けんしゅう 

October 20 [Thu], 2005, 0:34
採用3年目の職員は、「異職場体験研修」って研修に出なきゃいけないらしい18日〜20日の3日間、「リサイクル事業所」ってトコに研修に行ってます作業は資源ごみの仕分け作業等
今日は午前中ずっとペットボトルのふた取り作業でしたベルトコンベアーに酔いつつ、ひたすらふた取りです、人生でこんなにふたを取ることは、この先内と思う。一生分のふた取りを一気にやった気がしますしかも、だんだんふた取が上手くなってきてる自分頭使わなくてイイから楽だけど、コレ、かなり気分めいります↓↓↓
みなさん、ペットボトルは再利用する資源ですので、ちゃんとふたを取って中を洗ってから資源ゴミに出しましょう
午後は粗大ごみの破砕現場でお手伝い邪魔してたダケだけど・・・いろんなゴミが出てきて、こっちは結構面白かったピンボケですが、写真でおっちゃんが広げてるのは、トラ柄のパンツです。一緒にトラの気ぐるみもありました、阪神ファンの方のゴミでしょーか??
それにしても、こーゆー基地みたいな場所に行くと、ゲームの世界みたいでワクワクするのは私だけでしょうか
とりあえず、あと一日がんばりまっす

スノーボードな話 

October 18 [Tue], 2005, 22:26
冬が近づいてきましたねってことで、8月にすでに購入して只今チューナプ中の、ワタクシの恋人〜2005冬〜を紹介しますコンセプトは「モテモテな板」

SABRINASIS SABRINA144 有効エッジ117 ウエスト23.35 

なーんて規格値なんてぜーんぜんわかりません去年足首疲労骨折みたいなコトになってシーズンオフまで滑れなかったという悲しい思い出があってどうやら脚力が弱いみたいなので軽くてまわしやすいレディースモデルに乗ってみたかっただけなんですそろそろ体作りもはじめなきゃ
去シーズンは男の子と間違えられたり、まーとにかく全然モテなかったので、今年はこのコと共にモテモテスノーボーダーを目指すのだっエイエイオー

沖縄いってきました 

October 18 [Tue], 2005, 0:05
本年度の家族旅行沖縄に行ってきましたっ今回は2泊3日の本島周遊ツアーっていうバスツアーだったから、ホテルだけ決めてフラフラ彷徨い旅行タイプの私にはちょっと慌ただしくて、沖縄満喫って感じはあんまりしなかったんだけど、楽しんできました
歴史も気候も本州と異なるだけのことはあり、本島だけ見ても、おんなじ国だとは思えない今度は離島にも足を伸ばしたり、レンタカー借りて個人的に気になるところめぐりの旅にしたいなしかし台風が滞在中ずっと沖縄の近くにいたみたいで、幸い天気には恵まれたけど風がすごかった
美ら海水族館でであったイルカのちゅらタン(絶叫中)です。










沖縄ナンバーのジムニー君(JA11)。どノーマルです、オーナーは釣り人らしく、フェンダーはサビサビけどやっぱ、ジムニー君はセクシーなのでしたうちのコにはかなわないけどねっ


バス内から盗撮。沖縄ジムニーはビキニトップがとっても似合いますな結婚してくださいっ








のみすぎたっ

しわしわ 

October 13 [Thu], 2005, 23:41
旅行のしわよせ?最近めずらしく残業続きなのです職場の近くに突如建ったマンションギャラリーとかいう建築物。なんのための建物なのかわかんないけど、敷居が高くて入れないイメージ・・・マンションなんて、まだ買いませんからっ今日は残業あがりで時間が遅かったのでこっそり忍びこんでみました、しめしめ。

私的覚書(帰りに買おうと思っててすっかり忘れてた)
SOUL NAKED SOUL SOURCE
Compiled and mixed by SOUL SOURCE PRODUCTION

『SOUL SOURCE REMIX』プロジェクトなどでお馴染みのSOUL SOURCE PRODUCTIONが、アメリカ東海岸の名門ハウス系レーベル「NAKED MUSIC」とコラボレートし、『SHAKING SOUL SOURCE』のアフターアワーズ・バージョンとも言えるミックス・アルバムをプロデュース。
今回はNAKED MUSICの全カタログ・全バージョンから選曲を進め、MIGUEL MIGS、BLUE SIX、ANDY CALDWELLといった、お馴染みディープ・ハウス・アーチストが手掛けるハウス・トラック、エレクトロニック・ジャズ・シーンの貴公子、JIMPSTERなどが手掛けるジャズ・トラック、そしてLISASHAW、AYA、GAELLEといった女性ヴォーカル・アーチストのダウンテンポ・トラックなど、ヴァラエティに富んだNAKED音源がフルに活用され、様々なジャンルをシームレス且つ縦横無尽に行き来する、SOUL SOURCEならではのスウィート&ソウル&メロウなミックスCDが誕生した。

そろそろマフラー巻きたいはやく雪ふらないかなぁ

ただいま♪の続き 

October 12 [Wed], 2005, 0:15
グアムに行ったもともとの目的は、大学時代(宇都宮)の友達の結婚式に出席するためなのだ結婚式、アットホームな感じですごく良かったぁ感動してなぜか号泣してしまいましたこんなステキな式に呼んでもらえるのって、すごく幸せだと思う私も海外挙式に憧れる派になっちゃいました
これはホテルニッコーのテラスからの夕日夕暮れってオレンジ色のイメージだったんですが、ここの夕日はピンクみたいです
式の次の日は、5人で海に行って遊んだり、友達家族と一緒にマジックショーを見に行ったり(マジックショーって初めて見たけど、まさにイッツイリュージョン)私的にはグアム100%満喫したっ
独身OLはやっぱたまにはリゾートでバカンスしなきゃダメねっまたいきたいなぁ

ただいま♪ 

October 11 [Tue], 2005, 23:08
昨日、無事グアムから帰還いたしました
3年ぶりの海外た、たのしかったよぉぉ
1日目は夜7時にホテル着それからステーキ食べて買い物
2日目は島内観光に行ってきました左は恋人岬から望むタモン湾鳥肌もんの青さでした・・・。そしてここにも悲しい伝説{スペインのお偉いに引き離されそうになったチャモロ人の恋人同士が、互いの髪の毛を結んで身を投じたんだってカップルで行くと破局するとか・・・?
写真で切り取っちゃうとどこにでもある?風景になっちゃうかもだけどこの青はもーヤバイ・・・水平線を見ると、なんとなく地球が丸いってわかっちゃう




夕飯は結局毎晩ステーキでした

グアムいってきます 

October 06 [Thu], 2005, 0:25
突然ですが、大学の友達の結婚式に出席するため、ワタクシ明朝にグァム島に飛びます久々の海外進出なのでカナリ楽しみ

まだ全然準備終わってないんだけどねぇ

たぶん、10日に帰ってきますので、探さないでください。帰ってこなかったら、軽いタッチで探してください

ぎょえ 

October 03 [Mon], 2005, 21:49
今日は検診があったので午後休んだんだけど、思いのほか早く終わったので、ちょっとお出かけしてきました。
くも秋の雲ってもともとあんまり好きじゃないけど、これはなんかホントに不吉な感じ最近、きれいな空みてないなぁ
去年はもっと空がきれいな日が多かった気がする

国勢調査 

October 01 [Sat], 2005, 22:18
市役所に勤めてると、ホントにさまざまな仕事がまわってきます特にいい感じに平な私はこういうのにあたりやすいみたい
今までやったなかで「これも私の仕事かよ!」って思ったのが
 ・ 選挙の投票、開票事務(土日返上かよ
 ・ さんさ踊りなどのお祭りのスタッフ(キツイけど結構楽しいカモ
 ・ 不法投棄拾い(冷蔵庫洗濯機から大量のエロ本まで・・・
 ・ スズメ蜂の巣の駆除(冗談抜きで命がけ)         などなど。
ほいで今回は、5年に1度の国勢調査(しかも調査員)を頼まれちゃいました
国勢調査の調査員っていうのは、みなさんの家に調査票の記入のお願いに伺う、あのヒトです。私も最近、60件ほどのお宅をぐるぐる訪問して回ってます。そこで困ってるのがアパートで一人暮らしの人何時に行ってもなかなかつかまらないしかもつかまっても短パンのオッサンとか半裸なオッサンとか・・・そのオッサン達に素性調査をするのはなかなか気まずいわけで大体にして国勢調査のイメージキャラクターの「センサスくん」も半裸のオムツ姿で鉛筆握ってるわけだしな・・・。

本部から調査票と一緒に「防犯ブザー」支給されてるしな・・・。

とにかく、国勢調査にはなにとぞご協力おねがいします

蝉しぐれ 

September 30 [Fri], 2005, 23:02
知り合いに試写会のチケットをもらったからなんとなく。なんだけどね、見てきました蝉しぐれ
映画は子供(15歳くらい?)の牧文四郎が普通に平凡な生活を送ってるところから始まるのですが、ある日文四郎の敬愛する父・助左衛門が藩内の勢力争いに巻き込まれて殺されちゃいます隣同士で幼馴染の「ふく」とは両思いっぽいのにお互いに気持ちは隠しあったまま。(特に文四郎は)そのうちおふくが江戸に働きに行っちゃう事になっちゃって、寂しくなる文四郎。けど強く生きる文四郎。
大人になった文四郎は、なんのご縁か父を殺した里中さんに雇われ、さらに文四郎のもとに「ふく」が殿の子供を身ごもったという情報が・・・。んでこの「御子」関係で文四郎とふくが再会したったぐらいにしてあらすじ書くのって難しいのでこのへんでやめます。

てゆーか!大人になった「ふく」役の木村佳乃がヤバい。綺麗すぎですそして文四郎の子供のころ役の人は、かなり演技ヘタだったけどかっこいいから許します
全体的にマッタリ、ダラダラ、切ない。映画素人の私にはちょっと物足りない?感がありましたが、難しい話ではなかったかな。たぶん。
それにしても、20年間も一人の人を愛し続けるなんてこと、あるのかしら・・・
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メロメロパー
ク
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukichop
読者になる
Yapme!一覧
読者になる