日本人的な発想でいい加減な文章を作らない

September 29 [Sun], 2013, 22:01
ひとまず逐語訳することはやめて、アメリカ流の表現を取り込む、日本人的な発想でいい加減な文章を作らない、よく使われる表現であればあるほどそのまま日本語の単語に置き換えてみたとしても流暢な英語にならない。
最近人気のあるロゼッタストーンは、日本の言葉そのものを用いずに、習いたい言語にどっぷりと浸かりその言語を備えていくダイナミック・イマージョンと呼ばれる学習方式を登用しています。
英語を自由に使えるということには、最初に「英文を解釈できるための文法」(文法問題を読み解くための詰め込み勉強と区別があります。)と「最低限の用語知識」を修めるだけの研鑽が有効です。
暗記ばかりをすることでその場しのぎはできても時間がたっても英文法というものは習得できるようにならない。それよりも身について、あたかもジグソーパズルのように思うことができるような力を着実に手に入れることが大事なことなのです。
初級者向け英語放送(VOA)の英語によるニュース番組は、TOEICに度々出題される政治や経済の問題や、文化や科学に関する語彙が頻りと出てくるので、TOEIC単語の勉強の手立てとして実用的です。
いわゆる英会話において、リスニング(ヒアリング)できる事と会話ができる能力は定まった光景によらず軒並み全ての意味合いを補えるものであることが必須である。
元より直訳はしないようにして、アメリカ人の表現自体を盗む、日本人の発想で適当な文章を創作しないこと、よく使われる言い回しであればあるほどそのまま日本語の単語に置換しても一般的な英語にならない。
いったいなぜ日本人というものは英語でよくいう「Get up」や「Sit down」といった言葉は2つの語を離して「ゲット・アップ」「シット・ダウン」と言う風な感じに発音しがちなのか?こういった語句は「ゲラッ(プ)」「セダン」等と言う方がよい。
よく知られているYouTubeには勉強の為に英語の指導者や講師グループ、一般の外国語を話す人々が、英語の勉強目的の英語・英会話レッスン用役に立つ動画を大量に見せてくれています。
スカイプを用いた英会話学習は通話にかかるお金が無料なのでとても節約できる勉強方法だといえます。通学にかかる時間も不要だし、自由な時間にいたる所で勉強にあてられます。
学ぶ為の英会話カフェならなるべく頻繁に行きたいものである。1時間当たり3000円程度が市価、尤も会員費用や入会費用がかかるケースもある。
英会話カフェという所には時間の許す限りたくさん行くべきなのだ。利用料は、1時間当たり3000円くらいが市価、それ以外に会費や入会費用が要るスクールもある。
評判のスピードラーニングは、吹きこまれているフレーズ自体が実用的で、英語を話す人間が日常生活の中で使うような感じの言葉づかいが主流にできています。
ラクラク英語マスター法の方式がどういう理屈でTOEICなどの英語能力テストに向いているのかというと、その理由は一般に広まっているTOEIC試験対策のテキストや受験クラスには存在しない視点が備わっているからです。
ふつう英会話カフェの特色は語学学校の部分と英会話を楽しめるカフェ部分が合わさっている箇所で、無論カフェのみの利用であっても構いません。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yukappiqa/index1_0.rdf