負け犬の遠吠え 

April 17 [Tue], 2007, 13:17
っていう本を自分への誕生日プレゼントに買った。

あ、てかおとつい誕生日だったからさぁ―。22になってしまったよ。もう立派な大人。

14日の夜の11時59分にお父さんから電話があって、「おめでとう」カウントダウンした。ちょっと感動。私のお父さんて本当素敵だわ。

次の日は二人で東京ミッドタウンに行ってきた。ミッドタウンもヒルズみたく、ど―せつまんないんだろ?と冷やかしと社会見学程度にいったのだか、そうとう良かった。食器や雑貨好きにはたまらないね。やっぱ値段高めだけど。全然ゆっくり見れなかったので、また行きたい―。

お父さんに家まで送ってもらい、あっという間の一日だったな―としみじみ思う。

そんな時、メールの着信が。

そ―いや今年は誰からもバ―スデ―メールなかったな―。

フォルダは男の子。でも実際は昔の仲良しさんしか分けておらず、誰も私の誕生日なんて知らないし。
なんだろう。誰かメ―ルアドレスでも変えたんだろうか。

登録していないアドレスだった。

いや、正確には登録を削除したアドレスからだった。
「誕生日おめでとう!
今年も18歳?」

かつての会社の上司からだった。当時「永遠の18歳です」というたわごとを自己紹介の際に私が毎回言ってたのでこんな文面になったんだろう。

上司…というよりは、私が好きだった人。去年結婚してしまった。私はそれを人づてに聞いた。
どうして直接話してくれなかったんだろう…
しばらくはなんだか茫然としてしまって、悲しいとか何も感じなかった。

友達には「遊ばれたんだね。辛いね。」って言われたけど、私はまだ未熟すぎて、遊びという言葉の意味すらはっきり理解できてない。

その後、しばらくは食欲がなくかなりやせた。(が、リバウンドしすぎておばちゃんみたいになってしまった。子供産むとね…油断してるとね…やっぱね…)



誕生日、楽しい一日だったはずなのに、締めは一人でめちゃめちゃ泣いてしまった。

なので結局、家に帰って来てから読む予定だった「負け犬の遠吠え」は、わたしの涙にさらに追い撃ちをかけそうだったので、読めなかった。

でもおめでとうっていわれて嬉しかった。こういう感情をいくつ乗り越えたら、わたしは精神的な大人になれるのだろう。




…次の日冷静になり、鏡の前で、むくんだやばい顔に化粧をしつつ、お腹のお肉をつまみつつ、たまにはショック療法もいいのかも…と思うわたしなのでした。

勝手にOFF 

April 13 [Fri], 2007, 13:36

今日は勝手にオフっちゃってるワタクシ。暇なのに会社なんかいってられるか―的な。



髪の毛を自分でカッティングしたら、うちの子供みたいになってしまった。

うちの子供の髪の毛がなかなか生えてこない。親としてはこれは結構心配なことである。

早くかわいいリボンなんかを頭につけてやって、ちょっと痛い親子が出入りしている、ハデめの子供服店など一緒に行きたいものである。

個人的にはジェーンメープル(だっけ?)の子供服ラインが近々来ると思うのだが―。


となりのリ―マンが結婚の話をしている。何歳でしたいとか今の彼女としたいとかど―とかあ―とか。

いやいや、今の私に「結婚」て幸せ言葉自体禁句なんで。どこに不幸のどん底にいる人がいるかわからないんだから、多少は気を使っていただきたい。

お前ら結婚してもいいけど、不幸になってしまえ―(笑)


そういやうちのお父さんがこないだあったとき、

「大きな地震でもくればいいのにな。地震はみんなに平等だから。」

っていってたな。

きっと親子だから似てるんだね。

つづき 

April 12 [Thu], 2007, 19:43

この葉っぱは食べてもいいんだろうか?

今日のはなまるカフェで「おいしいサンドイッチの作り方」てのをやってたので、すごいサンドイッチが気になる。

ただ具をはさむだけじゃないのね。奥が深いわ―。サンドイッチ。

はなまるでやっていた、エビカツサンドは週末試してみるつもり―。

でかいってば! 

April 12 [Thu], 2007, 19:23
アフタヌーンティーセットを頼んだら、こんな立派なものがでてきたんだけど、どうしよう…。

まだ薄着するには早い! 

April 12 [Thu], 2007, 13:54

「さくらが散った=暖かい」

わけじゃない…寒い…


今日は定期が昨日で切れて、最寄り駅から新しい定期を買うお金もないので、ジャスコの無料バスに乗って品川駅まできた。

ちょうど昼時なのでセントラルガ―デンには芝生でお弁当食べてるOLや桜の木の下でまったりしてるス―ツのサラリーマン達がかなりいっぱいいた。
平日なのに、ぱっと見お花見しちゃってますみたいな…
これは全国的にみても特殊な光景だと思った。


今度一人で来ようと思う。
また楽しみが増えちゃった♪♪♪


て感じで…ノ―スリにカ―ディガンのみでは寒さが身にも心にもしみまくり…


駅の楽しみといえば、やっぱり本屋。内の本屋は、マニアックな品揃えがたまらない。
そういえば私、中学三年間のあだ名は「マニア」だったっけ…

セ―ラ―ム―ンカ―ド集めてたから?なぜそう呼ばれていたか今でも理由は不明。
確かに何かを集めるのは嫌いじゃないので、マニアなのは認めてもいいが、オタクでは決してない。

ちなみに今集めてるのは、ペプシ買うとついてくる、どこかの有名な鍋のマグネット。ね、結構お洒落なマニアでしょ?(自分でいっちゃったけど)

オタクはやっぱきもいだろ―。

でもそういう人を主人公にした本が最近増えてる気がする。本がでるってことは読む人がいるわけで…でもマニアがこんなに身近になるずっと前からマニア張ってる私としては、そこはもちろんスルーで、どうしても130R板尾の「板尾日記」とか「板尾日記2」とかが気になってしまう。


その他、気になった本

「博士の異常な健康」 水道橋博士

「放送禁止影像大全」

「ませた子供がいいそうな一言を考えよう」

「死ぬかと思った7」(他のは全部読んだので)

「JJ 5月号」

など




さ―会社にいかなくちゃ。

Mさん 

April 12 [Thu], 2007, 0:49
昨日までのあらすじ↓

比較的不規則な仕事をしているY(22才・仮名)
ここ一ヶ月ほど、まともに仕事をふられていない。広い意味での放置プレイ。
気付くと社内のカフェなどでまったりしてる。
周囲もそんなYの存在にほぼ気付いていない。
(たぶん)
そんなおり、いよいよ仕事が忙しくなるという空気がYの周りにも漂ってきた。シフトがでたのだ。そしてYの運命はいかに…!?

第103話「M氏とわたし」

ついにわたしの直属の上司が決まりました。

そんな大袈裟なものでもないですが、さっき出張所から電話があり、Mさんの下に付いてくださいとのこと。

Mさん…知らない。まだ見ぬ上司に早速電話したわたし。それにしても長いお休みだった。今更働きたくね―。

「あ、お疲れ様です―。Yです―。本日からMさんについて仕事することになりました―。早速ですが何かありますか―?」

「あ―。そうですか。
今、特に指示することないんでまた連絡します。」


ってなわけで、今日もOFF。夜の新橋に繰り出したのでした。

おはよー!腹筋やっちゃった! 

April 11 [Wed], 2007, 11:08
朝起きて昨晩のつたない記憶をたどる。

つきあい的なお寿司を食べた。そして日本酒も良識の範囲で飲んだ。
その後別のグループのカラオケに行く予定だったが、今は亡き恩師にかつて「おまえは人前では歌うな」とさとされたことを思い出しやめた。タクシーに乗り込んだのは2:30くらいだっただろうか。そのあと家に帰って死んだように寝た。

なんで、ちょっと今朝はけだるいのね。久々に飲んだせいだろうか。

本当は昨日の夜、仕事上での愚痴を書き留めておくつもりだった。

簡単な内容としては、

『上司の昼食のお使いでおにぎりを買ってきたのだが、まずしい自分では買えない「ファミマの牛ステーキおにぎり」を買ってきた。自分で買ってきたけど食べれない。惨めだった。私って本当にかわいそう。』

みたいな感じになる予定だったのだが、夜、そんなおにぎりなど足元にも及ばない寿司を食べたので、もうどーでも良くなっちまった。うちの上司がいかにひどいか語るチャンスだったんだけどなー。


朝があまりにもさわやかだったので、とりあえず今日も腹筋だけはしておいた。





カフェ パウリスタ 

April 10 [Tue], 2007, 19:30
食べ物が恋人な私。

さっさと会社を切り上げ久々にバリウスタでケ―キ的な感じで―。

写真はウインナ―コ―ヒ―とザッハ。





ちなみにコーヒーもケーキも二つ目。



おなかいっぱいー。

ショップバックの使い道 

April 10 [Tue], 2007, 9:45

ショップバックがたまってきたのでノートにはってみた。



時間があるので、もてない女の定番(個人的意見ですが)、資格に挑戦しようと思う。
秘書という響きに憧れて、秘書検定をうけることにした。





会社いかなきゃー。

18歳のキャバ嬢と楽しく生理を乗り切る方法 

April 10 [Tue], 2007, 0:44
ちまたのお水の間では、ついに平成元年生まれが入店してくるという話題でもちきりだが、じゃあ昭和元年生まれって一体今いくつになってしまったのだろうか?

答えは81歳。

まぁそんなじいさん、ばあさんのことなどどうでもいいのだがー。

ちなみに情報元は区役所の満年齢早見表だ。暇だったから自分で計算したとかでは決してない。

今日は区役所に児童手当などなどの手続きをしに行った。
娘を実家にあずけているのだが、児童手当を申請するよう、母に重ね重ね催促されていたのだ。

連日、執拗なまでの電話がつづき、ついには「お宅の娘さんを宅急便でそちらに送り返しますよ」とかいいだした。その後では娘が、喜太郎にでてくる妖怪のようにひたすらケタケタ笑っている。
危ない…。このままでは娘がク―ル宅急便に、「お中元」ののし付き合いで、うちに届いてしまう。
そんなわけで重い腰をあげ区役所に行くことにした。
あ―めんどくさい。

まあもらえるものはもらっといたほうがいいんだけどさ。役所系って絶〜対1度で手続き終わらないでしょ。書類の不備だとかなんとかいちゃもんつけられて、最低でも2回、ひどいときは3回…

まあ実は今日は二回目で、無事書類も通ったけどね。
そして3時ころゆっくり会社に出社。

なんでお台場には平日の昼間から、オシャレカップルが多いのか、とか、ゆりかもめは乗り心地悪すぎ、とか、海沿いのマンションを眺めてセレブはいいよなっとかって、今日も世の中に不満を貯めつつ出社。

この時期仕事もあまりないらしいのでお弁当を食べる。その後、出張所から本社に出社しいろいろしているとこに、気になる上司が中国出張から帰ってきているのを発見!!

かなりテンションがあがる。

声をかけたくて後ろから接近するも、気の利いた会話が思いつかない。
そんな時、

「今体調悪いから、あっちいっててくれる?」

一気にテンションが下がる。下がるどころかそうとう落ち込む。
…私って…そんなに嫌われていたのか…

8時半頃、特に何もないので、家に帰ることにした。

ナプキンがきれてしまっていたので、めんどいながらジャスコに買いに行く。
でも生理中の時のナプキン選びって結構楽しいー。最近、生理中のみ黒のパンツをはくというシステムを導入したため、洗濯がかなり楽になった。みんなにもぜひ勧めたい。しかもこのシステムは、いかに黒でおしゃれなパンツを選ぶかに命をかけているため、生理がそうとう楽しいイベントになった。

明日、早いんでもう寝よう。髪の毛乾かさなきゃ。






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukariworld
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる