原因である「リズムの共有ができていない」ことこそが、英会話を伝わりにくくしている大きな障害となっています。



Yuki式英会話勉強法では膝を叩きながら英語のリズムを覚えていくというあまりにも単純なやり方ではありますが効果は抜群1日1フレーズずつ覚えるだけでも30日後には英会話力があがっているのを実感できます。

英会話をマスターするにあたっては正しい発音を操れるようになったほうが望ましいものの、私たちは別にアメリカに行って政治活動をしたいとか、ハリウッドデビューしたいとか思っているわけではありませんよね?

政治や映画のような高度な英会話力が求められる世界ではYuki式英会話勉強法だけではさすがに通用しないものの、
海外にふらっと一人で行って楽しむ分には十分すぎるほどの英会話力なら、それほど大した努力をしなくとも、あっさりと身に着けることができます。

何よりもYuki式英会話勉強法で英会話のエッセンスを学んでしまえば、海外ドラマとかハリウッド映画なんかを題材に独学ができるようになりますので、英語に触れる時間が長くなればなるほど、それだけ英会話力アップにつなげていけるようになりますよ。

→→モチベーションを下げることなく英語の集中させてくれるYuki式英会話勉強法で「英語を楽しく飽きずに継続する仕組みづくり」とは??




石切山聡偲 3ステップラーニング 口コミ評判

Yuki式英会話勉強法と英語 イントネーションの法則@練習

February 03 [Tue], 2015, 2:34

私たち日本人は、膨大な時間をかけて英語を学んできたものの、英会話に関してさっぱり学生時代にどんなに英語の成績が良かったとしても、英会話が流暢に話せるわけではありません。
このことから「学校の英語教育なんで全く意味がない!」と意義を唱える人もいるのが事実だし、実際に大学受験で出題される英語の問題は、英語ネイティブですら「難しい。。。」と感じる程です。


つまり私たちは必要以上に英語の知識を身に着けているのが英会話ができない原因の一つとなっていて、知識が多いからこそ、どの単語を使って話せばよいのか?混乱してしまうわけです。
それともう一つ英会話ができない理由の一つが、身に着けている知識を英会話へと応用する方法を教わっていないことが挙げられます。

私たちが身に着けている知識は決して無駄ではなくて、ただ使い方を知らないだけ。英会話を身に着けるための教育はほとんど受けていないわけですから、むしろ話せないほうが当然と言った方が良いかもしれません。
英会話ができるようになるためにはいずれにしても、私たちが経験してきた英語学習とは全く違ったアプローチが必要となり、従来から様々な方法が提案されています。


リスニング教材を使って英会話を聞き流すとか、頻出フレーズを覚える方法などいろんな方法がありますが、最近特に注目を浴びるようになったのが、リズムを通して英語を覚えるやり方です。
日本人通しで会話をするときも、相手の言うことを100%完璧に聞き取れているかというと決してそんなわけではありませんよね?むしろ、ポツポツと聞きもらしているんじゃないかと思います。

それにもかかわらず相手の言うことがほぼ正確に理解できてしまうのは、日本語特有の言葉のリズム感をお互いに把握しているからで、無意識のうちに重要な部分だけは聞きもらさないように注意しているからです。




Yuki式英会話勉強法では1日1フレーズをピックアップして英会話のリズムを覚えていきます。そのため1日の勉強量は10分程度で済みますし、覚えなければいけないフレーズも30しかありません。
つまり30日後には一通りの英会話エッセンスを身に着けることができるわけですが、学習効果をできるだけ引き出すためには、毎日続けるようにすることです。

3日に1度・3日分をやるとか、日を空けてしまうと、その間に私たちは重要な情報をどんどん忘れてしまうため、その日の勉強の始まりがまずは「思い出す」ことから始めることになります。
つまり学習効果が著しく低下してしまいますので、どんなに忙しくても1日10分を習慣として続けられるように意識してみてくださいね。


外国人に話しかけられるのが嫌で、海外でも国内でも外人を避けて通るのは今日で終わりにして、
英会話独特のリズムを体で覚えていき、勉強すればするほど英語力が伸びていく快感を味わってみませんか?



相手が面白いことを言った時に笑いあえる

英語を楽しむために海外に行きたくなる

イディオムや単語数など全く気にせず、英語を話せるようになる

英語で信頼関係を築くことができる

Yuki式英会話勉強法で英語が話せない劣等感やトラウマなんてさっさと解消して、あこがれの海外へとチャレンジできるようになるにはこちら




英語を英語で考える
わきが治療費用は?
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
PVランキング

ブログランキング