【 更新情報 】

特選情報公開中!!


簡単ヘアアレンジ - 夏ゆかたに合うヘアスタイルカタログ

浴衣の髪型アレンジ男性編

今まで女性が浴衣を着た際の髪型アレンジ方法を紹介してきましたが、男性だって浴衣を着ますよね。男性が浴衣を着た時に髪型をどうすればよいか・・・特に変えなくてもいい、普段通りでいい、という考え方もあると思います。そもそも浴衣というものは「浴」、つまり風呂に入った後に着る「衣」なわけで、必要以上に髪の毛をゴテゴテと飾り立てるのはおかしい、という事もあります。今の時代、浴衣は1つのファッションアイテムになっているので、そんな無粋なことを言っていてはつまらないのですが、男性にこそ風呂上りの洗いざらしの髪型で粋に浴衣を着こなして欲しいな、というのが個人的な考えです。でもそれじゃあつまらないよ、という方には普段と違う、緩めのアレンジを加えることをオススメします。例えばある程度長さのある方が普段はワックスで固めている場合、浴衣の時はあまり固まり過ぎないムースを少しつけてブローする、といった感じです。濡れた髪の毛にムースをつけるとどうしても固まってしまいますので、ふわっとした自然な感じを出すには完全に乾いた状態の髪の毛にムースをつけるのがポイントです。ムースは容器から出した後にふわっと膨らむので、どうしても出しすぎ、つけすぎになってしまいますので、少なめにつけることを意識して下さい。逆に普段短めの髪の毛で洗いざらしのような髪型の方は、固めのワックスでツンツンに立てて気合いを入れたアレンジをするのも面白いかもしれません。つまり男性は普段と違う髪型で意外性を出す、というアレンジが私はいいと思いますよ。

浴衣の髪型アレンジショート編

「自分はショートヘアだから浴衣を着ても髪型のアレンジのしようがない!」と思っている人もいると思います。しかしショートでも簡単にアレンジする方法はあります。1つだけここで紹介したいと思います。まず、出来るだけ固めに仕上がるワックスを用意して下さい。ちなみにヘアワックスは男性用、女性用と分かれていますが、男性が女性用を使っても、女性が男性用を使っても何の問題もありません。この場合、男性向けの固めに仕上がるワックスを使うのがむしろオススメです。このワックスを髪の毛全体に馴染ませるようにしてつけて下さい。コツは髪の毛にべったりつけるというよりも、根元から髪の毛を立てていく感じ、頭皮を揉みこむ感じを意識してつけることです。次に襟足の髪の毛を左右に分けます。これを耳の後ろまで持ってきてねじりピンで留めてしまいます。前髪は右でも左でもいいので、コームで分けて下さい。ワックスをあまり髪の毛にべったりつけてしまっていると、ここで中年親父の七三分けのようになってしまいます。ここが最大の注意点です。根元からワックスをつけていると、ふわっとボリュームが出て自然な感じに仕上がります。あとは髪の毛全体のバランスを見て髪飾りなどを留めて完成です。より一層ボリュームを出したい場合は、ワックスをつける前にドライヤーでブローをしておくとより効果的です。ショートの方はどうしても髪の毛のボリュームが少ないので、髪飾りは大きめのものをつけるとかわいらしく見えると思います。

浴衣の髪型アレンジミディアム編

ミディアムとなるとセミロングよりも若干短いですね。耳の下あたりまで、といったところでしょうか。この長さの髪型だと、あえて何もせずにそのまま、というのもアリだと思います。無理してアレンジする必要もない、という考え方もあると思いますしね。それでもやはりせっかく浴衣を着るならかわいい髪形にアレンジしたい!という方に、簡単に出来てしまうヘアスタイルアレンジ方法を紹介しちゃいましょう。それはズバリ、付け毛を使ってボリュームを出す方法です。まず後ろ髪をまとめてゴムで留めてしまいましょう。留めきれない部分はピンで抑えます。次に、耳から上の部分の髪の毛を後ろに引っ張り、これもピンで留めてしまいます。前髪と頭頂部ですが、これはこの時点では逆毛にアレンジしておいて下さい。これは後からまた手を加えます。いよいよここで付け毛の登場です。耳から上の部分を後ろに流してピンで留めた場所にアメピンで付け毛を留めていきます。どのくらいの付け毛をつけるかはお好みで。あとは全体のバランスを見ながらUピンで留めて下さい。最後に前髪と頭頂部は逆毛にしておいたので、これをコームでバランスよく仕上げて完成です。これ以外にもミディアムヘアをアレンジする方法はたくさんありますが、付け毛を使うと出したいボリュームも自在に出せるので、オススメですよ。

浴衣の髪型アレンジセミロング編

セミロングのいいところは、まとめ髪などにせず、そのまま下ろしたアレンジも、まとめ髪のアレンジのどちらも表現出来るところです。ロングの髪形の人が髪の毛を全部下ろしていると浴衣にはあまり似合いませんが、肩や肩下あたりまでのセミロングであれば似合います。日本人形の髪型を想像してもらえばわかりますよね。特に小さなお子さんがおかっぱ頭で浴衣を着ているのは見ていてとてもかわいらしいものです。また、セミロングの髪の毛が汗で首元に張りついていたりすると、そこはかとない色気を醸し出したりしますよね。セミロングは毛量も少ないので、ロングとは違って「ユルめのアップヘアスタイル」にすることをオススメします。ユルめ、というのは作りこみ過ぎない、という意味ですね。まず髪の毛を軽く濡らし、耳のラインを境目に髪の毛を前後に取り分けます。後ろ半分をゴムでポニーテールに結びます。この際上の方で結び目を作ることがポイントです。残った前髪は編みこみ、Uピンで留めます。最後にポニーテールの部分を逆毛にして小分けにし、適当に散らしながら小分けした毛束をUピンで留めて完成です。ポイントはこの「小分けした毛束を散らす」というところですね。これで程よいルーズ感が出ますよ。

浴衣の髪型アレンジロング編

浴衣を着る場合に何だかんだ言っても一番アレンジに応用が利くのはロングです。浴衣を着る場合に限らず、ロングは髪の毛の長さがある分アレンジの幅は広がりますよね。一番シンプルなのはヘアのトップで1つのお団子を作るヘアアレンジです。これは簡単で誰でも出来ますし、ある意味「日本の浴衣美人」って感じですよね。シンプルな髪型なので、髪飾りにかわいいものを用いることによって変化をつけたりするのがオススメです。浴衣の色や柄と合わせてアレンジするとベストですね。個人的には夏らしい、涼やかな髪飾りなんか素敵だと思います。小さなお子さんで髪の毛がロングの場合、左右に分けたおだんごヘアーにしてあげると子供らしくてかわいいですね。1本、あるいは2本の三つ編みにしてあげるのもいいと思います。いずれにしてもロングの場合はまとめ髪にアレンジした方が涼しげな印象、清潔な印象を与えてますね。特に今はアップの髪型が流行しています。黒や紺など、濃い寒色系の浴衣を着る場合、あえて夜会巻きのようなアレンジにするのもアリかもしれません。ちょっと派手めメイクと合わせれば、普通に渋谷や池袋の街を歩いていても違和感がないですよね。浴衣を着たキャバ嬢みたいでいいと思います♪
P R