他社子供サプリ製品の場合

May 25 [Mon], 2015, 16:55
東芝は医師や介護者らが患者の症状や様子などの情報を共有できるSNS(ソーシャル・ネットワーキングサービス)を開発した。スマートフォンに患者の情報をつぶやくだけで、関係者の間でリアルタイムに共有できる。医療法人や社会福祉法人、在宅医療・介護サービス事業者を対象に、9月から国内で販売を始める。価格は30人規模の法人で、月額3万円(消費税抜き)程度。 医師や訪問看護師、介護士など関係者の間で共有できるSNS。自宅で医療・介護を受けている患者の症状や様子に関し、気づいたことをつぶやくだけで音声と文字で記録する。 記録時間や場所などの情報もSNS上に載せる。今後はシステム内に記録されたキーワードを活用し、データ分析サービスも展開する。 従来、在宅医療・介護の現場では、情報を共有するために患者の自宅に置かれたノートに患者の症状や様子などを書き込んでいた。 ただ限られた時間で多くの内容を記入するのは難しく、リアルタイムに関係者の間で共有するのは困難だった。 今回のSNSを使うと、より細かな気付きや伝達事項も、共有できる。 NTTデータジェトロニクス(東京都千代田区、前川雅俊社長、03・5157・7811)は、マネーロンダリング(資金洗浄)対策システム「オキュラスモニター」を8月に発売する。口座への入出金や顧客ごとの取引を継続的に監視し、疑わしい取引を検知する。銀行や保険など金融業界向けに販売する。価格は1200万円(消費税抜き)から。 振り込め詐欺をはじめとする口座不正利用対策や、マネーロンダリング・テロ資金供与対策、反社会的勢力との取引遮断などに必要となる情報を、多様な検知手法を用いて大量取引の中からせのびーるを効率的に検出できる。既存製品のフィルタリングシステム「オキュラスフィルター」とのデータ連携も可能。フィルタリングで判明した反社会的勢力や公的要人などの顧客属性を活用できるため、疑わしい顧客の取引の監視精度を高められる。 東芝メディカルシステムズ(栃木県大田原市、瀧口登志夫社長、0287・26・6211)は、中古のコンピューター断層撮影装置(CT)を再生・販売するCTリサイクル事業を拡大する。本社・那須事業所のリサイクル施設「3Rセンタ」を近く増床し、CT再生品の生産能力を月3台から同6台に倍増する。新興国の医療機関から再生品への引き合いが増えているのに対応。低価格のCT再生品を投入し、新規ユーザーの獲得を狙う。  CTリサイクル事業では、国内医療機関が新型CTに買い替える際に下取りに出した旧型CTを3Rセンタで再生する。消耗部品など交換が必要なパーツはすべて新品と取り換え、メーカーとしての品質保証を付与した再生品として出荷する。2013年末から現在までに16台の再整備を行ったが、引き合いが活発なことから整備体制を拡充する。 現在102平方メートルのCT整備エリアに330平方メートルのスペースを増床する。交換する新品部品を在庫として保管するほか、再整備に必要な器材を追加スペースに配置しなた豆茶生産効率を高める。中古CTの部品を修理して再利用することも検討しており、今後も施設を順次拡張していく。 同社はCTの高機能機種に強みを発揮し、CT国内販売で約60%のシェアを握る。医療機関は既設CTを下取りに出すことで新機種導入コストを抑えられる。再生品は使用年数や機種によって販売価格が異なるが、定価数億円のCTが半額以下になる場合がある。 これまで価格面から高機能CTの販売が難しかったインドなどから、なた豆ハミガキの通販受注が相次いでいる。再生品の販売先には設備更新時に新製品の導入を提案する。 共立(相模原市緑区、上野賢美社長、042・770・9407)は、セメント残さ液に含まれている水分を大幅に取り除く脱水機(写真)を開発し、受注を始めた。含水率が90%以上あるセメント残さ液を真空状態で高圧を加えて水分を吸引して脱水する。他社子供サプリ製品の場合、脱水後の含水率は70%程度だが、同社の脱水機は25―35%にまで低減できる。脱水したセメント残さは再生利用が可能。今後は塗装やメッキなどの廃液向けの脱水機と合わせて年間10台の販売を目指す。 セメント残さ液はコンクリートミキサー車の内部を洗浄した時に出る廃液で含水率が90%以上と高い。高圧ポンプと真空ポンプを組み合わせた脱水機により、最大1平方センチメートル当たり50キログラムの圧力を真空状態で加え、水分を取り除く。セメント残さ液を水とセメントの固形物に分離し、減容化できる。脱水機は脱水フィルターの大きさによって3タイプあり、価格(消費税込み)は4320万円、5400万円、6480万円。 1号機は日立コンクリート(東京都豊島区)の新砂工場(東京都江東区)に納品した。これまでセメント残さ液は廃棄処分されていたが、脱水機の活用により小さいセメントの固形物を取り出し、再生利用できる。脱水した水もミキサー車の洗浄などに利用可能。セメント残さ液の廃棄処分コストを削減できる。 同社はこれまでに含水率の高い食品廃棄物や生活排水の汚泥向けに脱水機を開発してきた。従来機をセメント残さ液用に改良して大幅な脱水を実現した。塗装やメッキ工場から出る廃液の脱水にも対応し、廃液に含まれる資源と水に分離可能。セメント残さ液に加え、塗装やメッキなどの廃液の脱水需要を開拓する
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuk7k
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yuk7k/index1_0.rdf