いきなりですが‥ 

March 21 [Tue], 2006, 17:02
ブログを変えます。

最近ずっとココが不安定だったので
そろそろ変えようかなと思ってました。

1年も経ったし、ってことで。

新しいブログはこちらです。

徒然草@単なるつぶやき

どうぞよろしくお願いします

おはぎを作った 

March 21 [Tue], 2006, 15:22
本当は、今の時期だと呼び名は「ぼた餅」ですね

でも、私は昔から何故か、
餡が上に覆ってあるのが「ぼた餅」で
きな粉がかかってるのが「おはぎ」だと思ってました
私はこの、きな粉の方が大好きなもんで、
小さい頃からのクセで、頭では解ってても
きな粉のほうを見るとつい心でこっそり
「おはぎやぁ〜」と思ってしまうのです

旦那さんの仕事関係のお客様から
時々お米などを頂きます
1ヶ月ほど前だったかな‥もち米を頂きました。
なので、おはぎ作りに初挑戦しました

【今回作った作り方】‥10コ分
もち米‥1,5合
ゆで小豆(真空パックで売ってた物)‥100g
砂糖‥75g
砂糖・塩‥少々
きな粉‥適量

 ☆もち米は洗って一晩水に漬けておく。

 ゆで小豆を、入ってた袋に書いてあった量の
 水・砂糖(75g)・塩を入れて鍋でかき混ぜ
 小豆をつぶしながら煮る。
 程よい固さになったらお皿に広げて冷ます。
 10等分しておく。

 一晩漬けたもち米の、水を切って炊飯器の内釜に入れ、
 水をお米の7ミリ上ぐらいまで入れる。
 そこに塩と砂糖を少々入れ、水を少し舐めてみて
 甘さとしょっぱさが少し解る程度にして普通に炊く。

 炊きあがったら熱いうちに内釜の中で
 すりこ木でお米のつぶが半分ぐらい残るまでつく。
 それからバットに広げて10等分する。
 
 手に水をつけ1コ分のもち米を軽く丸め、
 そのまま平たく広げて、餡を真ん中に置き、
 もち米で餡を包み込み
 きな粉を薄く広げたお皿に乗せる。
 10コ分作ってから、1コずつ丁寧にきな粉を付ける。
 
 私の好みで
 きな粉にお砂糖は入れませんでした。


かーなーり、お砂糖が足りないおはぎになってしまった。。
餡の作り方、袋に書いてある通りにしたんだけど、
全然甘さが足りない。。
私としては、これはこれで美味しかったけど‥
我が家の激甘党男性陣には不評でした。。

次回の課題にしよう

ヘアカラー 

March 14 [Tue], 2006, 11:06
またもや‥さかのぼること先週の話だけど
せっかく撮ったのでコッソリあっぷしておこう。。。

先週末、3ヶ月ぶりに美容院に行った。
しかも3ヶ月前に行ったときはカットだけだったし
パーマ・ウエービングカラー・ヘアマニキュアは
半年ぶり
パーマがないと髪はぺったんこ‥
カラーしてないと‥所々にちらほらと‥白いものが
そしてヘアマニキュアをしないと‥ツヤもなく‥
でも‥寒いし面倒だし、お金もかかるし‥つい放ったらかしで

ってことで、春も近いし演奏会もあるし、
重い腰をあげて‥やっと行きました。


まだらに染まってるように見えるのは
ウエービングカラーだからです。
このほうが髪が伸びてきたときに境目が解りにくいのと、
白いものがまだ少ない私には丁度良いらしく、
自分でも気に入ってます

ちなみに後に写ってるのは
劇団四季のカレンダーで、3月はコーラスラインです。

インドカレー 

March 13 [Mon], 2006, 20:31
あぁ、途中まで書いたところでケイタが帰ってきたから
食事の用意して食べて‥戻ってきて続きを書いて
アップしようと思ったら‥時間切れで全部消えた

でもせっかくだからもう一度頑張って書こう

↓の記事と前後してしまうけど、
11日の夜に、旦那さんがインドで買ってきてくれた
レトルトカレーをみんなで食べた。
辛いだろうと思ったので、私があまり食べられないし
家族だけで食べきれないかと思ったから
前からインド料理が好きと聞いていた姪っ子も呼んだ

画像の一番手前が、生協で買ったナン。
モチモチしてて結構美味しかった
その向こうにある辛そうなのがジャガイモのカレーで、
見た目に反して、それほど辛くなかった。
ジャガイモが美味しかった
そしてその向こう、サラダの右にあるのが
野菜のカレーなんだけど、実はコレが一番辛かった
私は一口しか食べられず、辛いのが好きな旦那さんでさえ
汗拭きながら食べていた。

そして一番奥の緑色みたいなアヤシイ色のカレーは
姪っ子が一番オススメだと言っていたホウレン草のカレー。
しかしなんと、このカレーが一番美味しかった
モツァレラチーズみたいなチーズも入ってて、
(モツァレラチーズではないらしい)それもすごく美味しくて
この日の一番人気だった

一番辛かった野菜のカレーと
緑のホウレン草カレーはMTR社のカレーで
実は結構日本でも売ってることが判明
ネット通販でも買える。
次の日、姪っ子はポルタ地下街の輸入食品のお店で
見つけて買ったらしい
他でもデパートの地下とかでも売ってるらしい

ジュニアオーケストラ 

March 13 [Mon], 2006, 17:34
昨日、12日の日曜に京都コンサートホール
京都市ジュニアオーケストラのデビューコンサートがあった。
それにケイタも出させてもらったので
旦那さんのお義母さんも神戸から来てくださり、
私の母・姉2名・姪も見に来てくれた。
旦那さんの大学からのお友達(ケイタを小さい頃から知って下さってる)
も子供さんと奥さんと来てくださった

私は旦那さんとお義母さんと3人で
開場の1時間半ぐらい前にホールに行き、
が降ってたので、当初行く予定だった蕎麦処権兵衛を断念し
ホール内にあるビストロ ラ・ミューズでランチをした。

客席は自由席だったけど、早めに行ったおかげで
かなり良い席に座れた。
ケイタが舞台でどの位置で演奏するかを聞いておいたので
見やすくて、音もよいバランスで聞ける席に座れて
ラッキーだった

私は京都コンサートホールの大ホールに入るのが
初めてだったので、噂には聞いてたけど
もの凄く立派なホールなので
「こんなスゴイ舞台にケイタは立たせてもらえるんや‥」
と胸がいっぱいだった

演奏はもちろん素晴らしかった

始まってすぐ、ちょっとケイタの小さい頃からの
音楽関係の出来事を思い出したりしたので
ちょいウルウルしてしまった
でも泣いたら目が霞んで舞台が見られないから
あまり考えないようにした
「夢が叶ってよかったね‥」と思う反面、
「まだまだスタートラインに立っただけかな‥」とも思ったりした

ヤフーの京都ニュースにUPされてました。
実はこの画像の中に‥ケイタも写っています
なんと運の良いヤツ

はあぁぁぁ〜〜〜 

March 08 [Wed], 2006, 21:41
お湯がいっぱい出るって素敵

湯船にお湯が入っていく‥なんって素晴らしいのっ



一番湯はケイタ。
二番湯はアタシ。

旦那様、早く帰ってこないヤツが悪いお先に頂戴いたしましたぁ〜

はああぁぁあ〜〜さっぱりんこ〜〜

インドから帰宅 

March 05 [Sun], 2006, 17:37
お風呂のない生活が始まり
ちょいワケがあって大衆浴場に入れない私は
カラダを拭いて過ごすことになり
ケイタは近くのお風呂屋さんに行ったりしていた
今日(5日)は、どうしてもガマンできなくなり
キッチンで湧かしたお湯を洗面所に持ってきて
ケイタに手伝ってもらいながらシャンプーをした。
あと3日の辛抱だ。。。

旦那さんは昨日(4日)に無事インドから帰ってきた
私が頼んだお土産を一応それぞれクリアして
買ってきてくれた

パシュミナのショールはこのページの画像をプリントアウトして渡したんだけど、買ってきてくれたのが本当に「パシュミナ」かどうかアヤシイけど、一応ショールは買ってきてくれた(笑)。
私が希望した色を探してくれたとかで、私としてはもうそれだけでちょっと有難くもあり、それがパシュミナ100%じゃなくてもいいや‥って気持ちになった

あと、ネットで見つけた、インド在住の日本人の方のブログで、「日本に送る荷物に詰めた」と書いてあった「MTR社のレトルトカレーグラーブ・ジャムーンというお菓子の素」も、現地のスーパーマーケットで探して買ってきてくれた

グラーブ・ジャムーンをさっそく作ってみた

強烈に甘くて、私は1〜2個でごちそうさまだったけど
激甘党の我が家の男性陣2名は、美味しそうに食べていた
その後、これにきな粉をかけたら更に美味しくなることが解り、
2人はインドと日本の合作甘味処を楽しんでいた

レトルトカレーは、生協で注文した冷凍のナンが火曜に届くから
今週末に家族で食す予定。
当然、辛いと思うので私は味見しか出来ないと思うけど
「辛い〜」とか言いながら、家族で楽しむのもそれもまた良しと

ガス給湯器の故障! 

March 05 [Sun], 2006, 17:05
姉と母と、京都劇場に「異国の丘」を観に行った日、
私は朝からお風呂に入っていた。

前日、夜の9時ぐらいに眠くなってしまった私は
お風呂に入らず寝てしまっていた。

夫はインドに行っていたので、
ケイタがひとり深夜に入ったきりのお風呂は
朝にもまだお湯が温かかったので、ちょっと追い炊きをして
私は入ることにした。

シャワーを使って髪を濡らし、洗面器にシャワーのお湯を溜めながら
洗顔していたら‥洗面器からあふれ
足にかかるお湯がだんだんぬるくなって‥

‥つ、つめたいっ!!!

とうとうお水になってしまった

急いで、湯船のお湯で顔のアワを流して、
給湯のリモコンを付けたり消したり‥蛇口からお湯を出したり止めたり
‥なにをどうしても、もうお湯は出てくれなかった。。
とりあえず、湯船のお湯で髪とカラダを洗い、
(シャワーだけじゃなくて、湯船にお湯があってヨカッタ
お風呂からあがってから、急いで大阪ガスに電話をし
状態を説明して「今日はこれから出かけるから返事は明日以降に」
ってことで、その日は大急ぎで用意して出かけた

次の日に大阪ガス屋さんが見にきてくれて
「これは給湯器の寿命がもう終わったってことです」とのことで
取り替えるしか道は無い‥とのことだった
しかも、取り寄せの給湯器が付くのは3月8日
金額が30数万円。。

来てくれた大阪ガス屋さんの、おニイさんは
「でも長く持たはったほうですよ。このマンションで早いお宅では
もう4年前に替えたはります」と
申し訳なさそうにペコペコ頭下げながら言っていた。。

ええ、おニイさんが悪いんじゃないことは
解ってますとも。
でも‥思わず「ショック!」な顔をしてしまった私を許してね。。

仕方ないとはいえ、何かと痛いです。。。

異国の丘 

March 05 [Sun], 2006, 16:02
3月に入ってから、私にしては忙しい日々が続いていた
やっとゆっくりブログにアップできるっ

3月1日の水曜日、母・姉・私の3人で、京都劇場にミュージカル異国の丘を見に行った。
昼公演だったので、お昼前に伊勢丹前で待ち合わせをした。
最近、今までにも増して‥ちょっと物忘れが激しくなってる母が、ちゃんと待ち合わせに来てくれるかが心配だったが、待ち合わせの時間に遅れること20分でたどり着いてくれた。かなり心配した私と姉をよそに、本人は全然ケロっとしていた(笑)。

ランチは「普段あまりお肉を食べないから」という母&姉の希望で、伊勢丹11階のモリタ屋でステーキランチ。何度食べてもココの、お昼にだけ出している1800円のステーキ御膳は質の割りに安いと思う。今回も美味しかった

伊勢丹内のレストランは午後2時か3時まで(どっちだったか忘れた)禁煙なので、母と姉は喫煙者なので食事のあと2階の伊勢丹前にあるオープンカフェでお茶をした。

それから時間になったので、劇場に行った。

異国の丘は、実は私も劇場でちゃんと観るのは今回初めてだった。
京都劇場で2月12日に開幕してからは、主役の九重秀隆役がずっと下村尊則さんだった。下村さんももちろん素晴らしいんだけど、「九重役と言えば‥石丸さん」というイメージがあったので、最初はできれば石丸幹二さんがいいなと思っていたら、幸せなことに私が観る日の週からキャスト変更があり、九重役が石丸さんになった

そして舞台はやっぱり素晴らしかった
以前にテレビ放映されたのを録画したぶんを観たことがあって、内容は解っていたけど、やっぱり生の舞台の感動は違う‥と実感した。
宋愛玲役の木村花代ちゃんもとても素敵だった

母も「すごい良かったわー」と言ってくれた
姉も感動していて「もう一回、旦那さんと来るかも」と言っていた。

良かった

インドへ 

February 25 [Sat], 2006, 11:15
うちの旦那さんが今日からインド行きました。

仕事関係の方と調査旅行だとか。
私にはよう解りませんが

インドってどんなお土産があるんだ
とネットで調べて、程よい価格でキレイな色の
パシュミナのショールがあればヨロシク…ってことで、
ネットの画像をプリントアウトして、
第一希望・第二希望・第三希望…と色を示しておいた

ケイタのスーツケースを借りて、
色々詰め込んで、今朝出発しました。
「お腹」、壊しませんように
気をつけていってらっしゃい。。

あぁ、私は…旦那さんのイビキ騒音の無い
静かな夜を過ごせる1週間が始まる
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ユイコ
» インドから帰宅 (2006年03月07日)
アイコン画像きみりん
» インドから帰宅 (2006年03月07日)
アイコン画像ユイコ
» 家族で買い物 (2006年02月17日)
アイコン画像REIKO
» 家族で買い物 (2006年02月16日)
アイコン画像ユイコ
» 家族で買い物 (2006年02月15日)
アイコン画像きみりん
» 家族で買い物 (2006年02月15日)
アイコン画像くみ丸
» 家族で買い物 (2006年02月14日)
アイコン画像ユイコ
» 私は‥ (2006年02月11日)
アイコン画像きみりん
» 私は‥ (2006年02月08日)
アイコン画像ユイコ
» 私は‥ (2006年02月08日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuicolle
読者になる
Yapme!一覧
読者になる