なた豆歯磨き粉となた豆茶の口臭を消す効果を考える

April 30 [Thu], 2015, 22:43
<リンク:http://www.3a-life.com/products/detail.php?product_id=5
>なた豆歯磨き粉と<リンク:http://xn--3a-p93aub3286eyml.jp/
>なた豆茶の口臭を消す効果を考える危機管理学会は「2020年東京オリンピック・パラリンピック大会実現のための提言」をまとめ6月11日に舛添要一東京都知事に渡した。 大会開催が決定されても必ずそれが実現できるわけではない。過去日本は開催を返上した経験があり、他国でも辞退やボイコットが起きている。IOC(国際オリンピック委員会)が開催を取りやめることも規約上は可能である。 そこで、2020年に大会が開催されるための事前の危機管理、特にそれが起こってしまえば大会が実施されなくなるであろう四つの危機についての対応を提言した。 【開催返上踏まえて】 第1が、東京およびその周辺での大地震である。マグニチュード7級の首都直下地震が30年以内に起きる確率は70%と予想される中、20年までの6年間に当該地震が起きた場合、少なくとも18年以前に発災したなら、むしろ東京復興のシンボルとして大会実施を復興計画に組み入れるべきだが、18年以降に発災した場合には開催返上も想定すべきだとした。 第2が、日本およびその周辺での戦争ならびに国際紛争である。日本は1940年のオリンピック開催を日中戦争の影響で返上している。今回の東京大会を実現させるためには、当然日本および周辺での平和と安定の維持、そのための環境を形成する外交的努力が不可欠となる。 特に尖閣諸島周辺の空域における突発的な衝突とそのエスカレートを防止すべきで、日中両国における信頼醸成装置(ホットライン等)の確立と更なる日米同盟強化による抑止力強化が必要である。また、竹島周辺、北朝鮮に関してもそれぞれの対応が必要となる。 第3が、日本およびその周辺における強毒性インフルエンザ等のパンデミック(世界的流行)の発生である。まずは、大会組織委員会に「パンデミック対策本部」を設置し、15年12月までにパンデミック危機管理計画を策定し、国内外の関係機関との情報・意見の交換を密に行い、状況に応じた対応が必要である。19年から20年に国内で発生した場合には、開催返上を含め判断する。 【尾を引く原発問題】 最後が、福島原発の汚染水処理および他の事故発生である。真の意味で「アンダーコントロール」と国際的に信認されるには、国が主体となる責任を持った汚染水対策と廃炉対策等の実施が必要であり、国際的で政府から独立した機関による環境・食物連鎖への影響・継続的な健康調査等の実施、対策の進捗と調査結果等の迅速で徹底した内外への情報公開が不可欠であるとした。 以上が第1回の提言である。第2回は「大会開催時の危機管理・事業継続」について17年に提言する予定である。想定されるリスクへの対策を着実に実施し東京五輪開催が実現することを期待している。  【略歴】はらだ・いずみ 86年(昭61)慶大院経済学研究科博士課程中退、同年日本国際貿易促進協会入社。NEC総研、NECなどを経て00年国際社会経済研究所出向主幹研究員。07年から日本危機管理学会理事長。東京都出身、57歳。 最終学歴は97年(平9)に卒業した米ニューヨーク大学だ。慶応義塾幼稚舎、普通部と進んだのに海外大学出身なのは、慶応義塾高校を退学しているから。当時の私はやんちゃで、1年生を2回経験してのことだ。その後、大学入学資格検定(現高等学校卒業程度認定試験)を受け、渡米した。 幼稚舎時代からの親友がいる。今や有名な経営者となった日本交通(東京都北区)の川鍋一朗社長だ。慶応幼稚舎は6年間クラス替えがなく、川鍋君とは1年生から卒業まで席を並べた。 川鍋君との思い出は数え切れないほどある。彼の湘南にある別荘に行ったり、よく釣りに行ったりもした。ある年の彼の誕生日には、お父様で先代社長の達朗さんがハゼ釣りの船をチャーターし、みんなで祝った。釣った魚を船頭さんが天ぷらにして食べさせてくれるという、子どもの誕生会らしからぬお祝いだったが、楽しい思い出のひとつだ。 私は6年生の時に母を亡くした。「何か困ったことがあったら言いなさい」といろいろな人に声をかけてもらったが、川鍋君のご両親は、それを本当に実行してくれた人だ。 私はというと、今から思えば、母親がいなくなった影響だと思うが、自分の家で食事をする気がなくなり、ランドセルを背負ったまま、ラーメン店やファミリーレストランに行く子どもになっていた。 普通部に進んだ私は髪を伸ばすなど、その種の“兆し”が表れていた。川鍋君のお母様は見るに見かねて、「うちに泊まりなさい」と誘ってくれた。それから3カ月間、東京・元麻布にあった大邸宅にお世話になった。学校に行く時は、川鍋君と同じお弁当を持たせてくれた。 今や川鍋君も私も経営者となり、相談する仲だ。あの時の恩返しがしたいと思うが、彼の会社も社長業も先々まで安泰そうで、どうお返ししたらいいものか、悩んでしまう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuk9f
読者になる
2015年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yuk9f/index1_0.rdf