トイプードルを迎えるにはトイプードルを知ってからがいい!

May 26 [Thu], 2016, 15:16
トイプードルを飼うことになったのは楽しみだけど、
ペットショップの店員の言う通りにすべてのグッズを買っても
本当に使うのか?使えるのか?考えてしまいますよね。


人気のレッドのプードルだって、かなり高かったし、
大きい物は最初に用意しても、
あとの小物はできれば様子をみて
徐々に買い足してもいいのでは?という考えは正解です!



毎日ワンちゃんに触れて仕事をしている
トリマーだからこそわかる
本当に必要なものと、ぜひ準備してほしいもの、
そうでないものをあげてみました。



まずペットショップで勧められて買うべきもの


・サークル(ワンちゃんの住まいになる)

・クレート(ケージ)

・トイレトレイとペットシーツ

・食器(水用 ごはん用)

・スリッカーブラシ

・おもちゃ

・歯磨きシートか歯ブラシ



将来的には家中フリーにしてもいいという場合でも
サークルは用意するべきです。



サークルに入っておすわりすれば、ご飯やおやつをもらえる、
また、サークルにいれられてドアを閉められたら寝る時間とか
お留守番のはじまりなど



だんだんと理解して、わんちゃんも自分の部屋、
安心できる場所とわかり、しつけができます。



食器はもちろん代用もできますが、
ステンレス製だと割れる心配がないとか
ガツガツ食べるワンちゃんには重くて安定感のある
陶器のものだと動かなくて食べやすいです。



スリッカーブラシとはトゲトゲしたブラシです。
赤ちゃんの細い毛は毛玉になりやすく、
固くなった毛玉を解くのはすごく痛がるので
ブラッシングが必要です。



もしブラッシングに慣れていなくて、できなくても
定期的にワンちゃんを膝に乗せてブラッシングのまねごとだけでも
して、じっとしていること、ブラシに慣れさせることが重要です。



ブラシとまったく同じ理由で歯ブラシは必要です。
若いワンちゃんで黒い歯石が歯に密着している子や
歯石と歯槽膿漏で悪臭がするワンちゃんも多いです。



口に触れられることや、口に何かが入ることに
小さい頃からなれさせる必要があります。
仕事で歯磨きを依頼されることも多いですが
口に指を入れられるのを嫌がって、噛んでくるワンちゃんもいます。



獣医さんへいっても嫌がる子だと
検査もできず、治療もできない・・・では本当に困ります。 


次にペットショップで勧められても買う必要がないものは



・ベッド

・爪切り

・ハサミ


赤ちゃんの頃、犬用ベッドは粗相してしまうことも多く
洗濯しても乾きにくいため、最初のうちは
何かの景品でもらったフリースのひざ掛けくらいでいいのです。


爪切りは絶対いらないと言ってもいいと思います。
動く犬を相手に初めての爪切りをすると
ワンちゃんも怯えるし、深爪して出血することもあります。



毎回格闘しつつ爪切りを続けていると
爪切りを嫌いになってしまい(好きな子はいませんが)、
美容室でもトリマーを噛んで抵抗するほどになってしまいます。
爪切りはぜひプロにまかせましょう。



ハサミも爪切りと同じく、慣れないひとが
動くわんちゃん相手にカットするのは危険です。



最後にペットショップでは勧められないけど用意してほしいもの



床に敷くジョイントマットやラグマットです。



毎日トイプードルをお手入れしていると膝関節が
はずれやすいワンちゃんや、



飼い主さんがお迎えに来ると
縦にぴょんぴょんにジャンプして、腰や後ろ足に
負担をかけるワンちゃんを多く目にします。



飼い主さんのなかには、床暖房の効き目のことや
ラグマットは衛生的ではない、ジョイントマットは
保育園みたいで、部屋の雰囲気がよくないなど
何も準備しない家も多いです。



そういったお宅に私がおすすめするのが
ワンちゃん用滑り止めワックスです。



半年に1回くらいを自分で簡単に塗り直しをして、
ジョイントマットもおしっこをされてしまうラグマットも
いらなくて、見た目も何の変化もありません。



トイプードルや小型犬は膝のお皿がはずれやすいし、
先天的に弱い子も多いです。
ペットと長く、楽しい生活を送りたいなら
ぜひ床の対策はなさってください!


ちなみにうちでずっと使っているのはこちらです。
テレビやペット情報誌で多く紹介されていて人気です。
成分など詳しいことを知りたいならこちらです↓↓
【滑り止め用】フローリングワックスワンにゃんワックス