にゃーんこ 

March 23 [Fri], 2007, 14:05

この間、友人とともに劇団四季のCATSを観て来ました。

本当は母君と行くはずだったんですが、父上のお仕事の都合で、母君は泣く泣くお留守番ということに。ていうか、父上は働きすぎだと思う。


で。わっくわっくしながら、シアターの扉を開く…とそこはもう既に猫たちの世界でした。

なんか、昔のテレビで特集組まれてたのを少し覚えていて、劇場の中がゴミ置き場にっているってことは知ってたんですが、想像を超えてました。

細部までこだわりがあって、しかもそれが全て猫目線で見た大きさで出来てるっていうもんだからあなた、感激せずにはいられないですよ(誰)

開演するまで、友人とセットについてきゃいきゃい話してました。うち等の創作展もこれくらいしなきゃね!とかいって(笑)


そしてそして、待ちに待った開演ですよー!暗闇に浮かぶ無数の猫の目が怪しく緑に光っていて…もう始まりからぞくぞくです。

次々に繰り広げられる圧巻のパフォーマンスにただただ目を奪われるばかりで、ため息がこぼれそうになるほど美しい、しなやかなソロもあれば、自然に手拍子を打ちたくなるような軽快な曲もあって、時間という概念をしばし忘れてしまうような、そんな空間でした。

数あるナンバーの中で一番のお気に入りは、マジック猫・ミストフェリーズのナンバーです。

開演直後から、何かとあの黒猫を目で追っていて、何あの子可愛い!と思っていたんですが…まさかマジック猫だったなんて!

それに、ターンの華麗さが半端じゃなかったです。なんか、綺麗過ぎて周りとずれてたように思えるくらい。

連続30回のターンには思わず拍手してしまいました…。凄すぎるのだ。

そして何より外せないのがメモリー!グリザベラの歌声が切なくて、でも希望に満ちていて、聞き惚れてしまいました。


沢山の拍手を送った後、なんとなんとミストフェリーズと握手してしまった…!


だ い す き で す


もう一回観に行きたいです、今度は歌とかバックボーンとか頭に入れた上で!

舞台いいなぁ…楽しい。

わーわー! 

February 24 [Sat], 2007, 19:06

わー。またハマってしまいました…。

何にですって?教えません(うわーなんだこのあまのじゃく)


とりあえず私は工さんとルイルイにずきゅんどきゅんです。何だアレ!

もうこれだから私は…好きになるとどっぷり浸かっていくからなぁ…。

そのうちイベントとか行きそうで怖い。いや、さすがにそれはしない、うん。しない!

だけど、これからの彼らの行動チェックするのは必須でしょう。早く有名にならないかな(わっくわっく)


こうして見てみると、世の中には格好良い人なんていっぱーーーいいるんですねー。

その中で輝ける人とそうでない人の違いってなんなんだろう。

同じミュキャストの中でも、これから出てきそうな人は一際輝いてるし、ドラマやなんかでちらほら見かける人もいる。

一体何が違うんだろうねー。不思議だねー。

だけど何か、みんなみんな頑張って欲しいな。みんなこれから出てきてくれれば良いなって思う。

千秋楽の涙とか見ると本当にそう思う。だから、あだーちんとかも…また会おうって言ってたもんね。


何かほんと、一気に心持ってかれちゃって、ビックリした。

舞台裏とか見たからかなー。凄く一人一人が愛おしいよ…!

早くみんながドラマとかバラエティで共演する姿が見たいです。頑張ってー!本当に頑張ってー!


工さん、大好きな夕衣でした。

携帯依存症。 

February 17 [Sat], 2007, 10:18

母君のブログの記事にもあったので、私の視点からの携帯依存、書いてみたいと思います。
その方がもっと実態が伝わりやすいかなーって思いまして。


私は現在、ほとんど何でも携帯に頼っている、と思います。

メール、電話はもちろんブログの更新、掲示板への書き込み、ネットサーフィン、音楽プレーヤーやカメラの代わりにしたり。そうそう、ゲーム代わりにもなってますね。

これを書いている今も、携帯で音楽聴いてます。


ここまでになったきっかけは、やっぱり「使い放題」の機種を手にしたことなんじゃないかな。
一番の制限になっていた「料金」を気にしなくてよくなったから、バカみたいに使い出したような気がしました。

今じゃ感覚がマヒしちゃって、どのくらいweb接続すると、いくら掛かるかなんて分からないです。
料金請求がきて、えー!?みたいな。


それから、もうひとつ。

実はわたくし、サイトを持っているんです。携帯サイト。
それを始めてから、やっぱりぐんと携帯に触る機会が増えました。

私の場合は、オンでHN使って活動しているわけですから、もうひとつ世界が出来上がっているわけです。
だから、オンとオフが入り混じっているような現代っ子とは少しちがうかな?

むしろ、私の方が気をつけなければならない状態というか。


そして、最近思うのは、ネットの低年齢化が著しいってことです。
中高生だけでなく、小学生なんかでも「プロフ」持ってたりしてますね。

友達同士で楽しむのはおおいに結構なんですが、個人情報の流出に全く気を配ってないのはいかがなものかと。
いや、すごいですよ?写メやプリクラ載せて素顔公開したり、個人特定できるような情報が満載です。


やっぱり、私達はまだまだ子どもで、判断能力には限界がある。
それなのに、ネットという親の目が届かない世界で好き放題できてしまう今の状態は、このままにしてはいけない。


私は、母君と良く話をするし、母君の言っていることは大抵間違っていないことを知っているので、少しですが携帯触るの、自粛しようと努力してます。

携帯っていうのは、本当に怖いもので、そこに持っている人間の二つ目の世界が出来てしまう。
携帯触りながら何してるかわかんないですよ?


確かに、プラス面もあるかもしれません。プロフを作ったりするのは、自分と向き合うことにもなるし、日記を書くのだって、その時自分が何を感じていたか、何を思っていたかを振り返ることが出来る。

けれど、本当に気をつけないと、携帯がなくちゃ友達ができない、みたいになってしまうような気がします。

メールじゃなくちゃ気持ちが伝えられない。顔文字を使わなくちゃ感情を表現できない。

そんな風には、なりたくないなぁ。


母君が言ってました。「携帯をDSだと思え」と。

四六時中ゲームする(させている)人はそうそういないと思います。
それはやっぱり、ゲームばかりやっていれば弊害が生まれると認識しているからだと思うのです。

携帯を使いまくるのが良い影響ばかり与えるとはどうしても思えません。
上手く使えば、生活を向上させてくれるものでも、考えなしで手にすれば、いつの間にか振り回されている毎日になりかねない。


上手く付き合っていきたいと、思います。

ぶ か つ 。 

February 01 [Thu], 2007, 9:58


昼練・放課後練のない生活にも慣れてきました。

私と同時期に退部した四人の中では、一番切り替えが早いんじゃないかと。ええ。


まぁ、部活を辞めるというのを公言することになったのは、去年の秋、10月くらいでしょうか。

私たちの部は特殊で、あまり練習に強制性がなく、言ってしまえばだらだらというか、あまり意欲溢れる感じではなかったのがそもそもの始まりでした。

こういう部活の現状に痺れを切らしたある子が、体操部は本気でダンスをやるのか、それとも楽しくダンスをやるのか。と部員たちに切り出した訳です。

ま、部活にはよくある話ですよね。顧問とかも説教の時によく言うし。
それを部員が言う、ってところがウチの学校らしいというかなんというか。


話を元に戻して、当然みんな前者だと言う訳ですよ。
本気で上手くなりたいし、そういう気持ちでやってるって。

確かに、あの場に後者の考え方の子は居なかったと思います。
ただ、皆が皆、同じ考え方だからといって、その意志の強さは様々な訳で。

スクールにも行って、イベントやDVD、雑誌なんかも積極的に取り入れてく人間と、部活の時間は真面目にやるし、もちろん本気で上手くなろうとは思ってる、みたいな人間。

同じように見えて、全然違う訳ですね。

そして後者の場合、部活と同等、もしくはそれ以上に大切なことがあり、両立する自信がなくて最後まで続けることに迷いがあった。

それが今回退部した私たち四人という。


んー、でも私は別に夏まで続けても良かったんです、ぶっちゃけ。

けれど退部しようと思ったのは、中途半端な人間が残るべきではないと思ったから。

根底にある「ずれ」は、どうしたって消えることはないし、自分がそれを修正しようとも思えなかった。

きっとこんな話をしたら、みんな否定すると思ったので言わなかったけど。


中学時代に、そういう状態で部活を続けてて、本当にもうしんどかった。
最後の方は内申書のために部活行ってたようなもんです。

もうずっと早く辞めたい辞めたい辞めたいと思い続けてて、最後の大会で勝つ度にまだ一週間延びんのかよ?って。←うわ、最低だ。

負けて引退が決定したとき、やっと開放されると思った。
私1人、淡々として涙も流さないで居た。辞めたくないなんて気持ち、微塵も起きませんでした。

そういうのって、私もしんどいけど、一番迷惑被るのは本気でやってる人達な訳で。
あからさまに部活に一生懸命じゃない人間と一緒に頑張れって言われたって無理、だろ。

そういう意味で、チームメイトにはすごく申し訳なくて、お疲れ様でしたって言ってくれた後輩にも申し訳なくて。


こういう経験をしてきたから、適当にこなしつつ部活をやるなんて無理だと思ったんです。

そういうのをやめようっていう方針になったなら尚更。


それで今どうだって?

思えましたよ、辞めたくないって。
必ずしも部活=苦痛じゃないんだなって思いました。

今でも部員のみんなが大好きです。
体操部サイコーだ!愛してる!


語り尽くせない愛情を込めて、さようなら。



読書感想 

January 28 [Sun], 2007, 0:39

「一瞬の風になれ―イチニツイテ」佐藤多佳子著


ずっと読んでみたくて、母君に買ってもらいました(^ω^)

わたくしの小説の嗜好は偏っていて、ファンタジー系、洋書系ばかり読むのですが、やっぱり日本人作家さんの作品は言葉が体にスッと入っていくから良いです。

こう…言葉が言葉として、一番自分らしくいられるように使われてるというか。


とにかくこの作品は、読んでて風を感じるのです。いや、ホントに。

鼓動の鳴る音とか、走り出す瞬間のまっさらな世界とか、緊張とか、不安とか、劣等感とか、「越えた」感じとか。

全部を生きたまま感じられるのね。スゴいや。


こういう本に出会えたとき、運命だと思います。いや、ホント。

表現が巧みとか、独特の文体とかそういうのではないのに、いつの間にか体の中にリズムを刻んで残してくっていう…。スゴい。

風、が吹く作品になんて、そうそう出会えない。


あああ…もっと上手く表現できれば良いのだけど(・ω・;)(;・ω・)

続き、読みたいです!

今欲しいモノ 

January 12 [Fri], 2007, 14:49


■新しいFAX機

塾とのやり取りで大活躍するべきなのに、紙は詰まるわ原稿は送れないわ印字しないわで最悪。

■新しい電子辞書

液晶画面ぶっ壊して使い物にならなくしてしまったorz
お年玉で新しいの買いたいです。なくちゃ予習できん(´;ω;')

■新しいカラーペン

オレンジと濃いピンクのハイテック0.4mmと黄色のラインマーカー。
ガッコが始まって必要になってきた。

■ギリシャ神話の本

立ち読みした時面白くてたまらなかったので。
天地創造はいつ読んでも面白い。

■新しい眼鏡

只今の眼鏡がおっそろっしく度が合わないので、新しいのが欲しいです。眼鏡。
眼鏡ラブ。美波くんがタイプです。彼の眼鏡は素敵だ!



思うこと 

December 16 [Sat], 2006, 22:00
この季節になると、夕暮れ時は月と太陽が一緒に空に居るから不思議な気分になります。

オレンジ色の太陽が西の空を橙に染め上げてるのに、東の空では薄く白い月が光ってる(`・ω・´)


もう少し時間が経つと太陽は消えて空の端だけ紅くなってて、空は紺碧の暗闇に染まって月が明るく光るんですよねー。


なのに月も太陽も地球からとても遠いとこにあって、海王星やら冥王星やらはもっとっもっと遠いとこにあって、しかも太陽系は宇宙の少し端っこで、地球は全然真ん中なんかになくて、むしろ多分今地球が消えたとしても全宇宙にはさほど支障がないくらいの存在(`・ω・´)


だけどもし地球が無くなったら数え切れないほどの命が一瞬にしてなくなる訳で、それはもしかしたら宇宙が消えてしまうことと同じことなのかもしれない。

そんな大きな括りの中では私みたいな人間の存在なんて、多分空気中の二酸化炭素の1分子くらい無意味でしょうもなくて無くたって同じな訳ですよ。


…不思議!

そゆこと考えてると生かされてるとしか思えない!


大きくて広い話を考えると、同時に自分の小ささをすごく感じるけど、その分自分の存在に興味が湧きます(`・ω・´)

そして他人の存在にも興味が湧く!


だって1人が存在するというのは、何人もの生命と運命と人生と偶然と必然とが絡まりあって出来た奇跡!

なのにそんな奇跡が地球上には何十億と当たり前にある!

なのにその地球は何十億とある星の一つ!



多分あれだと思います、宇宙もきっと何十億とあって何かの生命体が統治してる宇宙とかも存在してるんです(`・ω・´)

なんて言ったら笑われました。真剣なのに!

るーるーららるー 

November 05 [Sun], 2006, 20:06


もう合格した気でいる夕衣でございますどーも(=´∀`=)


あ、もうわたくしがこの大学に進学することは決定済ですので(自分の中で)

推薦で年内合格しますんで(自分の中で)


あー、良いな良いなこのガッコ!

今の高校が大学になったって感じ。

なんか空気似てる。



そういえば高校受験のときも、合格するっていう根拠のない自信があったなぁ。

もうね、受かる気になってるんです。


今もそう!(笑)


来年の年末には合格報告できますように…!


有り得ない。 

October 28 [Sat], 2006, 18:18


パソコン壊したの誰だよ本当もう。

マジない本当ない禁断症状わうわうわー!


だけど壊した本人が一番ダメージ受けてるから責めない。


おとやんが昨日奮闘してたけどムリだったっぽい。

(´・ω・`)


ねぇナミさん、夕衣はあれでレポート書いてたりしてたのよ。

委員会の総括もおうちで書き上げるつもりだったのよ。

三上さんのブログだって毎日覗かないと生きていけないの。


もしもパソコン無いままだったらますますわたくしの携帯依存症が進行してゆく。


こんな子を増やさない為にも、子供にケータイ持たすタイミングと使い方は慎重に考慮してったほがいいと思うの。

携帯やパソコンを使わせるということは、ネットっていう第2の世界を与えるということで、それはつまり子供が自分だけの世界を確立できてしまうということ。


親の目が届かないとこで他人とコミュニケーション取ってたり、色んなサイト回ったり個人情報流出させてみたり。


まだ判断力や危険回避力が未熟なままのガキんちょが、ですよ?


干渉とか我慢とかしたりさせるべきではないと思うけど…。


私の通ってるガッコは中学生もいるから、ちょっと話聞いてみたりすると携帯もっててもメール禁止だったり、親と共有だったり、緊急時しか使用しなかったり…て色々ルールがある子が多いらしい。


でもやっぱりネット環境がない子ってほとんどいないみたい。

ウチらのときじゃ考えらんないよね。

携帯持ってる子のほうが少なかった。


なんだか情報とか文明とかが進歩しすぎて人間がついてけてないよー(笑)


そんなに急いで何処に行くつもりなんでしょう。



東京都は現在0校 

October 26 [Thu], 2006, 15:49


…こんなことよりわたくしは世界史やらなくちゃ。


ウチの学校はちゃんと履修してますから(笑)

むしろ必修じゃない教科も必修みたいなもんです。


やらせたくない気持ちも分かるけどねー。


確かに都会には塾や予備校も沢山あって、大学も沢山あるけど、それと単位とじゃ話が違うよな気がするなぁ。

単位ごまかさせられて受かったって、そんなの本当の合格実績じゃないよ。


そんなことするほど受験て大切なの?

世界の歴史を知ることは必要ないの?

受験に必要な知識だけあれば良いの?


学校で学ぶ、という意味は何なんだろう。


私は成績はよろしくなくても知ることは好きだから、学校行っていろんな教科を学べるのは楽しいです。

その中で要らない教科は手ェ抜くし、しっかりやらなきゃいけないものは真面目にやる。

結局、生徒側が判断して取捨選択してるから、授業ごとに起きてる生徒が違う(笑)


無駄なことを学ぶのも必要なんじゃないかなーって、思う。


本気で良い大学目指してる人とか、合格に人生かけてる人とか、一人でも多くの現役合格者を出さなくちゃいけない立場の人からしたら、甘っちょろいと思うのかもしれないけど。


受験のためだけに勉強するのだったら学校の授業なんて要らないじゃん、てのは極論か(笑)


まぁ…正直でいる、というのは本当に難しいことですね。

生徒も学校も大変だよなぁ…


とりあえず、皆さん補習頑張って下さい!


2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像こけし
» にゃーんこ (2008年10月21日)
アイコン画像まさる
» にゃーんこ (2008年10月01日)
アイコン画像酢だこ
» にゃーんこ (2008年09月27日)
アイコン画像隙間男
» にゃーんこ (2008年09月25日)
アイコン画像マート
» るーるーららるー (2006年11月13日)
アイコン画像夕衣
» 劇団四季 (2006年10月22日)
アイコン画像マート
» 劇団四季 (2006年10月21日)
アイコン画像夕衣
» 終わった (2006年09月29日)
アイコン画像たま緒
» 終わった (2006年09月27日)
アイコン画像夕衣
» ぐしゃり。 (2006年09月24日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yui_0jap
読者になる
Yapme!一覧
読者になる