値引き交渉の仕方とタイミング

September 02 [Mon], 2013, 15:29
不動産は大変高い買い物ですから少しでも値引きをして購入できれば、その差額は数百万円にもなります。

ここでは、マンション販売の現場を例にして、その値引き交渉の秘訣をお伝えします。

もちろん戸建やリゾート物件でも状況は同じですので応用できるはずです。

値引き交渉できるかどうかは物件によりけりですが、その見分け方を順を追って簡単にお伝えします。

値引き交渉できない時期。


販売して間もない段階では値引き交渉は極めてむずかしいでしょう。

宅地建物取引業法では、建築基準法上の建築確認認可が得られた段階で販売が法律上可能になります。

もちろん、まだ建物が建っておらず、工事の着工もされていない場合が大半です。

これがいわゆる「青田売り」です。

売主や販売業者は、彼らなりのマーケット調査の結果、価格を設定し、「売れるだろうか〜」、「いや、きっと売れるに違いない」といったいろいろな思いで販売をスタートさせます。

当然ながら、営業の現場は、社内で承認された価格を厳守し販売しなければなりません。

よって、この段階で「値引きが可能ですか?」と聞いても、営業担当者からは「(今の段階では)到底値引きはできません、倍率が付くほどの人気物件ですから」といった通り一遍な答えしか返ってきません。

  • URL:http://yaplog.jp/yuioter/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:らんぶる
読者になる
2013年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/yuioter/index1_0.rdf