大杉とクジャ

August 16 [Wed], 2017, 0:34
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬という病名を持ち、カビの一種である白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの部位に感染してしまい、定着する病気の事であり俗に言う水虫のことなのです。
世界保健機関(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波の極度の浴び過ぎが肌に健康障害をもたらすとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で肌を黒くする日サロを使用する活動の禁止を強く世界中に提起している最中です。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓の持っている解毒酵素そのものの生産を促進しているかもしれないという新たな事実が明らかになりました。
「肝機能の減衰」については、血液検査のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3種類の値でモニタリングできますが、ここ2、3年肝臓の機能が悪化している人の数がだんだん増えているということが危険視されています。
くしゃみや鼻みず、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロするような感じなどの花粉症の辛い症状は、アレルギーを誘発する花粉の放出される量に追従したかのように悪化の一途を辿ってしまうデータがあるそうです。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化により血管内の空間が狭まってしまい、血液の流れが途切れ、重要な酸素や栄養を心筋まで届けられず、筋細胞自体が機能しなくなるという恐ろしい病気です。
ともすると「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「取り去るべき」と断定しがちですが、本当のところは、私たちヒトは大小のストレスを抱えるからこそ、活動することができています。
内臓に脂肪が多く付いた肥満があった上で、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2〜3個に当て嵌まるケースのことを、内臓脂肪症候群と称しているのです。
基礎代謝量は睡眠中ではない状態で生命活動を保つ(心臓、鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋緊張の維持等)ために必ず要る理論上のミニマムなエネルギー消費量のことなのです。
必要な栄養素を網羅した食生活や体を動かすことはもちろんですが、身体の健康や美を目的として、欲しい栄養を補うために様々なサプリを使用する事がまったく珍しくなくなったようです。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、臨床データに基づいた研究によって、ワクチンの予防接種効果が見通せるのは、接種日の2週間後から約150日間ぐらいということが分かりました。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、当事者しか聞こえないというタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを利用すると響いてくるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。
脳卒中のくも膜下出血は9割弱が脳動脈りゅうと言われる脳の血管にできた不必要な瘤(こぶ)が破れてしまう事が原因となってなってしまう大変恐ろしい病気として知られるようになりました。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常が原因で発病する湿疹で、分泌の異常の主因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンのバランスの崩れやリボフラビンなどビタミンB群の慢性的な欠乏等が大きいと言われています。
70才以上の高齢者や病を患っている方は、目立って肺炎になりやすく治療が長引くという傾向が見られるので、予防する意識や早めの処置が大切なのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる