猫のお食事を作る 

2005年10月26日(水) 9時31分
 実家の猫、ポンコとチビ金時のために、いろいろご馳走をつくった。
ポンコは、喜んで食べてくれるが、昨年よりポンコに付いてきて一緒に暮らすようになったチビ金時は、人に懐いておらず、ちょっと離れたところから見ている。
可哀想なので、海辺の砂浜にご馳走を持って行き、私が少し離れると、チビ金時も食事をはじめた。
なんと、チビ金時の後ろから、もう一匹グレーの猫がついてきている。
あの子も、うちの子になるのかなと思ったとたん、目が覚めた。

北海道のリゾートホテル 

2005年10月19日(水) 9時07分
長期で北海道のリゾートホテルに滞在していた。
きれいな景色、美味しい料理と、大満足の日々。
しかし、夫は途中で仕事のため帰っていった。
夫を見送るため、飛行機の見える小高い丘に登ってみていた。
いろいろな飛行機が、頭の上を旋回していく。
だんだんに、低空飛行になってきた。
中には、戦闘機もある。
隣に立っていた自民党の武部さんに「どこの飛行機か?」と問うたが、苦笑いをしていた。
夫が戻ってきたが、家の車を持ってきた。
車であちこちまわる事ができて、また良かった。
帰る日がきた。
車をどうやって持って帰るか、議論になった。
結局、夫は日程的な都合が着かないので、私が飛行機のチケットをキャンセルして、運転して帰ることになった。
どこに泊まりながら帰るかを考えていると、目が覚めた。

追われる 

2005年10月14日(金) 9時37分
とにかく、追われるんだが、最後は機転をきかせることに成功して、逃げおおせる。
映画のような、展開だった。
ときどき、そんな夢になる。
でも、朝、起きるとかなり疲れてる。

OL時代の後輩 

2005年10月13日(木) 9時30分
後輩が、大量の冷凍うどんを揉んでいた。
「もうすぐ、旦那が帰ってくるので、解凍しないと」
私も手伝い、一生懸命揉むと、端からだんだん解けてきた。
ぐにゅぐにゅになったところで、目が覚めた。

石を抱えて、山を登る 

2005年10月11日(火) 10時11分
山の上の工房に石を持っていけば、磨いてくれると言うので、えっちらおっちら山を登った。
私の持つ石は、灰色でおまんじゅうのような形で、真ん中に白い丸があって、その周りに花びらのような形の斑点が散っていた。
途中で、私のお茶の師匠に出合ったら、彼女は大八車に10個ほども、大きな石をのせて、山を登っていた。
工房に着き、石を渡した。
しばらくすると手のひらサイズに磨かれて返ってきた。
とても、美しい石になったので、大喜びしていると目が覚めた。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像zushi
» 猫のお食事を作る (2005年11月22日)
アイコン画像ゆきぽん→zushi
» 猫のお食事を作る (2005年10月28日)
アイコン画像zushi
» 猫のお食事を作る (2005年10月28日)
アイコン画像ゆきぽん→zushi
» 猫のお食事を作る (2005年10月27日)
アイコン画像zushi
» 猫のお食事を作る (2005年10月26日)
アイコン画像ゆきぽん→zushi
» 北海道のリゾートホテル (2005年10月25日)
アイコン画像zushi
» 北海道のリゾートホテル (2005年10月21日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukidaruma-da
読者になる
Yapme!一覧
読者になる