負けず嫌い。 

2005年06月08日(水) 15時26分
負けず嫌いだよね≠ニ人によく言われる。
うん。
確かに負けず嫌いだな。ワタシ(笑)
負けず嫌いだったのは、負けるのが嫌いだったとゆーより恐かったから。
自分のその後の気持ちをどうやって保っていいかわからなくなるのがすごく恐かったから。

でもあるとき、気持ちの良い負け≠経験した。
逆に勝ち¢、になったとしたらこんなに爽快な気分にならなかったんじゃないかなとも思った。

それから負けるのが恐くなくなった。
てか、どーーでもよくなった。
自分自身に負けなければいいやと20歳の時に悟ってしまった出来事でした。

小さな事なんだけどね。 

2005年06月02日(木) 14時46分
離婚してすぐに、母と祖母を連れて祖父のお墓参りに行った時の事。

母が
「少しでも暗い気分を明るくしようと思って今日のお花ちょっと豪華にしてみたわ。」
と、いつも仏花とかかれている花を買ってくるのにその日はポピーがメインになっている華やかな感じの花束を買ってきていた。

どれもこれも・・・ 

2005年05月20日(金) 20時49分
おちゃらけてるワタシ。

ダークなワタシ。

どっちもワタシ。

友達に対しての態度。 

2005年05月20日(金) 16時31分
友達になるのに条件なんていらない。
友達に対して接し方っていうのも特に決まっているわけではない。
けど大事な友達に対してしてはいけない、(しなくていい?)態度とか発言とか・・・
そーゆーのってあるよね。
縁があって知り合いになったワケだし。何かしら通じるモノがあって友達になったから多少何かあっても喧嘩になったり疎遠になったりした事って無かったけど。一度だけ・・・あった。

ケチケチな元ヲット。 

2005年05月20日(金) 16時18分
ヲットはケチである。
ものすげぃケチである。
そのくせ見栄張りである。

ヲットがCDショップで買い物をしたとき。
レジで「メンバーズカードはお持ちですか?」と聞かれ、持っていなかったのか
「あ、無いです」と答えていたので、その店のカードを持っていた私は財布からカードを出し、
あ、ワタシ持ってます。」とスタンプを押してもらいました。

前にもそのお店のスタンプが溜まった時、お互いが欲しいと思うCDを一枚買ったのでそのカードもいっぱいになったらまた同じ様にお互いの欲しいCDを買おうと思っていたのですよ。

・・・それなのに。


ムスッとした顔で店をさっさと出てしまい、慌てて追いかけていったら
俺が払った金でスタンプ押してんちゃうわっだったら半分金払えや
ですってよ。


ぁぁぁぁあああ。なんてケチなんでしょー。
なんて肝っ玉の小さい男なんでしょー。


別れてよかったー♪
別れてよかったぁー♪

多分。 

2005年05月20日(金) 16時14分
アレは彼らの仕業。

断定できないけど。

でもあんな卑怯な事するのは彼らの仕業。

まぁいいけども。

ワケのワカラン言い訳ばかりして、自分らだけを正当化して、

それで満足なら、これからもそーやって生きて行ってくださいよ (゚∀゚)クス

気が付いたら周りダレもいない。
間違いないわね。プププ

お前にだけは言われたくない!!A 

2005年05月19日(木) 15時59分
部署がバラバラになったものの、その後も定期的にその時の面子で飲み会がありまして。
当時仲良かった人達とも会えるので参加してたワケですよ。


・・・モチロンAも来てましたが
でも、もう仕事で顔合わす事もないし。
今度ムカつく事言われたら言い返してしまおーと。
・・・案の定、私の地雷踏んでくれましたよ。

帰りの電車で(駅前で飲んでいてみんなで駅に向かったので一緒になっちまった)その日は結構飲んだのか酔っ払っていてやたら絡んでくる上に私の体を触ってきやがる

やめてくださいよ

真顔で言って手を振り払っても暫くすると触ってくる。
いい加減イライラがMAXになった時、駅に到着。やっと解放されるーとホッとした。
・・・が、ですよ。
駅から出て家に向かう途中。
「なんで結婚しなかったの?理想高いんじゃない?今まで結婚しようと思った人いなかったの?」
とまた地雷を踏んでくる。
いい加減頭来たので、
「私バツイチで、離婚して一年も経って無いんスよ。とりあえずまだそーゆーの面倒でいいかなーって。」
と言い返すとこの男なんて言ったと思います??


バツイチなんだー。へーぇ。男のバツ付きは再婚したっての聞くけど、女のバツ付きは芸能人くらいしか聞いたことないもんなー。大変だな、これから一人で。
と馬鹿にしたよーに薄ら笑いを浮かべながら言いやがりまして

キレましたね。
えぇ、えぇ、キレましたとも。


彼女いない歴10ン年以上で、独身のアナタにだけは言われたかないですねだいたい人の事馬鹿にできるよーな立場だと思ってるワケ?アンタなんか結婚はおろか、彼女もこれからできっこないわね〜。

って一気にまくしたてるよーに言い、怯えた目をしたその男をその場に残しさくさくと帰ってきましたさ。


その後私は再婚♪
そいつは未だ独身&彼女無し。
当時の職場の後輩達も結婚し、本当の本当に独身はそいつだけ。
人間的に問題有りすぎなのでこの先も浮いた話さえ無いかと思われ。

人に酷い事をすると必ず自分に返ってくるんですよー。
気をつけましょうね〜Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ

お前にだけは言われたくない!!@ 

2005年05月19日(木) 15時37分
今から7年前になりましょうか。
私がなんとかギリで20代だった頃、派遣社員として某通信会社で働いていた時の事。
同じ部署に私が住んでいる場所の最寄り駅と同じ場所に独身寮を借りて住んでいた社員の男性A(当時34歳。彼女イナイ歴10ン年。モチロン独身)がおりました。

最寄り駅が同じなので、部署での飲み会となると大抵ソイツと帰らされまして。
(急いで駅に向かって撒こうとしても走って追いかけて来た
帰りの電車やTAXI(タクチケは幹事からコイツに渡されていたのでどーしても同乗となる)で一緒の時のコイツとの会話がツマラナイ上にムカつく事だらけでして。

「女はいいよな。正社員じゃなくて派遣として働いててもいざとなったら永久就職しちゃえばいいんだから楽だよな。」
とか
相手いなければできないじゃないですかと怒りを堪えつつ返事をすると
「そんなもん、見合いでもなんでもすればいーじゃん。大体贅沢言ってるよーな立場じゃないでしょー?年齢も年齢なんだから(当時私は29歳)。」
と来る

電車の中やタクシーの中で喧嘩をおっぱじめるワケにもいかず、ましてや同じ職場なのでカッとなって言い返したら次の日仕事しずらいなーとも思い、ぐっと我慢していたワケですよ。

でもその後会社全体が再編成でその部署は無くなり、社員も派遣もバラバラになりました。
毎日顔を合わす事も無くなりストレスが減ったなーと安心していたのです。
・・・その時はね。

幸せな結婚生活って?A 

2005年05月18日(水) 17時08分
なのに、Yちゃんの仕事が休みでウチに遊びに来た時。

ゆげちゃん、結婚生活楽しい?なんか不満とかってない?
と聞いてきた。

「楽しいよー。細かい不満はあるけど(笑)。どして?」
と返すと

「・・・私つまんないんだよね・・・。」
とボソリ。

周りの先に結婚している友達連中の話を聞くと皆は楽しそうだし、凄く幸せそうに見えると言う。だから自分も結婚したかったと。
なのにいざ結婚して生活を始めてみたら旦那は仕事(ガーデニング関係の職人さんで、22歳の時独立して会社を立ち上げた)が日曜日のみ休みで、その休みもフットサルの練習へ出かけ、平日の休みはもちろん、GW・盆休みも無いので旅行に行くということもほとんど無いらしい。
しかも何か理由を作ってはやってくる義母が鬱陶しく、結果
「一週間のウチ、お互いほとんど実家に帰っていて3日新居にいるかいないか」
だという。

実家に戻ればなんでも自分でしないといけないという事もない。
落ち着けるし、楽ちんで居心地がいいから実家にいたいと思うらしい。
子供できてないからゆげちゃんみたいに離婚して別の相手探した方がいいかなーと思い始めている・・・らしい。



・・・てか、考えがあまりにも安易過ぎたのではないの??
相手にも相手の親にも、聞いている限りでは問題はあるだろう。
けど、Yちゃん。
アンタも結構問題アリかと。
まずは旦那さんと向き合ってちゃんと話をすべきではないの?
それなりの努力をお互いして、
それでもしょーもなかったら、そこで初めて別の道を考えればいい。

「離婚とゆーのはあくまでも最終的な事として考えて。どうしたら今の結婚生活が楽しくなるかをよーーーく考えて旦那さんと一度向き合って話しをしなよ。」
言葉を選びながらYちゃんに言ったのだが、わかってくれたのだろうか・・・。



幸せな結婚生活って?@ 

2005年05月18日(水) 15時54分
従姉妹のYちゃんは去年の7月に結婚したばかり。
旦那さんとは高校生の時から付き合っていて、交際歴10年でゴールインした。

・・・が、結婚までにひと悶着あった。
今から4年前に一度結婚話が持ち上がった。
式場も住む場所も決まっていた。

でも、旦那側の家族との色々な事に関しての考えや感覚の相違、旦那(当時は彼だけど)の面倒臭がりで人任せな性格・・・結婚話が持ち上がった事によって一気に問題が押し寄せて、彼女の頭の中はイッパイイッパイになり、彼女の今の想いを話した上で
結婚を少し先に延ばさない?
と彼に告げたところ、相手側の母親が激怒。
ウチの息子の何がイケナイっていうのよっ
と怒鳴られまくったらしい。


・・・一番の原因は息子とゆーより義理の母になるであろうお前が原因だというのに・・・

まぁ、そこまではさすがに言わなかったみたいだけども。
私たち周りの人間は結婚延期≠フ時点で別れてしまうのではと思っていた。

でも続いていたみたい。

結婚延期を言い出したのはYちゃんだったけど、別に彼が嫌いになったわけではなかったし、むしろYちゃんの方が彼にベタボレ状態だったので気まずくなってあまり会わない時期もあったらしいが、それでもYちゃんが必死に彼を追いかけ続けたらしい。

3年が経って向こうの両親も「昔の事は気にしなくていいから」と言ってくれたそうで、なんとか結婚する事が出来た。
マンションも購入し、楽しい新婚生活を送っているのだろうとばかり思っていた。


+++ 続く +++
P R
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yugetsubu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる