日本丸の登檣礼(とうしょうれい)・・・・の巻

August 21 [Wed], 2013, 17:15


久しぶりだな!
独立行政法人航海訓練所の帆船「日本丸」が、8月15日(木)、第3埠頭に入港したのじゃ。
出港した20日(火)の午後4時から昨年同様、実習生がマストに登り挨拶する"登檣礼"(とうしょうれい)が行われたのじゃ。



この儀式、何度見ても感動じゃ!
去年もこのブログで書いたが、登檣礼(とうしょうれい)というのは出航時に船員が帆桁(ヤード)などに配置され、見送りに来たお客様に対するお礼を意味する儀式じゃ。
*由来としては、乗組員を帆桁という戦闘準備が出来ない位置に配置することにより、船内で砲の弾込めなど戦闘を企図した行動をしていないことを相手に証明するという行動が元になっているようじゃ。(ウィキペディアより)



艦船の場合は、横1列に甲板に整列するので、勇気云々は関係ないが、帆船の場合はマストを登り、さらに帆桁に移動するという、想像しただけで恐怖感が湧いてくる儀式じゃ。
しかも、一番高いメインマスト高は甲板からの高さが 43.5 mじゃ。
ビルの高さにしたら、10階以上の高さじゃ。恐ろしや〜〜〜〜!
お前は鳥だから、怖くないだろうって?
わしは低空飛行専門じゃ!

全員が帆桁に配置されるまで、わずか2〜3分。訓練のたまものじゃ!
しかも、船が岸壁から離れ、動いている状態で登っていくのだから、大したものじゃ。あっぱれ!

合図とともに「ご〜き〜げ〜ん〜よ〜〜〜」と帽子を振りながらの挨拶。
思わず「手を放しちゃイカン!」と叫びたくなるぞ!
訓練生105人は無事、小樽港を出ていったのじゃ。女子も8人いたそうじゃが、男勝りの勇気じゃ!
立派な「海の女」になるのじゃ!
ところで帆船の豆知識じゃが、船の先端に金色の像がついておるが、船首像といって、手を合わせて祈る女性の姿をしており、「藍青(らんじょう)」と名付けられているそうじゃ。



船は女性なのじゃ。
分かったか!
じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

潮まつりやら、クルーズ船やら・・・・の巻

July 31 [Wed], 2013, 17:01

久しぶりだな!
1ヶ月ぶりじゃ!

サボってんじゃね〜よ〜って?
いや〜、これでも森の中の会議やらイベントやらで、出番が多く、結構忙しかったんじゃ!
勘弁じゃ!!

この1ヶ月にクルーズ船のサン・プリンセスの初入港があったり、潮まつりの「がらす市」では運がっぱをモデルにグラスデザインコンテストで小学生が優秀賞を獲得するは、ゆるキャラ大集合で会場を賑やかしたりと、いろいろと運がっぱも活躍していたな!
潮まつりも最終日の花火大会はあいにくの雨じゃったが、無事に終了。人出もまずまずとのことじゃ。


ガラスの運がっぱ


サン・プリンセス

そして29日には飛鳥Uが入港。
お約束通り、第3号埠頭の内側に接岸。小樽独特の景観を醸し出してくれたのじゃ。
クルーズ船はまだまだ来るぞ!
楽しみに待ってろ!



飛鳥U

8月まではまだまだイベントがたくさんあるぞ。
堺町ゆかた風鈴まつり   8月18日(日)まで
真夏の北運河サウンドエナジー  8月17日(土)、18日(日)
高島漁港納涼大花火大会 8月18日(日) 
おぼん万灯会(まんとうえ) 8月19日(月)
手宮ビアガーデン 8月24日(土)、25日(日)
天狗山夜景の日 8月24日(土)
小樽天狗山まつり 8月25日(日)

みんなも短い夏を楽しむのじゃ!
じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

クルーズ船 第1号・・・・の巻

June 04 [Tue], 2013, 16:14


今シーズンのクルーズ船第1号が1日(土)に入港したのじゃ。
バハマ船籍の「ブレーメン」じゃ。
小樽に入港する客船の中では小さい船体じゃが、それでも6,752t、全長111.5m、全幅17.0mという大きさじゃ。
早朝6時の入港なので、お出迎えの人は少なかったが、澄み切った初夏の小樽港への寄港は、さぞ気持がよかったことじゃろう。



今週は6日に「クリッパーオデッセイ」、17日には「ぱしふぃっくびいなす」19日のは小樽初寄港の「サン・プリンセス」と続くのじゃ。サン・プリンセスは77,441t、全長261.3m、全幅32.3mと最大級の大きさじゃ!
第3号埠頭には接岸できないとのことで、勝納埠頭になるそうじゃ!
どんな大きさか、楽しみじゃ!



朝もやの小樽港沖に現れた船体は、ゆっくりと港内に入り、第3号埠頭に接岸。防波堤の外側から接岸するまで、約30分。ほぼ予定時間通りに接岸したのじゃ。



ふ〜む。すごい計算じゃ。わしなら、港内に波がなかったら、スピードを上げて、岸壁手前で急ブレーキじゃ!
そして、予定より早く接岸し、どや顔でタラップを降りていくのじゃ!

そんなことしたら船が何隻あっても足りないって?
知るか、そんなこと!
じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

桜が咲いた そのA・・・・の巻

May 28 [Tue], 2013, 9:07

先週に続き、桜じゃ〜!
そろそろ桜も終わりかと思い、もう一度桜を見てきたのじゃ。




運河公園は特に桜のスポットというわけではないが、郵船と合わせるとなかなかの桜になるのじゃ。もう少し木が大きくなるともっと良くなるな。




水天宮こそ見ごろかと思ったが、何故か咲き方がイマイチじゃ。やはり低温続きのせいか?  葉の方が多いのじゃ! このまま終了じゃ!
今年の桜はどこも色が薄く、葉が先に伸びてしまっているのじゃ。
ふっ〜む?




天上寺はどうじゃ!
これも色がいつもより薄いな! でも満開じゃ!





拍子抜け大賞は手宮公園。いつもなら町から公園を見上げるとピンクが目につくのじゃが、今年はダメじゃ!
華やかさにかけるな!
まぁ、桜を責めてもしょうがない。責めるべきは冬将軍じゃ!調子にのっていつまでも居るからこんなことになるのじゃ!
ひどい所だと、コブシがまだ咲いていないのに桜が終わってしまっている所があるのじゃ。順番もなにもあったもんじゃない!
責任者出てこいやぁ〜!

じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

桜が咲いた・・・・の巻

May 20 [Mon], 2013, 16:40



やっと、って感じじゃ!
桜が咲き出した。
平年より〇○日遅れ・・・・などという報道が相次いだな。
5月19日現在、市内の桜じゃが、満開のところはまだ少ないな。
手宮公園は、今週には満開になりそうじゃ。
それでも待ちかねたのか、桜の下を散歩する人が結構いたぞ。








水天宮下の花園橋の桜も、もう少しで満開じゃ。
ここは、意外に写真を撮る人が多いスポットじゃ。
崖からのびる枝とカーブした線路との対比が絵になるのか?
丘の上の水天宮境内の桜はまだじゃ。あと2〜3日ってとこじゃ。





ところが満開を迎えているのが、JR南小樽駅じゃ。
電車を待つ人も、のんびり見上げて桜を楽しんでいるようじゃ。
ボーッと見上げている間に電車に乗り遅れる人が続出しているそうじゃ!
ウ〜ソじゃ。そんな世界一ボーッとしたヤツがいるなら会ってみたいな!

それにしても、今年は遅かった分、長くは楽しめそうじゃ!
天上寺、平磯公園、小樽公園、なえぼ公園など桜スポットがあるが、お前たちのとっておきのスポットはどこじゃ!
教えろ!

じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

運河クルーズ・・・・の巻

May 13 [Mon], 2013, 16:42


遅ればせながら、運河クルーズ乗船の巻じゃ!
今回は特別に、オーナーの菊地さんにガイドをしていただいたのじゃ。
菊地さんはアメリカズカップにも出場した世界的なヨットマンじゃ。
大型商船の乗り組み員としても、世界各国を巡り、船による観光に精通している人じゃ。
ボートによる小樽運河観光には、当初、様々な反対意見も多かったようじゃ。しかし、一つひとつ説得し、解決していったそうじゃ。
ようやく、昨年から運航開始。まずまずのスタートをきったようじゃ。
そして今年は連休前からスタートしたのじゃが、ご存じの通りの悪天候の毎日。
それでも、段々と認知され予約も多くなってきたそうじゃ。



わしも、初めて乗船したが水面からみる景観もグッドじゃ!
手前の石垣と、その向こうに見える倉庫群は地上からでは味わえないな。



それと月見橋から港内に出て、旭橋から運河へ入るが、橋の真下を見ることは普段はないので、これはいいぞっ!
途中、国立海上技術学校の少年たちのカッターボートに出合ったが、少年たちは皆、菊地さんに挨拶してたな。海の男同士の世界じゃ。



運河クルーズのボートは、このカッターボートをベースに設計されているそうで、エンジンの燃料は菜種油を使っているそうじゃ。だから、排気の匂いは香ばしい香りでお腹がすいてくるのじゃ。
エコにも配慮したボートなのじゃ。
菊地さんのガイドの中で印象的だったのは、景観に配慮しつつも小樽らしい新たな仕掛けを考えていることじゃった。
何か実現しそうな構想じゃ。
面白いぞっ!
楽しみしてろ!

じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

工事現場の壁・・・・の巻

May 08 [Wed], 2013, 18:12

チョ〜〜寒い連休じゃったな!
みんなはどうしてた?

ところで、小樽市立病院新築工事現場じゃ。
工事も順調に進んでいるようじゃ。
前を通ったところ、工事現場の道路沿いの壁に小樽の歴史が書かれているのじゃ。
みんなは知ってたか?
車からは気づかなかったが、現場前を歩いていたら、何やら色々書いてある。





・・・・小樽の歴史・・・アイヌ語でオタルナイ(砂浜の中の川の意)・・・
などと書かれている。




その次が、いきなり大正11年から始まっているのじゃ。つまり市制施行の年じゃ。明治から始めると、恐らく壁の長さが足りないのじゃ!・・と思う。



次に大正12年の運河完成〜昭和8年 市庁舎完成〜昭和9年小樽駅舎完成。
ちょっと大ざっぱな感じがするが、まぁ、いいか。




しかしな、工事現場の前は大型ダンプが出入りするので、ゆっくり読んでもいられないのじゃ。せっかくの試みじゃがなぁ〜。
双葉高校の教室からなら、双眼鏡で読めるな!
そこまでしなくてもいいか。

小樽らしい工事現場なので一度見るがいい!

じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

やっと春じゃ〜・・・・の巻

April 17 [Wed], 2013, 10:51

なかなかすんなりと春にならないな!
冬将軍も今年は粘りに粘って、帰ってくれないな。



それでも足元から春は確実にやってきているのじゃ。
水芭蕉も咲き始めているが、もう少しってとこだな。
は〜る〜のおがわ〜は さらさら〜〜〜〜〜
なんてやさしいもんじゃない!
雪解け水でゴーゴーと流れているぞ。



まぁ、そんなことより春らしい話題として、勝納川に今年も鯉のぼりが現れたな。大漁旗も加わり、なんと賑やかなことじゃ!
子どもの日に向けて、今年も元気に泳ぐ鯉のぼり!
景気よく泳いでくれよ!



ただな、下は増水中の川じゃ!
絶対に降りてはダメじゃ!
分かったな!
鯉のぼりを見た後は、南樽市場で買い物をして行くのじゃ!
これが礼儀ってもんじゃ!

じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

江差町のまちなみ散策・・・・の巻

April 02 [Tue], 2013, 11:11

久しぶりじゃな!
忙しくて、ブログはサボってしまったのじゃ。
すまん!
先週は道南の江差町へ行ってきたのじゃ。
開陽丸、いにしえ街道、江差追分・・・・観光の材料がたくさんある町じゃ。
新幹線がすぐ近くの木古内町までやってくる。それと同時に江差線が廃線となるそうじゃ。
それで、このまちはチャンスとピンチ、両方を抱えることになる。
そこで、今から何とかしなければ・・・・という時期にきているのじゃ。


いにしえ街道

まちを歩いてきたが、なんと雰囲気のあるまちなみで、ワシは気にいった!



関川商店

小樽とは北前船つながり、鰊漁で栄えたまち・・・など共通点は多いな。
いにしえ街道にある関川商店に立ち寄ったら、壁に興味深いものが飾ってあった。
何と、旧北海道銀行の写真入りのチリメン風呂敷があったのじゃ。



旧北海道銀行は当時、道内の漁家との取引があったそうで、それで竣工記念なのか、年末年始の粗品なのか、とにかく江差に小樽の痕跡があるのは面白いな。
このお店は当時、雑穀商他いろいろな商いをしていたそうじゃ。今も海産物はじめ、食品、みやげものを扱っているのじゃ。
ご主人おすすめの「スルメ」を買ったが、小ぶりだが旨かった!酒がすすむ!

まちを歩くと、たくさんの建物の妻面に「印」がついているのじゃ。これを見ているだけでも面白いぞ!ここでも印探索ができるな!
8月のお盆前には、あの有名な姥神大神宮渡御際がある。まち中が祭り一色に染まり、まちを離れた若者もほとんど帰ってくるそうじゃ。
小樽ではこんな祭りはない。うらやましい限りじゃ!
祭りの3日間はどこの店も会社も開店休業状態になるそうじゃ。
一度は見ておくべし!
 
じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!

雪あかりの路終わる・・・・の巻

February 18 [Mon], 2013, 11:28
雪あかりの路も17日で終了!
今年は冬らしい天候でまずまずじゃった。
入り込み客数も前半はかなり多かったが、果たして後半は?

各企画も概ね好評のようじゃった。
バックヤードツアーも昨年を上回る参加人数。
ワックスボウル体験も好評で販売個数が伸びたようじゃ。
気温が低い中、ボランティアさんたちは今年も大活躍じゃった!
お疲れさん!

ところでワックスボウルは作ったことがあるか?
一連の工程を見せてもらったが、中々微妙なノウハウがあって準備が大変なことが分かった。
体験は夕方5時からじゃが、ワックスを溶かすため、1時過ぎから来てストーブをつけ温めるのじゃ。
ゆっくりと溶かし、温度が70度になったら準備OKだそうじゃ!
温度調節をこまめにしないとうまくできないそうじゃ。



子供たちにも細かな指導で失敗しないように作らせていたな。
実は、これをやるためにには春から準備しなければならないそうじゃ!
何でかって?
押し花作りがあるからじゃ。
春には春の草花、夏には夏の草花・・・秋には・・
これをセットにしてストックしておくそうじゃ。
大変な作業じゃ。
こうして準備されたものを使って、皆は楽しく体験しているのじゃ。



担当しているのは、小樽観光ガイドクラブの皆さん。
お疲れ様でした。
来年もヨロシク!

じゃあ〜な〜。
ホッホ〜!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ゆう福
読者になる
小樽の歴史に詳しいうんちくおじいさん。
仲間の『小樽運がっぱ』の仲間達の面倒見役。でも、話が長くて呆れられることもしばしば。
口癖は「ほー」
健康志向で実は羽根突きが得意。
Yapme!一覧
読者になる