最終結果。

June 14 [Thu], 2018, 0:13
もう一つの合否が出たー。ダメだった…。

もはや誰が受かって誰が落とされるのか、マジ理解不能。
履歴書的に一貫していることが重要なのか、英語力なのか、現場経験者なのか、そのどれでもない気もしてきた。笑

だって、そのどれも当てはまっている人間が落とされているんだもの。私じゃないが。

今までにその試験をパスしてきた人の履歴は正直大差ないものだし。
というか、正直、「え、この人?」っていう人もいた。失礼。笑

うーん、謎。

ま、いいや、これで心置きなく別のところへ行ける。


別の方法でこの業界で仕事を続けようっと。


早く送り出してくれないことには仕事できないので、履歴書の空欄というか、空白時間が多くなるのはあまりよろしくない。
この業界空白時期が長いことは多々あるけど、それでもそうしたくないのに…。

そうするともう一つのオファーを受けたくなるじゃないか…。
ドイツとかフランスとかの先進国を転々と出張できるほうの仕事へ心が傾きそうだ…。




なにはともあれ、仏語をまた再開。またビギナーから。
永遠にビギナーから抜け出せない気がしてきたが、やるしかない。

BBCで聞けるようになったんだから、podcastで同じように3年聞き続けるしかない。
にしても単語力がなさすぎるから、単語をまずはざっと収得しないと。

キクタン久々に購入しようかな。
英語ぶり。

その英語も全部覚えてないというのに。。。


とにかくコツコツコツコツ。
努力に勝る天才なしっ。って思うしかない。地頭が悪くてもなんでも。


************************************
9月まで暇が続いたらホントにICRCの研修受けにジュネーブまで行こうっと。


備忘録:
7月までの目標

PM試験プロフェッショナル資格の取得。
英語ライティングの強化。


やれることからやろう。

昨今の難民事情からの。

June 07 [Thu], 2018, 21:58
非常におもしろい記事を読んだ。

ドイツの極右政党出資のNGOがレバノンで活動しているというのだ。

もちろん極右系統なので、移民を出さないための事業であるのは間違いなく、その根源の想いというのは、私たち一般的人道支援者とは一線を画す。

ある人がコメントにその行いについての懸念を、イラクで活動したしている宗教系団体との比較で表していた。


たしかに。その思想が見え隠れする状況での支援というのは、時にほかの団体を巻き込みながら、負んp状況を作り出してしまう。

私が絶対に宗教系団体に入らない理由もここにある。

宗教系団体の1番の根源は、その布教にある。それはどんなに良い活動をしても、そう捉えてしまうという現実がある。
その結果イラクでは多くの団体がテロの標的になったというのだ。

まぁそれだけが理由じゃないだろうけど、宗教が及ぼす影響は考えている以上に現場ではセンシティブで多大である。

極右の最終的な狙いは移民が出ないようにすることであり、でも、それ自体は実は多くのヨーロッパの政府(ドイツももちろん含む)の思惑でもある。

私たち側からすると一緒にするな、と思うが、
難民側からはどう写るだろうか。

誰であっても支援してくれる人なら正直どんな背景があって、誰であってもいいのだ。

これは真実だ。その証拠に私たちがどの団体の人間か、ファンドがどの政府から出ているのか、なんて気にしたり、覚えてる人はほとんどいない。

それでいいと思う。

できることなら生まれ故郷から完全に違う世界に行き、全く知らない土地で生活して行くということを望まない難民も多い。若者ならまだしも、お年寄りは厳しい。

そして正直支援の先細りによって移住せざるを得なくなった人々もいる中で、
新たに始めた支援であることは、現地にいる人にとては有難い話以外の何物でもない。

ただそのNGOで働いてる人間ももちろん極右系であり、難民を見下したり、傷つけないことを願うだけではなく、そのスタッフ自体も難民のやむにやまれぬ状況を理解する機会になることを願う。

1コ決まり。

June 05 [Tue], 2018, 19:57
ホント決まるときは決まるもんだ。

同じ日にもう一個冗談半分でお願いしてた商社からのお誘いもあった。笑

前に翻訳の仕事をお手伝いしたんだが、なんちゃって英語でも採用につながるとは…。
日本てホントに英語需要がまだあるのね…。びっくり。

でも、丁重にお断りしました。
いやーホントびっくり。もうちょっと早かったら決めてたかもしれない。数時間の差!

まぁ、でもこの業界でがんばりますよ。いくらお給料が安くとも。
いくら過酷な場所であろうとも(まだどこかわからんけど)。

大学院までこのために出たし、この業界で骨をうずめるつもりで転職したんだし。

商社のお給料は魅力的ですが。笑
使ってる暇がない、休みがとりにくい、残業が当たり前という日本社会の仕事はもう無理ですねっ。

そこだけはばっちり欧米化されてる。笑

しかし、ちょっと精神的に不安定になることもあったここ2−3か月。
お仕事をいただけるのはありがたいことです。

まだまだ選べるようなスキルはないですからなぁ。
ま、25歳とかじゃないからこの先あんまり寿退社も産休もリスクが少ないしな、企業も躊躇しない年代になったか?!


さて、これとは別に、大学でどうやら授業を持たせてもらえそう。特別講義。

人間関係って不思議。
たった1年ゼミでお世話になった先生なのに、いまだに連絡をいただいている。

そして大学だいぶOBの先輩方からもなにかというと、野球やらラグビーやら懇親会やらにお誘いいただける。
ありがたいことで。

…誘われて、基本断らないしなっ。

何も言わずブラブラさせてくれる両親や、
いつでも祈っていてくれる友人たちにも感謝だなぁ…。

としみじみ感じた一日だった今日。


提出しないといけない書類を片して、PMと英語の勉強をやりつつ、旅に出ようかな…。←宵越しのお金を持てないタイプ。


*********************************

最近やたらと宣伝してるバチェラーとか言う番組。

ちゃんと全部見たことないけど。CMだけで嫌気がさす。

バチェラー(独身男性)を狙って女性が争うのなんて誰が見るんだろうと思ってたら、
姉が見てた。笑

最近の世相を反映しているのかしら…。
小金持ちの男性を若さと美だけが武器(っぽい)女性が必死に振り向いてもらおうとする。

昨日のクローズアップ現代じゃないが、男女とも相手の年収を気にするようだし、
特に女性は気にするんだろうなぁ…。

ま、結婚のけの字もない私には関係ないけどっ。

求ム、私よりは少なくとも稼いで、自立している日本人以外の男性。笑
あ、理想が高すぎて無理だったのかー。

クローズアップ現代。

June 04 [Mon], 2018, 22:04
アラフォークライシス。

ばっちりその世代。

ワーキングプア。笑
高学歴低所得の典型ですねー。

大学院時代の友人は高所得者もいますけどねー。
ま、選択だろうな、この辺は。専門職でもないし。

今はワークもしてないけど。笑
早く働きたいけども。

そして結婚も考えるのを辞めた。
仕事と天秤にかけて、結局結婚<仕事だから。

今の使命である仕事を辞めてまで結婚することは、ない。
まして子どもは…。

婚活大変そうな人もいっぱいいるけど、そんなにガリガリやって結婚したいのかというと全然だということに気づいた。


婚活、大変そう…。ほんとに。

まさに経済関係で、ネックになってたな、ある子は。
年収に500万以上を希望してたら、婚活サイトも運営してた大手に勤めてる友人に、100万下げないと無理ですよ、と言われてた。

自分が稼げてないものをなぜ相手に要求できようか。。。

平均が400万と言われている中で、500万はすでに平均以上。パーセンテージだけ見ても少ないだろう。。。
そのうち何人が未婚?

しかも、日本人に限ってるし…関東圏のみと限定しているし…大変だ。


私は自分の老後のみをとりあえず考えとこ。


親と同居のアラフォー。今の私。笑

早く出て行こう。。。


きょうだいリスク…。
まさに。笑


友人のとこもまさにこれだな。
ワープア、非正規の姉と、正社員共働きの友だち夫婦。


私は仕事だけは絶対に一生辞めない。


転職回数5回以上のアラフォー世代にたった60万しかもらえないんじゃ、企業は雇わんだろう…。
1人に数百万もかかる採用プロセスがほとんどだろうから…。


よし、定年後一緒に暮らす人を探そう。笑
この前冗談で友人に言われたっけなぁ。自分は既婚で子ども2人もいるのに。くそっ。

とりま、がんばって仕事しようっと。

私の仕事は一生不安定なのは変わらないから、せめてどこでも生きていけるスキルを身に付けねばっ。

倫理観。

May 30 [Wed], 2018, 23:21

おもしろ面接。

May 24 [Thu], 2018, 15:35
さて、就活も一応亀のようなノロさではあるものの進んでいる…ようないないような。

前回は2つ受けて1つは書類で落ち、2つ目は筆記で落ちた。まぁ、やっぱり思い入れも経験不足もあるんで、そうなるわな。

今回は落ちるわけがない、とわかっているところなんだが、一応面接対策もして行った。電車内で1時間ほど。

はじめの質問こそ他と変わらないけど(経歴について)、他は絶対日本では受けないであろうタイプのインタビューだった。

HRの担当者がそもそもフィールド経験者で、HRに特化していないからなのかもしれないが。

フィールドでこういう時にはどうする?というような、マネージメント能力を図るような質問をして来たのが印象的。

噂によると国連のマネージャーレベル(dレベル)になると5日間コペンハーゲンの研修施設で、色々な状況対応を見るような試験だとか。

ともあれ、危険地域での仕事で、ストレスフルになりがちなのはまちがいない。おまけにだいたい1/3は新人(社会人経験はあるが)なため、ストレスにさらされやすい。

例えば、周りで人がバタバタ死んで行くとか、周りを武装集団に囲まれて身動き取れなくなるとか、水や電気が限られていて生活環境が過酷とか。

そういう時にどう対応するか。特にチームメンバーがそういう状況になったらどうするか、ということを詳しく聞かれた。

で、コメントもいただいた笑

共感力が足りないと。
いや、話を聞くってのは私の中で大前提だったのもあり言わなかったら、対応より話を聞くことが重要だと。

まぁ、そりゃそうだ笑

現地職員との距離はとらないといけないと言われ続けているから、さらに共感力が下がる笑

結果はどうだかわからないが、まぁ、大丈夫でしょう。

次は6月の本命結果待ち。
今年で受けられる年齢枠があるため最後だから受かりたいが…。どうかなぁ。経験値はあっても、こちらは英語力重視、学歴重視の傾向にあるから、どうかなー。

ま、とにかく続けるのみ。

ケツの穴がミジンコ。

May 23 [Wed], 2018, 22:15
なんだろ、無責任大国日本。笑

帰国してここ数か月で、財務省、モリカケ、セクハラ、日大アメフト、そして自分の所属先と、
責任者が責任を取らないというこのダメさ。

第三者がマスコミの扇動を批判的に見ても、日大アメフトの件は…もうヒドイわ。
その日大に危機管理学部があるっていうのが、さらに失笑を買う。笑


20歳そこそこの子どもを全面に出させることになってる時点で、オトナの責任が果たされていないと思う。
そしてそれを吊し上げるマスコミも。ひどいもんだ。

悪いことをした、それは反省すべきで、反省している。刑事訴追されれば、どちらにしろ罪を問われる。

指示があったかなかったそれ自体が問題ではなく、したとしても、しなかったとしても、それが誤解を生んであのようなことになったとしても、監督なりコーチなりの責任があるだろうに…。

指示したならその責任が、指示してなくて誤解を生んだら、その指導に責任が。


政治家、官僚の責任を取らないことは今に始まったことではないが、
一般の大学でもこれでは…。



なんか情けない。
同じオトナとして。

保身に走るとだいたいダメなんだなぁ…。


危機管理って、
起こりうることをまず想定し、
事が起こってしまったら事実を認めるコト、
その事実に即してどう対応するか、

じゃないのか? 

セキュリティトレーニングでそう学んだような気がするが。。。


うーん、どこも一緒だなぁ。

最終的に責任を取るべき人間が逃げ回り、結果嘘の上塗り。

ID 2020について。

May 18 [Fri], 2018, 19:39
風邪でまさかの1週間ダウン。
いまもなんとなく熱っぽい。

で、布団の中で寝られないときは、いろんな資料やら動画を見てたんだけど、その中で面白いモノを見つけた。


ID2020、UNが2020年まで?30年だっけ、SDGsの目標の中の一つにあるから30年か?、
とにかく、それまでにすべての人にIDをというので、注目されている。

ブロックチェーンとかIT関係はよくわからない部分も多いけど。

私らのような実行部隊には今の時点での議論はそこまで関わりがないが、とにかく今まで大変だった、「どこのだれ」というのがわかるのは、非常にありがたい。

支援するにもしないにしても、この「どこのだれ」が必要。
だけど、難民や避難民はIDカードを持ち合わせていない場合も多い。

命からがらという状況で、IDカードを持ち出す暇もなかったり、国が混乱の中で生まれた子どもなどはそもそも持っていなかったりと、理由は様々だけど。

で、国連(UNICC)、Microsoft、MercyCorpという大手NGO、Accentureだっけっかなと共同で開発中らしい。


これで、何かを配布するにも、登録するにも、非常に一貫したものができあがると期待。

今まで現場では、ID作成はホント各自だった。
難民ならUNHCRがまず登録・難民カードの発行、
食糧ならWFPが個別のIDカードと光彩でのクーポンの支給、
うちらですら、もともとのIDカードからの個別クーポンやカードの発行をしていた。


これらが、一元的に管理発行使用となると非常に効率化すると思う。
けど、その一方でなにかしらの問題はないんだろうか。


管理をするモノがこの4者に限られるというのは、危ない気もする。
国連以外は利益団体だったり、パートナーだったりする。

平等に使われるような仕組みと、情報をとにかく悪用されない仕組みが必要だろうなぁ。

難民であることでIDを発行され、それによる不利益をこうむることがないように。


さて、上記のMercy Corp、ヨルダンのLivelihoodで非常に挑戦的でおもしろいことをやっていた。


書いたっけっかな?
備忘録として残す。


どうやって難民ともともとの住民両方がwinwinになるようなプロジェクトができるか、ということ。

前提の調査になんと2-3年を費やしたっていう。…すごいわ。こういうプロジェクト、やってみたいねぇ。
もはや数年単位じゃなくて10年単位だから、開発に近いけど。

前提の調査によると、ヨルダンはオリーブオイルや乳製品(おもにヨーグルト)をシリアから輸入していたようだ。
けど、シリア危機でその供給はストップ。

その後シリア難民が流入し、同じような食を共有するため、上記2つの製品の需要は高まるばかり。

そこでMCが考えたのは、生産から消費までを国内でやるということ。

難民キャンプの人間を、
難民キャンプ外の貧しい地区に作った?オリーブ畑で、
その地区やその周辺地区の住民とともに、
畑仕事をしたり、
その地区内に同じくたてたオリーブオイル工場で働くことで、
難民もその地区の住民も職を得、収入をあげることができ、
かつそのオリーブオイルを国内で流通させることで、需要を満たす

という夢のような企画。
ホントに夢のような企画。


いやー、MCすごいなぁ。
そこで働きたいとは思わないけどw

こういうプロジェクトは立ち上げてみたいと思うよね〜。

贅沢品=必需品。

May 10 [Thu], 2018, 22:28
今日はこの記事を読んでふむふむとしたので、所感を。


最近相対的貧困がようやく理解されはじめているようだが(いや、まだまだ批判の対象か)、この問題ってやっぱり世界的に広がっているなという話をば。

何が必需品なのか、今もであるがそれでも、昔に比べて各国間の差が縮まっているように思う。

スマホ(携帯)、ネットはもう世界中、たとえ途上国であっても、必需品になりつつある。

どんな僻地でももはや通じないところがないぐらい(軍事的に制限されているところ以外)。ほんとにそう思う。
ジャングルで試したことないけど。

少し前、私が中高生の時には携帯はまだ贅沢品、正直いらないものであった。

でも、今やないと生きていけないぐらいの不便さを感じる。

今回帰国して思ったのは、日本で使える携帯番号を持っていないというこは、もはや転職活動にも支障をきたすということ。

相手には申し訳ないけど、メールと宅電で対応していただこう。笑

ネットがなければもはや活動すらできない。門前払いだ。


記事で言っている例はペットボトルのお茶や水。アメリカでのコーラ。笑

まぁ、アメリカでのコーラはフランスでのワインと同じか。


でも、ペットボトルは本当に無駄なものだと思いながらも、ついつい買ってしまうもの第一位。
お菓子などはほとんど買わないけど、お茶はホントに手がでてしまう。。。

こういう細かい贅沢品のおかげで貧乏になっているなぁ。笑

外にいると贅沢品は買うけど、贅沢品ほど必需品(食品だけなんで、私の場合)だったりする。

日本にいると、無駄なものを本当によく買う気がする。買える環境(アマゾン、zozoは田舎にいるとついついポチる。。。)にもよるんだが。

気をつけてみよう。
久々に家計簿つけてみるかな。

次の試験代を見繕う必要もあるし。
貯金が目減りするしな…。

試験代ももはや必需品じゃないか?! 
英語試験受けてない=ある仕事受けられない。

でも本来ならそうじゃダメな気もするが…。

*************************************

日本でのセクハラの認識って、アラブの国と同じぐらいのように感じるけど?
それぐらい「遅れている」という認識とそれへの危機感が、どうやらこの国のトップには一ミリもないようだ。

ホントにこの国は消えるだろうなぁと感じてしまうんだよねぇ…。
まぁ、国をつくっているのはこの爺どもだけじゃないし、うちらの責任なんだけども。。。はぁ…。


トフル。

May 08 [Tue], 2018, 11:23
点数が結局伸び悩んだIELTS。
解答を見て解説を読むと、納得できるんだけど、パラフレーズ力が足りなかったんだな、と反省。

パラフレーズ力をつける勉強に着手しよう。

昔トフルを勉強してその英語のむずかしさに撃沈したので、敬遠していたが、どうやらトフルのが総合的に見て結果を出しやすいんじゃないかと思い始めた←いまさら!


まぁ、英語はどちらにしろ一生ついてまわるので、今暇な?うちに勉強して基礎固めをもう一回しておくのも悪くないなぁということで、勉強しなおします。


今日からもう一度やること。
1、トフル単語集のレベル4までは暗記&ニュアンス
2、トフルの模擬問題をといていく
3、パラフレーズを見つけるような勉強方法の模索。

ある英語マニアブログにパラフレーズを覚えるというのもあったけど、ある程度の暗記はライティングやスピーキングにも使うので必要だけど、全部覚えるには少々無理があるので、見つけることを意識しようと思います。

ということで、IELTSのリーディングおよびトフルのリーディング問題を解き続けてみます。

来週友人のネイティブさんに会う機会があるかな?その時どうやってモノを考えているのか、文章の読み方なんかについてきいてみようかなー。


努力の方向性が間違っていたとは言わないが(ただ解答してたわけじゃない)でも、足りなかったんだなぁ。

もう提出してしまったものは仕方ないけど、それより武器として使えるものを増やしていこう。


面接まであと1週間。
スピーキングもちょっと勉強しないと。何言うか。
2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像fish
» ハンデ。 (2012年10月04日)
アイコン画像fish
» か…かなしい。 (2012年09月03日)
アイコン画像yukappa
» か…かなしい。 (2012年09月02日)
アイコン画像fish
» か…かなしい。 (2012年09月01日)
アイコン画像かっぱ
» 到着。 (2011年09月18日)
アイコン画像fish
» 到着。 (2011年09月13日)
アイコン画像かっぱ
» 蛙。 (2011年01月13日)
アイコン画像fish
» 蛙。 (2011年01月10日)
アイコン画像かっぱ
» PCがもうだめなのね。 (2010年11月10日)
アイコン画像omi
» PCがもうだめなのね。 (2010年11月09日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yukappa
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・語学-英語勉強中。
    ・グルメ-食べるの大好き。
    ・読書-仕事と趣味の境目がわからない…。
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yukappa/index1_0.rdf