日記なのヵ詩なのヵ…(笑 

2006年08月31日(木) 3時48分
”一晩中語り合っちゃう?”


本当にやりたいことはないのか?
本当に手に入れたいものはないのか?
たかが今まで生きてきたその年数で
"俺にはこのくらいの力しかないから"なんて
決めつけて諦めてしまうなんてもったいない!
人間は無限の可能性を秘めてるんだ
死ぬ気になればなんだって出来る!

人生を甘く見るな
お前は後どれくらい生きれるんだ?
平均寿命が80歳だとして後何年?
日数にしてどれくらい?
時間にしてどれくらい?
睡眠時間をひいてどれくらい残ってる?
後何回"ゆく年くる年"の鐘の音を聞けるんだ?
その限りある時間を目の当たりにして
今の自分のまま生きていったらどうなるのか?
収入の二極化だって進んできてる現代
日本はアメリカの10年前のどん底を辿ると言われているのに
こうしてのうのうと"どうしよーかなー"って言っている間に
やりたい事も出来ずに戦争や飢えでたくさんの命が死に捕われているというのに

お前 そのままでいいのかよ

違うだろ!?
熱くなれよ!
シャウトしてしまえ!!
"僕は〜だから"なんて出来ない理由を正当化しないで
悩んでんならやってみろよ!
悩んでる時間がもったいねぇ!
やって失敗したら次の手を考えようぜ!
なんだって成功するまで諦めなければ成功するんだ!

やって出来ないことはない!
やるっきゃない!
やるっきゃない!



そう言って、夢へ漠然と走ってる私の仲間たちが
私は大好きです。
一生ものの、大切な仲間です。

イタイ 

2006年08月27日(日) 15時16分
風邪をひいてる時さえ
"大丈夫か?"と聞いてくれない恋人は
もういらない

どうして貴方は
そんなに私を困らせるの

チカラ 

2006年08月27日(日) 0時44分
自分がその場の主役であるからこそ
伴う重大な責任がある
自分がその場の主役であるからこそ
伴う最大の緊張がある
自分がその場の主役であるからこそ
伴う最高の快感がある

苦しんだり
悲しんだり
たった一つの光りをただ信じて突き進んだその先に
僕は何を見るだろう
望む景色を手に入れられているんだろうか
不安なことはたくさんある
まだ何も手に入れてないから不安でたまらない
けれど
それに勝る願いがある
思いがある
だから信じて突き進もう
自分が諦めてしまったら何もかもそこで終わりだ
進しかない
突き進んだその先のことはその先で考えよう
納得がいかなければやり直せばいいじゃないか

突き進め
諦めるな

僕の力はこんなものじゃないはず

友に 

2006年08月27日(日) 0時28分
自分の人生の可能性に
なぜ気付こうとしないんだ
人生を友に歩んでいこうと誓った仲間を
なぜ簡単に裏切れるんだ
夢を見ただろ?
少しでも可能性を見たんだろ?
なぜ信じて突き進まない

願いは望まなければ叶わない
願いは待つだけでは叶わない
願いは信じて突き進んでいった先で叶うんだ

友に歩もう
その道のりが険しく僕らを待っていようとも
僕は決して諦めないから
友に進もう

夏の夜の空間 

2006年08月19日(土) 18時24分
蛍が私を呼んでいた
私の気のせいと言ってしまえばそれまでだけど


初めて見た蛍は
ただ綺麗で
あえて言うなら
瞬く星が地上に降ってきて
命を貰い受けたとか
そんな感じ


光っては淡く消え
儚く切ない光り
少し泣きたくなりそうな
少し優しくなれそうな
不思議な空間


まるで宇宙
夜中なのに鳴く蝉の声
少し湿った夏の空気
一面に灯るほのかなあかり


蛍が私を呼んでいる

(無題) 

2006年08月11日(金) 13時23分
自分の人生をかけて
本気で遊んでみないかい?
せっかく神様に与えてもらった有限の時間
もたもたしてたらもったいないだろ?
夢を見ろよ!
それに見合うだけの自分に変われ!

甘え 

2006年08月10日(木) 22時12分
ふと
自分が自分自身を甘やかしているのに気付いた
思えば
いつも
そうだった気がする

なんだって 

2006年08月07日(月) 4時46分
一瞬でも
口先だけでもいい
貴方の口から
好きと聞けるなら

なんて
口が裂けても言わないけどね

だってきっと貴方は
重いと思うから

貴方に好きになってもらうためなら
なんだってするわ
なんだって演じてあげる

一期一会 

2006年08月05日(土) 12時53分
私に興味を持ってくれる人や
ストレートに告白してくれる人もいたのに
すれ違うたくさんの人の中で
どうして貴方に振り向いたんだろう

私の中で出会いはとても大切なこと
だって世界中に人は溢れているのに
今 貴方と笑い合ってる
時には喧嘩したりして
時には愛を語り合って

ねぇ
奇跡としか言いようがないでしょ?

貴方は私の宝物
神様が用意した眩しい奇跡

無題 

2006年07月31日(月) 19時55分
貴方はきっと
私が何か言ったくらいじゃ変わらない

だから

自分から何か思ったら
私に言っておいで

いつまでも
待ってるから
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukibana-love
読者になる
Yapme!一覧
読者になる