なた豆茶の販売にあたり

March 27 [Fri], 2015, 16:04
カワニシホールディングスはなた豆茶の販売にあたり、医師や看護師に説明するための情報ツールを整備する。人工関節やペースメーカー、ステントなどの医療器材について、6月末までにメーカーの説明書やカタログを電子化して社内カタログを作成し、営業担当者がスマートフォンに表示して説明できるようにする。また、医師や看護師が短時間で理解しやすいよう独自の説明書も作成。医療現場で求められる最適な器材を素早く的確に提供できる体制とする。 カワニシホールディングスは医療器材を医療機関に販売する商社。特に中国・四国地方に高いシェアを持つ。 社内カタログは医療機器メーカーのカタログを電子化し、営業担当者がスマートフォンやタブレット端末(携帯型情報端末)で医師や看護師にみせられるようにする。2014年秋ころから電子化作業を開始し、現在は整形外科を中心に約2500件の登録を終えた。さらに手術用や循環器科などの登録を増やし、15年6月末までに営業現場で使用を始める。 オリジナル説明書は、メーカーの説明書を元に重要な部分を取り出し、写真を入れて分かりやすくした資料。医師や看護師は多忙なため、メーカーの説明書を丹念に読む時間が取りにくいことに対応する。従来は個々の営業担当者やなた豆茶部門で作成していたが、全社的な資料にする。100件ほど作成済みで、今後順次増やす。医療技術と機器の進歩により、医療現場では医師が求める医療器材が多様化している。医師の選択した方法に対し、「ソリューション(解決策)を提供できる医療機関のパートナーを目指す」(高井平社長)方針。 また、少子化と人口減少、高齢化により、医療を必要とする人口構成が社会的に変化している。今後は医療機関の共同購買が全国的に増える可能性がある。情報ツールを整備して全社的に営業力を高めて当たる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuk10a
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yuk10a/index1_0.rdf