南極は崩壊する…。そのときから世界の気候は大激変する!!

June 02 [Fri], 2017, 13:39

《オーディン神事 2008年9月29日 フエゴ島にて。》

残念だが、あと16年で(2024年)この南極は崩壊する…。

そのときから、世界の気候は大激変する!!

The Day After Tomorrow



まず、洪水の多発によって、ほとんどの海岸線の都市は水没する。

港に近く、河口に栄えた都市から全滅してゆく。



東京も半分以上は水没する。これらと同時に、

世界各地で氷河期の現象が見られるのである…。

すべてのこれらの傾向は、8年後から出始める。

すなわち、2016年から加速するのである。



ウェッデル海域は、わがヘソにあたる。この海域から、

冷たい海水が海底に流れ、海底の潮流が世界をめぐる…。

やがて、これが止まる時がくる。氷河期の、はじまりである。



このまま行けば、あと5年で、海底潮流の速度が滞り始める。

そして、あと25年で(2033年)ほぼ停止するであろう。

これを救う方法は、3つある。

ひとつは、温暖化をふせぐこと。

ふたつは、魚の乱獲をやめること。

みっつは、森や森林を増やし木を植えること。

だがここに、魔法の一手がある。

肉を減らすと、地球環境が復活する!!

それは、人口増加を止めることである。

人口増加が、三割減ると、食料・エネルギー・乱獲が半減する。

そのために、あらゆる伝染病を、神は用意するのである。

人口増加を、三割削減すれば、人類は救われるのである。

しかし、これほど、むずかしいこともあるまい。

もうひとつの魔法は、鉱物資源の消費を4割減らし、

べつな経済と、べつなエネルギーの工業を生むことである。

これは、充分に可能である。今のところ、

原子力の活用しかないが、もっと、べつなエネルギーが、

これから、次々と生まれてくる。

というより、それしか方法がないと、

必死に人々が、開発するのである。

風弱く、太陽強く、潮流が本命である。

(太陽電池は、ソーラー電池を作るために、

石油を大量に消費する。)

潮流によって生む、電気エネルギーが、

最も、地球を汚さず、大気を汚さず、

鉱物資源を消費せぬ、新しいエネルギーなのである。

それから、人々の住宅を変える方法がある。

今後は、エネルギーを消費しない

新しい住宅構想が、活発になる。

そうするしかないからである。

『人類の総合的な滅亡は、ほぼ9割、

決定されていると言える!!!』

あとの1割で、どう救うかが、今後の課題である。

われは、ウェッデル海域を守る働きを

今日より始めることとするが、龍王の力を

どんなに出しても、やがて潮流ベルトは止まるだろう。

人類のあり方を、根本的に変えるしか方法はないのである。


























プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おばさん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1976年8月24日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:三重県
  • アイコン画像 職業:家事手伝い
  • アイコン画像 趣味:
    ・F1日本グランプリ観戦
    ・コカコーラゼロ 鈴鹿8時間耐久ロードレース観戦
    ・読書・インターネット
読者になる
精進の日々を忘れるでなし。小さなことも、大きなことも、丁寧に大切に扱い、あなどり、見くびることがなきようにせよ。
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yuki510824/index1_0.rdf