* 

August 05 [Sat], 2006, 17:38
「俺、お前のこと好きだよ」

彼は泣きそうな顔で言った。

「じゃぁどうして?」

私は泣きそうな顔で言った。

「今のままじゃ、いけないと思うんだ」

彼の目に光はなかった。

「そんなの偽善だよ。あたしはそう思わない。」

私の目に光はあった。

「・・・お前のこと、好きだよ。」

彼はそう言って、二度と私と目を合わせることはなかった。

 

August 05 [Sat], 2006, 17:30

想えば想うほどそれは留まることを知らず

彼の笑顔は私の心を縛りつけ

私は解放される術を知らない

愛しく想えば想うほど

彼の罠へ堕ちていく

逃亡 

August 05 [Sat], 2006, 0:53
自分の矛盾を見つめることもできず

人の矛盾に目を逸らすこともできず

過去の風景は瞼に焼きつき

過去の過ちを恐れ立ち止まり

ため息しか吐き出すこともできない

我侭。苛立ち。不甲斐無さ。自己嫌悪。無気力。

堕ちていく自分

現実からの逃避

消滅への憧れ

あおい 

August 05 [Sat], 2006, 0:40
空を見上げると

とても青くて 白くて 透明で

世界はどこまでも続いていた

見つめれば見つめるほど

私の存在が小さく思えた。

私の世界はどこまで続くのだろうかと

私の存在はどこまで大きくなれるのかと

想いはあふれるたびに

青い空へと溶けていった
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuka000
読者になる
Yapme!一覧
読者になる