今日までを想う   2009年01月31日(土)

展覧会情報


今日までを想う


1月31日から3月1日まで個展をします

土日祝のみで13時から20時まで(2月1日のみ17時まで)

京都南区久世のstudio90という友人作家のアトリエ内の一室のギャラリーです
住宅地で、久世南保育園の向かいです

作品は約3.7M×2.5Mの大きさです
私のなかではいつもとは違う展示形式にしました

よろしくお願いします

詳細
http://www.studio90.info/
 
   
Posted at 17:33/ この記事のURL
ひとこと書く(0)
制作場所   2008年08月24日(日)
あらたにアトリエを探してます。
でも今の予算で一人では広いところは借りれません。
良い物件ご存じな方、同じように制作場所で困っている方、
よかったらご連絡ください。

京都、亀岡で探してます。こんなことでごめんなさい。

yuchogoke@yahoo.co.jp
 
   
Posted at 12:05/ この記事のURL
ひとこと書く(0)
はじめての国   2008年06月04日(水)
明日からチューリッヒにいます
8月までKASHYA HILDEBLANDにて、SENJIRU-INFUSIONというグループ展に参加させて頂きます

初海外で1人で行きます
JTBでH.I.Sてなんですかと聞くくらいです
ご迷惑おかけしないようにします
おばあちゃんの梅干ししっかり持ちました
 
   
Posted at 18:21/ この記事のURL
ひとこと書く(1)
23   2007年10月18日(木)
23才最後に話したのは本屋の店長さんやったなぁと思い出しながら坂道を自転車で上ってたら、
それぞれ散歩中の犬どおしがすれ違いぎわに飛び付きそうなくらい吠えあってて、
あぁー犬はしらん相手でも喧嘩するなぁなんて思ってたら、
ものすごい速さで私の前を大きいバイクがすれすれで走り抜けて、
咄嗟にイャーと叫んでコワッて言ったら、さっきの散歩中の飼い主が私の方を不審そうに見てたから、
なんか変に自分がおかしい人のように思えて愉快やったけど、
そのうち今死んでたらさっき買った美味しいクリームチーズのパンやシュークリーム、チョコ、
そして明日贈るはずのコーヒー豆が飛び散ってしまって、
夕飯買いに行くって言ってたはずやのに甘いものばかりやんなんて、言われてしまうのかな、
なんて考えてたら泣けてしまった。

なんとも、いろいろあった23才さよなら。
 
   
Posted at 23:54/ この記事のURL
ひとこと書く(0)
しばらく   2007年08月25日(土)
雷雨の中で原付のって、怖いよ、ちょっちゃんを何回も言います

そんな驚きなことがたくさんある毎日です。

音沙汰なかった色んな友達から連絡がある
連絡を怠るみたいで、3月に引っ越した事も知らない人が多い

何等変わり無いです。
この季節、草木にしっかり水をやって出かけましょう

事故は自分が気を付けていても遭います。過信しないでください。

年末に京都で個展をします。見てください。

2年前に見つけてたかもしれない色に気付いて、複雑な気持ちやけど
今は素直に昔の私からのお土産なんやろうと思って泳がしてみます
 
   
Posted at 02:04/ この記事のURL
ひとこと書く(2)
厚みある風   2007年04月12日(木)
春がきた
桜の色
若葉の柔らかな感触
あたたかい陽射し
冷える事のない布団

おでこのしわもゆるむ、組んだ腕も解きほどかされる

薫風
ただその薫風が全身を通った、それだけのことに
満たされた
滞ったもの全てが流れ無くなった
そんな特別な瞬間が昨日のお昼にあった

への字にならないように薫風が入ったカプセルを持ち歩きたい

さてさて、たのしみなこと増やそう
 
   
Posted at 00:30/ この記事のURL
ひとこと書く(0)
SPRING   2007年01月30日(火)
日が長くなる季節に入ると
小さい男の子10回跳ねる
小さいランドセル背負って
カチャカチャカチャならす

小さい男の子20回跳ねる
小さい女性も跳ねてみせて
特別な感情が欲しいために

かしこさとつよさと真実を
お空、天気そんなことばを
小さい男の子にだけ求めよ
流れこんだ日いずれ溢れる
それでも良き日は良き日で

SPRINGをくりかえし跳ねる
 
   
Posted at 23:56/ この記事のURL
ひとこと書く(0)
そのシーン   2006年12月12日(火)
水が落ちるイメージを収めた、どんなことが喚起されるかな。
落ちる。という運動は、もともとおめでたい感じはしない。
でも、落ちるから、また落とすための循環をする。

でも、きっとその様が心を潤す要素であることは誰も知ってる。

産み落とされ、また昇り、また落とされる。
でもその様、見ているのには酷なこともある。

知りたいことが多すぎて、
知るはずのことを失って、
知ったことから先を見る。


髪を結ってあげた、ほらササミをあげよう。
 
   
Posted at 01:30/ この記事のURL
ひとこと書く(0)
月曜は池へ   2006年09月28日(木)

嵐山の地図に広沢の池というところがありボートの絵が描いてあったから、そこに行きたくなった。
行ってみたら歴史的保護地区で時代劇に出てきそうな感じ。
タクシーの運転手が今の時期は誰も行かないから自慢できるよと意味の分からないことを言っていた。
池はすごく池らしくてバックに小高い山があり水面に映りこんでいて美しかった。
白鷺や、茅葺き屋根の家が見える。地味な感じもするけど好きな風景。

目当てはボートやったからボートにのった。
大きな池に浮かぶ一つの古いボート。

水面は凪ぐことなく常に風によって小さい波を無数に作り出してキラキラ白く光っていた。
水の色は緑で底は見えないから深さが分からなかった。
初めてボートを漕いで難しかったけど、止まりたくなくなる思いがした。

解放感があって、ゆらゆら揺られて空を見上げてたら、ここは天国なんかなって錯覚を起こしそうになった。

そんな気持ちになれたということは、タクシーの運転手の言うとおり。

趣味もあるかもしれんけど、とっても良い場所やった。
そんな時間があることは幸せで、月曜日は良いなぁ。
 
   
Posted at 22:51/ この記事のURL
ひとこと書く(0)
あの床と窓と日差しと   2006年09月15日(金)
2年間お世話になった岩倉の部屋と今日別れてきた。

前日は色んなことを思い出し、部屋を見ながら眠った。
虫がたくさん出る部屋から引っ越し、快適で日当たりも良かったし。広くてベランダと出窓までついてた。
今からの季節は、涼しい風が吹き抜けるいい時期。
冬になると寒いけど。
荷造りは時間があったはずなのに前夜に段ボールを組み立てて閉じそうなまぶたをこじ開けてなんとかできた。
朝9時にパンダの引っ越しやさんが来て、どんどん荷物がなくなっていって気付けばなんもなくなってた。
引っ越してきた2年前と比べて自分が変化したことが、ぼわっと浮き彫りになった。
10分ほど何もない部屋でゴロゴロし、行こうと決めた。
忘れ物ないなと思って開けたままにしておこうか迷った押し入れを閉めた時、扉に友人がピンホールカメラで撮ってくれた私の姿の写真が張りついたままやった。

その写真を最後の思い出としてポケットにいれ部屋を後にした。

あっけないことが多くて免疫ができてきた。

比叡山もよく見える晴れた日。
 
   
Posted at 02:06/ この記事のURL
ひとこと書く(1)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.