〜貸金業務取扱主任者〜 専門家の合格法で貸金業務取扱主任者に合格しよう!!

October 24 [Sat], 2009, 14:54


初年度であれば、合格基準が甘い!今がチャンス!!


第2回目の試験は、ビッグチャンスでありながら

ファイナルチャンスだということをご理解下さい。





>>〜貸金業務取扱主任者〜 専門家の合格法の詳細はこちら



3日間程度の努力で、

合格のコツと裏ワザを知りさえすれば、

ほぼ100%の確率で合格します。




『〜貸金業務取扱主任者〜 専門家の合格法』


貸金業務取扱主任者は、初年度であれば、
合格基準が甘い!と容易に予想が出来ることです。

『貸金業務取扱主任者』は、今注目されている大型国家資格で、
半世紀一度のビッグチャンスだと言われています。


去る、8月30日(日)第1回目の試験が終了いたしましたので、
ここで、第1回目試験総括としてお知らせします。
            
全試験50問中47問を「合格マニュアル」でフォローしました。

貸金業法の徹底という意味からもズバリ的中しており、
本試験出題問題50問の的中率94%!

確実に試験に合格したことを意味します!




第2回目の試験は、ビッグチャンスでありながら

ファイナルチャンスだということをご理解下さい。



>>〜貸金業務取扱主任者〜 専門家の合格法の詳細はこちら



新しい試験は、受験者レベル等を探る意味からか、
初年度(1回目、2回目、3回目)は、問題も易しく

「必要人数の合格者を出さなければならない」という
拘束のある初年度は、飛躍的に合格率が高いということです。


参考のために、第1回目試験のデータを紹介します。


第1回目試験:
・受験者数44,708人
・合格者数31,340人
・合格率70.1%

これは国家資格の通例なのです。


初年度試験であれば、
この『貸金業務取扱主任者』を目指している方は、


3日間程度の努力で、

合格のコツと裏ワザを知りさえすれば、

ほぼ100%の確率で合格します。



回り道して、片っぱしから分厚い参考書を覚えるなどの、

多くの時間を費やす必要などありません。


とにかく、3日間程度の努力でも必要な部分だけを理解すれば、合格出来ます!


>>〜貸金業務取扱主任者〜 専門家の合格法の詳細はこちら




<おすすめリンク>

社会保険労務士勉強法「社労士試験にたった169日で合格! “トリプルライセンス”梅田浩一のらくらく勉強法」の口コミ・レビュー

スペイン語講座 - 立体的スペイン語学習プログラム

大学入試センター試験対策勉強法

P R
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ