汁。

April 01 [Sat], 2017, 23:00
気付いたら、もう4月でございます。

年賀状が新年の挨拶ではなく、新年度の挨拶になります。

笑うしかない。

日記も書きたいことが沢山あるのですが、電車に乗るとほぼ寝落ちます。

普段、電車に乗ってない時は、寝てるか風呂入ってるか食ってるか、あるいは仕事をしてるかなので、携帯をいじるのはちょっと…。

あ、そんなワタクシ、電車での爆睡のお供なパスケースをGETしました。

可愛いでしょ。

二つあるのは彩仔とお揃いだからです。

これを持ったら通勤が楽しくなりました!



さて。

3月のちょっとした冒険のお話です。

月頭まで、サンシャイン水族館で『深海展』をやっておりました。

身の回りの方々が知るところですが、ワタクシ深海生物が大好きでございます。

何がいるのかよくわかりませんが、是非とも行ってみたいと思いました。

しかし、時は無情に流れ…

気付いたら、あと2日しかないやん!

慌てて、4日の朝に行きました。

休出の前の朝活です。

G赤で朝活したりもします。

しかし、今回朝から行ったのは、朝活だからというだけではありません。

会期中に提供される

深海汁(50食限定)

を食するためです。

フカミジル

ではない。

だが

フカミジル

と読んでしまうのは仕方のないことなんだ。

前の月にOLちゃんとスペクター行ったばかりだったから、ついそう読んでみたくなるんだ。


いや、とにかくあの、紙コップからはみ出るオオコシオリエビの写真が撮りたい。

その一念で、オープンから行ったのだ。

だがしかし誤算が。

今後の朝活用についうっかりパスポートを作ったら、予想外にそれに時間を取られ(お陰でパスポートの写真が超不機嫌)入場して真っ先に向かったにも関わらず、オオコシオリエビ入り(500円)はタッチの差で完売したらしい。

なんてこった!

しかもアカザエビ入り(1000円)も完売したと!?

むごい…。

パスポート作らなきゃ良かった!!

でもパスポート提示で飲食代割引になるのか。


てかどれだけの食いつきよ?

みんな勇気あるな。
↑サンシャイン水族館・深海汁で画像検索してみよう

仕方ないので割引いてもらって、普通のフカミ汁(定価:300円)を注文。


本日のメインイベント!!

普通のフカミ汁はただ美味しいだけの汁だと予想がついているので、何の躊躇いもなく一口。

いや、マジで美味いっす。

ジンガイ…いや、深海の出汁がよっく出ている。

口に広がるお魚や海老の旨味がたまらん。

具材本体も味が詰まってて食べ応えがある。

美味い!!
美味いよマコト汁!!
←違


ただし。

具材がな。

ブツ切りでな。

圧力鍋で調理してあるのだろう、甲殻類も大半はそのまま食べられるほど柔らかくなっているのだがな。

たまに殻が歯にはさまったり、刺さったりしそうになる。

正直、ゴロゴロしていて食べにくい。

誰かの水晶体とか、ガチって歯に当たる。

まあ、海鮮汁ってこんなもんか。

「ありとあらゆる具が苦手なの。具が、苦手なの。」(@健子)

って、こういう時に使うのか。

殻入れの皿がついてくるのだが、ワタシは細くて硬い海老の足一本しか残らなかった。

人によってはぶっとい骨やデカイ殻がはいってたりするみたいだけど。

尚、画像で主張しまくってるニギス。

撮った後、すぐ食べちゃったんだけど、下の方からもう一匹出てきた。

しまった…2匹並べて

「まさかの双子!!」

ってやれば良かったな。

結論としては

美味い汁(味噌仕立て)

という感想だ。

また機会があったら食べたいよ、マコト汁。


ところで、今回、マコト汁の他に、リュウグウノツカイケーキと、グソクムシケーキ、あーんど、グソクムシケーキ・プリティピンクがあった。

ノーマルグソピーは、こう見えてピスタチオケーキなのだが、これ買ってったら(多分持ち帰りナシだと思うが)いかにピスタチオ好きな猫仔でも怒るだろうなあ…。なんて思っていたが…

こちらも昼には完売していた。

大人気だな。


さて。

肝心の深海展だが、メンダコとミドリフサアンコウは状態が良くないので展示中止。

やはり深海者は難しいか。

ミドリフサアンコウ見たかったな。


あとは、グソピーズや、マコト汁にも入っている、エビちゃんズ。

…この辺りはわりと見るチャンスもあるな。

タカアシかにちゃんも常設でいるし。

オオホモラは、初めて生きてるの見たよ!!

オオホモラ見られたから、ま、いっか。

それと深海じゃないけど、ワタシの大好きなウミテングやダンゴウオもいたし、至近距離で見られるトカゲちゃんズも可愛かったから満足。



すぐ混んじゃって、あまりじっくり見られなかったけどね。

パスポートゲトしたんだから、常設なら機会あれば、5分でも10分でも見に行けるよね。


…無駄にならないと…いいなあ…。←闇

新年。

January 01 [Sun], 2017, 23:31
…らしい。

実感ないなあ(^^;;

やっとゴールデンウィークって感じ。


ともあれ、本年も宜しくお願い致します。


しかしトリの年ということで、トリが沢山あるのはトリ好きとしては嬉しいね。

去年の誕プレの靴下とか。

ハンサムフェスの会場下にあったニワトリツリーとか。(たまに動く)

ルピシアのお正月茶はコケコッコー!!(幸鶏好好)

ローソンのトリまんとか。

あ、そういやローソンのくじ、これってブレイドないの?

店員さんが、
どうぞほじくって下さい
って言って下さったんで掘ったんだけど…。


結局元日は風呂磨いて洗濯して終わりやね。


まめおが猫仔にいじられていたんで便乗(笑)

手遅れ…だと…?

December 29 [Thu], 2016, 15:56
やあ、もう今年も終わりますね。

オイラは体感的には相変わらず4月です。


突然ですが体が壊れました。

12月の頭頃から、右の首〜胸〜上腕に攣るような痛みが走るようになり、指先まで猛烈な痺れが出るように。

痛いです。(しれっ)

肩凝りもここまで来ると迷惑です。

しかし、病院に行く時間がどうにも捻出できなかったので(笑)暫く放置していました。

19日に仮の一段落が来たので病院に行きましたら、首と腰が凝りすぎて炎症を起こしているとのこと。

首はまあ、わかっていたけど、腰痛も腕の痺れの原因なの?

でも確かに腰のある一点を押すと痺れるんだ!!

わーお!!

体ってやっぱり全部繋がってるんだね!!


とにかく固まった所を解さねば話にならないらしい。

ぴ「昨日・一昨日とライブだったんで、踊ってれば解れるかな〜って思ったんですが。」

先生「…もうちょっと前の段階だったらそれで改善したかもしれないけど…ここまできたら、もうダメだよ。」

おおおおおっ!!

手遅れかよっ!!

でもライブは体にいいんだよ、やっぱり!!←


温めて解したいけど炎症は冷やしたいからどうしようかと悶々とする先生。

面倒くさくてごめん。



で。

その17、18はハンサム行ってた訳ですよ。

人海戦術で当たったのは両日夜だけだったんですが、昼も探して譲ってもらいました。
業者はともかく(怒)基本、一般は皆定価(+手数料)以上でやり取りしてないようだから、助かるけど、見つけるのは大変。


だってさ。

お兄ちゃんたちはラスト出演かもしれないじゃん?
(って2年前も思った)

最古参のたっくんときみちゃんは銀河劇場から見てるから、特に思い入れも強いわけさ。

どーりやるいるいやそーちゃんなど他メンバーも殆どは初から見てるから、もう子供(というか孫)のようでなあ。

なるべく沢山目に焼き付けておきたい訳さ。

いや、実際は目が足りなくて追い付かないんだがな。

てな訳で当日メモ。

どれがネタバレかわからないから、ネタバレあるかもなので気にする人は注意。

17日昼。

第3バル。上手立ち見ブロック。
↑立ち見は第1にも第2にもある。第1立ち見、かなり美味しいかも!

立ち見は一列にしかならないようにしてるらしく、とても居易い。
一番最後に入ったんだが、まるでワタシのためのように最上手の端っちょが空いていた。
有り難い。

スタートして前が立つと殆ど見えないが、辛うじて隙間から肉視できる所が冒頭暫くきみちゃんのポジで、神かと思った。

何の気遣いもなくそこだけ見てたから、ダンスのアヤシイ所もよく見えた(笑)


17日夜。

アリーナ15列め。上手寄り。

彩仔と合流して、ハイテク光る棒を購入。

照明さんの指令を受けて色が変化する。
6〜8時間使えるらしいが、オイラは7時間めに電池が怪しくなって交換した。
開演前に交換しとくぺきだったね。

席数確保のためか、アリーナは今回段差がなく、幅も詰めてある。

TDCのアリーナは段差があってもぶっちゃけ見づらい。
段差がないとなおのこと。
背の低い人はきついと思う。

ステージが高いんで、それなりには見えますけどね。

距離は近いんで顔はよく見えたよ。


18日昼。

第3バル。下手3列め。横通路。

距離はあるが、めちゃめちゃよく見える。

フォーメーションもばっちり。

ただし、センターの大モニターは上が切れる。
仕方ない。

この公演中、会場スタッフさんが紙袋に大量にハイテク光る棒を入れて現れ、私の前方の方のハイテク光る棒と交換していたのだが、これって申告があったのかな?それとももしかして、客席チェックしていて色変更電波が届いていない人の所に来ているの?
だとしたらすげえ!!


18日夜。

アリーナ。12列。ドセン

同じアリーナでも、ちょっと中にずれただけで視界が違う。

しかも適度に後ろなので全体も顔もよく見える。
ただし目はついていかない。

この回、我々の後方にしょーごとイノッティが来ていて、新入生くんたちの掛け声に合わせてハイテク光る棒をカチカチやっていたのが印象的。
ハイテク光る棒は15色あるので、しょーごがなかなか色に辿り着かないところもよく見えた。


そして、モニターに映る位置らしくて、終演後、よしたくのツイや広大のblogの写真にわしらがしっかり写り込んでいた(^^;;
まあ、後ろ姿で本人たちしかわからんからいいけどさ。

この回は新入生くんたちにつられたり、色々こみ上げたりするものもあったのでしょう。26歳組たちの涙腺が連鎖的に決壊。
(きみちゃん曰く「ユルセンががばがば」←ユルセンだけに、隣のおしゃたくにツッコまれる)

よしたくの「そんな年頃」発言に、ふと

そういや剣卒業式で、朝の回から大泣きしていたあまやんも26歳だったなあ…(笑)

と、思い出した。

そしてその後、きみちゃんの姿が一時消失。

トイレ行ってたんだよ!!

って言われたりしてたが、それにしちゃ長かったので、涙待ち&メイク直しだったのでは?と思われる。

ちゃんと真っ赤になっちゃった目、綺麗にして出てきてたよ。


以下、雑メモ。

・シュウは昼間の方が事故り易い。

…あかん…つづく。

ロバの耳。

December 07 [Wed], 2016, 3:24
つー、名前の喫茶店のことをふと思い出していた。

いや、先日用事があって銀座行った時に。

その店ではよくアイスコーヒーを飲んだ。

味はそんなに覚えてないんだが、冷えた銅のカップの感触はよく覚えている。


その店はもう随分前になくなったんだけど。

銀座も景色変わったよね。

ワタシが愛していた街並みはもうなくなってしまったけど、今は今で、またこれもいいかもしれない。

こんなマニアックなディスプレイもあるし(笑)



風情のある建物がどんどんなくなるのは寂しいけどね。

このビルも取り壊すのかな?


「センチメンタルだな。」


(笑)


さて、帰宅したら今年のケーキは巨大オペラ。

ワタシにもカットしやすいぞ。


ぎっしり詰まっているので、少しの量でもボリューミィ(笑)


こんな時間にお腹いっぱいだす(^^;;

俺の血は何色だ!?

November 06 [Sun], 2016, 2:52
今日は朝一でG赤行った後、NHKで懐かし〜いアニソン聴きながら荒ぶって仕事してましたぴうです。

84年、いかん。

この年代の音楽はアニソンのみならず洋・邦問わず、良くも悪くもキラッキラしてたな。

大好きだよ。


で、前の続きなんですが…(笑)

あ、そうだ、音楽といえば、前日記の後、流れで『恐竜・怪鳥の伝説』の主題歌聴いた。

何このシュールなの!!(大爆笑)

う〜な〜さ〜れ〜る〜www


そんな『恐・怪』。

一緒に予告編を見た彩仔が
マグニチュード100
に大ウケ。

何つーざっくりした数字だ(笑)


まあ、フィクションですから?

プレシオザウルスやランホリンクスが相当にでっかかったり生態的におかしかったり、渡瀬恒彦が潜水中なのに爆雷かましたりツッコむ所しかありませんが?

プレシオザウルスやランホリンクスが今後の研究次第では、あれが正しくなったり(笑)渡瀬恒彦は実は爆雷ごときではビクともしない人なので注意することもないのかもしれませんが。
↑あ、気絶したか。

でも、マグニチュード100は明らかにおかしいだろ。

地球レベルでおかしいだろ。

昭和の研究からしてもおかしいだろ。


もう、こういうイキオイだけのいーかげんなノリ。

嫌いじゃない。



まあ、
「そのくらいスッゲーインパクト」
って意味で100って予告で謳っているのであって(昭和の人間は大きい数字と言えば100)作中で起こる地震がマグニチュード100なのかどうかは見てみないとわからない。
↑主題歌覚えていないくらいだから、当然こっちも覚えていない(^^;;



彩「(笑)これ、(本編)見るんですか?」

と、問われたが。

ぴ「う〜ん…見たい気もするが、リアルな人体パーツ祭とかいやだなあ…。」

あと、何かトラウマがあるのか、一面真っ赤とかダメなんだ。

真っ赤じゃなくても、血まみれとか、一部ダメなんだ。

平気なのもあるんだが、何か法則でもあるのか、場合によっては具合が悪くなる。
↑だから心配でライチとか見られないんだよ


いや、恐竜怪鳥はスクリーンで一度見ている訳だから、多分大丈夫なんだと思うけどさ。

昔の方がグロに耐性あったのかもしれんしなあ。


ぴ「でも、HOUSEはチャレンジしてみたい気もするんだよな〜。」

パーツ&血の海祭で、何かうっかりテレビつけたらやってたりして、とにかく怖かった印象のある『HOUSE』。


でも最近、予告編見たら、
あれ?これ何か可愛くないか?
って気になったんだよね。↑大体、人喰いおばあちゃんの名前が「はうす・かれい」て…www

主題歌ゴダイゴだしな。

色々ポップだよね。
ホラーっていうより悪夢の童話って感じなのかな?


彩「それって、ぴうさんが出てたやつでしたっけ?」

ぴ「出てない出てない(笑)ワタシがエキストラやったのは『ブルークリスマス』。」


これも見たことないんだよね、ブルークリスマス。


とりあえず、SFだってことは聞いていた。

ワタシがやったのは、来日したバンド(歌の中の人はChar!!)を空港で出迎える熱狂的ファン。


「ここから、向こうまで走って下さい。」
とか
「ここから手を振って下さい。」
とか、指示受けて、他の女の子たちと黄色い声あげながら半日羽田空港走り回っていた。


この映画も、今更ながら調べてみた。

…こんな話だったのか…。

空飛ぶ円盤の影響(多分)で、一部の人たちのヘモグロビンの中の鉄が銅に変わりヘモシアニンとなったため(イカの血と同じ状態だそうな)、血液が青くなった人たちと、それを排除しようとする人たちの話らしい。
主人公はアドニスパパ。

ワタシが書くと軽いが、血が青いというだけで(多分)何の罪もない人々が無惨な扱いを受けるという…う〜ん…精神的にとても重そう。



彩「で、ぴうさんの血は青かったんですか?」

「えっ!?何色なんだろう?」

あのおっかけ行動は本編とどんな関わりがあったんだ?

オイラの血は青かったのか?


…う〜ん…あらすじちょっと読んだ限りでは、メンタルがブルーになりそうで、怖くて見られないなあ…。


ワタシの血、イカだったのかなあ?

もしかしてだからイカくさいのか?←違



余談だが、グロいグロいと書いていたせいか、上で
ヘモグロビン
と打とうとしたら、予測変換で勝手に
ヘモグロいの
と出されてしまった…。

ヘモグロい…

そんな血液成分ヤダ○| ̄|_







すまん、俺が悪かった…。

November 04 [Fri], 2016, 2:48
11月になりまして、冷え込む毎日ではありますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

いや〜、足やった時は

「真夏にギプスかよ…↓↓↓」

っと思ったものですが、予想以上に暑くはならなく、あせももできなかったので、今となっては夏で良かったです。

うちの会社は下からシンシン…というよりはキンキンに冷えるので、
冬にストッキング類もなしで座りっぱだったら…?
…考えるだけでも恐ろしい((((゜д゜;))))

ましてや泊まり込みなんてさ。

過去に何度もやったけど、とにかく暖房入れたってフリースにくるまったって、揚げ句は遭難用保温シート使ったって屁のつっぱりにもならんかったもんな。

夏で良かった。

あ、そういや、この夏(ギプス外れた後)徹夜明けで初めてLaQua行ったとですよ。
↑深夜〜明け方やってるお風呂屋さんで一番近いのがここ

ヘンな時間だったので、ほぼ貸切状態の露天風呂!!

ケガにも効くというので、わくわくしながら入ったら、あまりの痛さに無言でのたうち回ったとですよ。
↑一人なんだから多少騒いでも大丈夫だったか?

LaQuaの温泉って、塩分含んでるのね。

湿布かぶれした足、猛烈にしみたのね。

あせもは避けられたけど湿布かぶれは避けられなかったのね。

普段はあまり貼らないようにしてるんだが、貼らざるを得なかったからなあ。


まあ、いい。

2度め以降は気をつけてる。



さて。

そんなこんなで一人楽しくラジオをおともに休出する日々が続いてます。

休みの日って懐かしめのナンバー多いのね。

それに浸ってたら、ふと、大昔のことを思い出しました。


ワタクシが頑是無い子供だった頃のことです。

まあ、ばっちり年代のバレるお話です。


年の離れた従姉ちゃんに、映画に連れていってもらったことがあるのです。

多分、映画館のある現地に行ってから、見るものを選んだと思います。

三つ子の魂百まで。

今と大して変わらない、当時のワタシが選んだのはこちら。

『恐竜・怪鳥の伝説』!!

ばばーん!!


年頃の普段の娘さんたちが選ぶような映画ではありませんから、ワタクシのセレクトに間違いありません。

しかし。

見に行ったことと、恐竜(ではない)と怪鳥(でもない)の肉弾戦映画だった、ということと、霧(?)の中から恐竜(のふりした)プレシオ「ザ」ウルスがぬおっと現れる場面しか覚えていません。

気になってみて、その映画のことを調べてみました。

…伝説の映画でした。

確かに恐竜・怪鳥の「伝説」映画でした。

気になった方は調べてみて下さい。

伝説なので。


(以下、若干のネタバレ含む。)

えーっ!!!?

こんな話だったのー!?


いや、確かに子供心に

プレシオザウルス※は恐竜じゃねーよ。
とか
ランホリンクス※は怪「鳥」じゃねーよ。
とかは思いましたし、それらのビミョーすぎる造形と動きは感じていましたが。
※当時の大方の図鑑表記


ついでに言えば、子供心にも
ナニカ(失われた世界)の真似っこだ〜な。
と感じていましたが。
でも、今思うと当時から
「パクりはパクりとして楽しむ」
という素養があったように思います。
そこは大してツッコミ所ではなかった気がします。


ところが今、改めて調べたその映画は、記憶のスミにひっかかった当時のそんな印象の遥か斜め上を行く作品でございました。


そうか…脚本の一人は井上パパだったか…

てか、東Aだったのか。

んん?

太秦の池にいるアレは、プレシオザウルスということになってるみたいだが、あれ、ネッシーじゃなかったのか。


いや、そんなことより。


これって子供向け映画だったのか!!
(全年齢向けだと思ってた)
ていうより、こんなにスプラッタな映画だったの!?

子供向けどころかR指定レベルじゃん!!

グロいの苦手子ちゃんのワタシがトラウマらない訳がなさそうな映画ですが…何だろう、トラウマ過ぎて消去してたのか?

…いや、何か当時はこれくらい普通レベルだった気もするから、大してトラウマにもならなかったのか?

今見るとびっくりするが、テレビなんかでもばんばんグロいのやえろいの流れてたような昭和時代のものだもんな。


人体パーツ祭のこの作品より、ヘドラの方が遥かにトラウマったわ。
↑オイラが初めて見たゴジラ映画はゴジラ対ヘドラ


今もゆうちうぶで予告や特報が見られるので見てみました。

色々風呂敷でかいな。

7億どこにかけたのかな?
↑爆発か?


因みにソビエト以外では大コケしたそうです。

そりゃそうだろう。

と、汚れた大人になったワタシは思います。

そんな映画の興行収入に我々一役買ったわけです。

あれをスクリーンで見たとは、ある意味、伝説!!

…かもしれない。


従姉ちゃん、もうホントにごめん。

付き合わせちゃってごめん。

この夏に旅に出てしまったので直接謝れないけど、謝っとく。
ホントにすまんかった。



先日絶妙なタイミングで、ま〇だらけでこの映画の割引チラシがディスプレイされているのを発見した。

800円だった…。


燃料確保。

October 30 [Sun], 2016, 2:37
すっかり寒くなったようですが、体感的にはまだ春です。

これから夏が来ます。

夏休み、何しようかな〜?

あれ?

でも台風ばんばん来てた気がするぞ?


…という訳で、8月22日に無事、キャストオフしました。

その日もめっちゃ台風でした。


「どんなに洗っても、いつまでもぬるぬるするよ。」

と、ギプス経験者の猫仔に脅されていたので、事前に百均であかすりタオルを購入し、帰宅後即風呂で足を洗いましたが、わりとすぐ、ぬるぬるは取れました(≧∀≦)v

1カ月と2カ月の差かもしれません。

ギプスにカッターを入れた一瞬、
汗臭っ!?
と思いましたが、覚悟したほどではありませんでした。
届く範囲まではボディシートで拭きまくってたからかな?


ただ、
人間って、こんなに脂の出る生き物なんだな…。
と、足を洗って知りました。

汚い話ですみません。


その後、台風で電車が止まっていたので、夏休みを貰おうと会社に連絡を入れましたが、親会社の人のお達しで出勤せざるを得ませんでした。

でも電車がほぼ貸切状態でテンション上がりました。不謹慎ですみません。

自分は何とか出勤できたけど、成田空港に行く人は完全に足止めくらってたようで、翌朝、駅は巨大スーツケースの人が沢山いらっしゃいました。


結局7〜8月にお休みしたのって、ギプス巻いた日と従姉ちゃんのお見送りの日だけだった気がする。


半年くらい関わった企画でずーっと会社にいたけど、休出の日はラジオでテンション上げてたおかげで、ヘンなノスタルジーの塊になってます。

やっと終わったと思ったら、また新しい企画がやってまいりました。

軽く
ぽきっ
ていきました。

僕の名前はメンタルぽきお。
すぐ折れるメンタルが特徴だよ♪


結局またやっています。

ほぼ〓ー〓〓だけど。

立ち直り早い。

さして苦ではないのは。

おいらストレス溜め易い性質の一方で、ストレスに強い体質なんだってさ。

確かに萌えで簡単に昇華できるような(笑)


それはともかく、初めてのギプス体験で、色々改めて気付いたことがあるのでメモ。

尚、前述の通り、9月下旬に通院からは解放されましたが、まだ痛いっす。

★松葉杖は体重を預けてはいけないらしい。
★オイラの足(24.5)+ギプスは28cmのクロックスもどきが履ける。
★ギプスに被せる靴下は黒にしちゃったけど、白の方が周りにギプス感を主張できて用心してもらえるから白にすぺきだった。
★靴下は1カ月で4足、穴があいた。
★ギプスかぶれ対策は小林製薬のアセモアが有効だった。
痒くならないで済んだよ。
★風呂に入る時は地域指定ゴミ袋を被せた。40リットル。
膝の下で結べて丁度良い。
★ギプスしてる間は殆ど痛まなかったが、外した後は痛い。
硬直するってこういうことか。
★東京の駅は階段だらけ。特に地下鉄は階段覚悟。
★しかもエスカレーターは上りだけが多い。本当に負担かかって怖いのは下りだ!!
★駅によっては地上行きエレベーターが存在しない。
神楽坂ないぞ。地上行きはエスカレーターもないぞ。今、作ってるみたいだけど。
★エレベーターあっても、えらい僻地だったりするぞ神保町駅。
★銀座線渋谷駅は必ず階段を使わなければならない。
★大江戸線六本木駅ミッドタウン側、ホームに行く途中までしかエスカレーターがない。
しかもホームによってはエレベーターは乗換必須。
軽く殺意を覚えた。
★乗った方向のまま出口に向かえるタイプのエレベーターは先に乗った人が8割振り向かないので、かなりの確率で目の前でドア閉められる。
★松葉杖&杖使用期間の1カ月。ほぼ毎日電車通勤していて車内で席を譲られたのは1度だけ。
部活らしいジャージ姿のお姉ちゃんありがとう。
★あと、バス停で1度、譲ってくれた人がいた。
★しかし、松葉杖の時は杖捌いて座るのが大変なので、乗ってる時間によっては立ったままの方がワタシは楽だった。
★ギプス最終日。深夜、会社帰りに地元のファミマ寄ったらレジのお兄ちゃんが
「お気をつけてお帰り下さい。」
と声かけてくれた。
夢見がちだったらマジックにかかったかもしれん(笑)

…マジックにはかからなかったが、こういう人は皆、いけめそに見えるぞ。


ありがたいね。


さて、ここ暫く電車に乗ると寝墜ちしていたワタシが、こうして長文(?)打てたのは、朝から2時間ほど列に並んでいたからだ。

こんなに並ぶのは久々だぞ。

某げふんごふんリゾートでも並ばんものな。


や〜、キラキラした若い娘さんたちに囲まれていると、何かもう場違いでごめんなさい感満載だが。

とりあえず来月のKUROFUNEの乗船チケット取れたぞ。久々のきみちゃん。

イベントは夜からなので、昼間はばりばり働くぞい。
↑単にその頃修羅場なだけ


余談だが、新宿駅にチョッパーが大量発生していた。

【速報】

September 30 [Fri], 2016, 23:51
つーても昨日のことですが。

キャストオフしてから1ヵ月と1週間。

病院の先生に

「もう来なくて大丈夫だよ。」

と言われましたー!!


ただし…

ここ1週間、痛いです。すごく。


「あんまり痛かったらまた来てね。」


わかりました(笑)

素敵なステッキと小林製薬。

August 22 [Mon], 2016, 2:23
いよいよワテクシのキャストオフの日が近付いてまいりました。てか今日だけど。


ソーバグライダーフォーム御目見え間もなくです。

本当ならもう爆現している筈だったのですが…一週間目の検診の時…

「ん〜、外すのね、19日なんだけど、お盆休みだから…22日だね。延びる分には構わないから。」

いやあのワタシが構うのですが。

…とは口に出して言えない…。


とりあえずその日は、ギプスの指に当たる所を調整してもらって、松葉杖を返却しました。

ギプスってハサミで切れるのな!!

…痛いの我慢しないで自分で切っちゃえば良かったか?
↑色々初めてで勝手がわからないので、そんな度胸はない


ギプスが当たってかぶれ気味だったふくらはぎですが。

こちら、前述のアセモアにお世話になりました。

要はスプレー式のシッカロールなのね。

何回かやってるうちに慣れて、上手くギプスの隙間から中に吹き付けられるようになりました!!

勝手にやっていいのか悪いのかは不明ですが(^^;;

や〜、かぶれもすぐ治ったし、以降、かゆみも出ません!!

さすがは逆子も直す小林製薬!!!←違
それはこばゆただよ。
イベントで妊婦さんがお腹を撫でてもらったら、次の検診で逆子が直っていたそうな。
慣れない育児で、子供もかかってない手足口病にかかってしまったママさんも握手したら治ったらしい。
凄いぜ小林製薬!!←違


で、松葉杖は返したのですが、やはり、階段の下りや坂道や、変な傾斜のある歩道や野生電車の揺れや、何よりツッコんでくる通行人が怖いので、杖を買いました。

猫仔が骨折する度に使ってた杖があったのだが、パピィが伯父さんに勝手にあげちゃったんだもんさ。

本当は派手な紫のグラデの花柄のが欲しかったのだが、まず最初に使うのが、遠くに旅に出ちゃった従姉ちゃんのお見送りなので、派手な花柄は…なあ…と思い、無難な黒にしました。

しかし、ワタクシの私服はほぼ黒(持ち物は派手な色が好きだが)。

絶対、黒パンツに杖が溶け込んでる。
立ってたら杖持ってるのは見えないかもしれない。


例えば23日間通勤、及びその他の電車移動で席を譲られたのはたった一度だった。

ついでに、座ろうとした席に先にツッコんで来られたのが3回あった。


いや、別に譲ってもらおうとは思ってないけどさ。


まあ、一番の目的の足回りの強化には十分役に立ってるからいい。


今日、ギプスが外れれば、杖さんもお休み突入。


手が滑って傷にしちゃったグリップは手入れしてからしまおう。

掘ってる!!掘り進んでる!!

August 05 [Fri], 2016, 0:29
先週の金曜に身動きできなくて、とりあえず1日寝くたれたからか、一気に治癒したと思われた大量の口内炎だが、何の因果かストレスか、日曜にぶり返して現在再び大量発生中。

風邪も藥効いてる間はいいんだが、良くなってる感じがしない。

そして昨日に比べ、口内炎の穴が明らかに大きく深くなっている!!

順調に掘り進まれている!!

特に両頬の内側(外側にあったら口内炎じゃないか)と喉がよく捗ってるらしい。

顎下リンパが腫れてるせいか、頭も痛い。

そしたらマミィが全く同じ状態らしく、今朝は二人で無口だった。

喋ると痛いんだよ。

歩く震動でも痛いんだけどさ。

食べたものひっかかったりするしさ。

昨日は唐辛子が穴にひっかかって悲しくなったよ(笑)

あと、結構重労働なのが、ストローでちゅーちゅーすること。

これ、明後日までにどうにかなるのかな?

てか、明日会議やん。

ちゃんと説明できるのか?

因みに昨日の会議はオイラ、むちゃくちゃだったと思う…○| ̄|_


あ、足の方だが、今日も昨日も誰にも譲られなかった。

昨日は角に座っていたお子さんを膝に移動させて(多分オイラのために)空席を作ってくれたお母さんがいたのだが、前に立ってた若いあんちゃんが座った。

ごめん、もたもたしてて。

そうだ、地上行きエレベーターを心配した半蔵門駅だったが、駅中央と、渋谷側にあって、まあ勝手が良かった。

ただし、改札からホームに降りるエレベーターが落とし穴だった。


移動前にちょっくら厠所に寄ろうかな、と思って、ここでちょっとあったのだが、それは後にするとして、厠所を出てホームに行こうとしたら、エスカレーターが上りしかない!!

うっ!!

この狭い階段で、今、電車が入ってきたらオイラチョー邪魔者!!

で、ホーム行きエレベーターを使おうとしたら…改札を出ないといかんのだ!!

駅員さんに事情を話して出してもらったら…ホーム行きエレベーターはそれ専用で他に何もなくどこにも行けない改札の中に隔離されていた!!

エレベーターぼっち!!

ぼっちエレベーター!!


駅の造り(とっても狭い)の関係もあるのはわかるが、これは本当に不便だなあ。

しかし!!

これよりもアレだったのは神保町駅!!

学生時代もその後も散々お世話になっていたが、人間、その立場にならないと本当に気づかない。

今回初めて知ったよ。

地上行きエレベーター、三田線の端っちょにしかないじゃん!!

いいのか、そんなことで!!

3路線乗り入れていて、利用者も多いだろうに。

利用者がみんな体力余ってる学生ばっかじゃないぞ。

何故か半蔵門線の松葉杖率すげー高かったぞ。

これ、今、工事中のA8出口にエレベーターつけるのかなあ。

エレベーターのあるA9出口と大して変わらん場所だけど。


駅の厠所での出来事だが。

厠所に向かうオイラの前をすたすたと掃除の人が歩いていて、オイラはその人について厠所に入る形になったのだが、お掃除の人は何の躊躇もなく真っ直ぐに、ただひたすらに、自らの任務を遂行すべく、唯一空いていた洋式厠所に入り、扉を閉めた。

恐らくあの中で彼女は汚れを駆逐すべく頑張っているのだろうが、そこを使おうと思っていたオイラはどうしたらいいんだ?

今、一度。

今、一度振り返って、利用者がいるかどうか確認しようよ!!

これはオイラが今、怪我人だから言うんじゃなくな。

オイラはたまたまちょっと寄ってこうかな、レベルで急を要する訳じゃなかったからいいけどさ。

これ、足や腰を痛めていて洋式にしか入れない状態の人がOPPの緊急事態だったらどうするんだ?

掃除の前には今、一度!!今、一度振り返ってくれ!!

その一動作がOPPを救う。


現在、うちのなちこがOPP。

病気的なものではないそうで、食欲もあって元気だが、お薬で治療中です。
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像yuki-hayashi
» 捨て置かれたチェイスを拾う。 (2015年07月18日)
アイコン画像うるふ・ひつじ
» 捨て置かれたチェイスを拾う。 (2015年07月18日)
アイコン画像yuki-hayashi
» 賞味期限。 (2014年11月29日)
アイコン画像ドカ人
» 賞味期限。 (2014年11月29日)
アイコン画像阿彪
» 届く時は、まとめて届く。 (2013年04月13日)
アイコン画像うるふ・ひつじ
» 届く時は、まとめて届く。 (2013年04月07日)
アイコン画像阿彪
» ゆるゆる。 (2013年01月02日)
アイコン画像うるふ・ひつじ
» ゆるゆる。 (2013年01月02日)
アイコン画像阿彪
» 二つが一つ〜♪ばろろ〜む〜♪←違 (2012年11月06日)
アイコン画像うるふ・ひつじ
» 二つが一つ〜♪ばろろ〜む〜♪←違 (2012年11月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuki-hayashi
読者になる
【Amazon.co.jp★送料無料】難病仔猫トゥポル 「余命3カ月」から生還した奇跡の記録・価格・1000円(+税) 【楽天ブックス★送料無料】難病仔猫トゥポル 「余命3カ月」から生還した奇跡の記録 [ 寺川枝里子 ]価格・1000円(+税) 重度の漏斗胸により、余命3か月と診断されたノルウェージャンフォレストキャットの仔猫・トゥポル(性格・お気楽)。 飼い主である漫画家夫婦とネットでつながった猫仲間たち、心優しい獣医師さんたちとの出会いによって、病を克服する姿を、ほのぼのとしたタッチで描きます。
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yuki-hayashi/index1_0.rdf