【 更新情報 】

スポンサード リンク

学資保険は、ゆうちょ?

ゆうちょのが学資保険は民営化より、かんぽ生命の学資保険になりました。

学資保険の選び方の1つの決め手は自分の家計から払える金額を考えるということです。色々なオプションをつけたり、返戻率を考えたり元本割れや配当金などを気にしたりして、積立金の高い学資保険に入ってしまうと、結局解約する可能性が高くなります。そこでリーズナブルで安全性の高い郵貯(ゆうちょ)の学資保険はお奨めです。一般的な家庭ではかんぽ生命やゆうちょなどがいいと思います。

ゆうちょの保険ということもあり、最近の保険業界の状況を考えると、通常の民間の保険に比べ倒産リスクは少ないゆうちょの学資保険はお奨めです。色々な学資保険を比較して悩んでいるのであれば、無難にかんぽ生命やゆうちょ(郵貯)にするのが確実です。大学進学の資金にもなりますし、育英年金なども付加すれば万が一にも対応できます。郵便局の学資保険ならではのメリットがあります。まず、15歳、18歳、22歳のように教育費が必要な時期に合わせて満期が選べます。さらに、契約者が亡くなった場合でも支払い期間途中としても満額扱いになります。学資保険は、かんぽに限らずトータルの支払い金額よりももらえる金額の方が若干少なくなる場合もあります。しかし、保険であるので、契約者が死亡した場合など、万が一の場合、きっと役に立つでしょう。

ゆうちょ(郵便局)学資保険のメリット

ゆうちょ(郵便局)の学資保険のメリットは保険会社の規模と安全性です。大手の外資の保険会社に公的資金を注入するなどのニュースを聞くと、日本のどの銀行よりも資本力の大きいゆうちょの学資保険は倒産するリスクも少なく安心です。

ゆうちょの学資保険ならではのメリットは、15歳、18歳、22歳のように教育費が必要な時期に合わせて満期が選べることです。また、普通の家庭でも支払い能力に合わせて保険金を設定することが出来ます。そうすれば、中途解約するリスクも減ります。

次に特約を付けることで、病気や入院の場合も保険料が支払われます。契約者が亡くなった場合、支払い期間途中としても満額扱い(保険料の免除)になります。また、また、ゆうちょではオプションとして育英年金も付加できます。
次に学資保険の支払い方法ですが、毎月型と前納型の2つがあり、前納型では3ヶ月以上前納すると割引があります。また、ぱるるや銀行の口座引き落としの場合1.5%の割引があり、長期間支払う場合につれて、かなりお得になります。
ゆうちょの学資保険は掛け捨てではなく貯蓄型で、元本割れのリスクも少ないこともメリットとして、挙げられます。

ゆうちょ学資保険の特徴

ゆうちょの学資保険の特徴は、

●15歳満期のタイプの学資保険(15歳満期タイプの加入対象年齢は、被保険者が0歳から10歳で、保険契約者が男性の場合は18歳から55歳で、女性の場合は16歳から55歳)
●18歳満期のタイプの学資保険(18歳満期タイプの加入対象年齢は、被保険者が0〜12歳で、保険契約者が男性の場合は18歳〜55歳で、女性の場合は、16歳〜55歳)
●生存保険金付きの18歳満期の学資保険(被保険者0〜9歳で保険契約者が男性の場合は、18〜55歳で女性の場合は16〜55歳)
●生存保険金付きの22歳満期の学資保険(被保険者が0〜12歳で保険契約者が男性の場合18〜55歳、女性の場合は、16〜55歳)
が4タイプがあることです。

満期700万円から50万円までの範囲で保険に加入できます。
契約する商品により9歳・10歳・12歳までと上限年齢が変わりますが、これはゆうちょ学資保険が、子供の進学時期を考慮しているからです。
生存保険金付き(18歳と22歳満期のみ)の場合は、契約後一定期間を経過すると保険金を受取れます。万一の場合にも保険金が支払われます。
また、ゆうちょではオプションとして育英年金も付加できます。
株式会社かんぽの生命保険のホームページで保険の見積もりが出来ます。
http://www.jp-life1.japanpost.jp/hoken/sekkei/index.htmlの学資保険、育英年金付き学資保険でシミュレーションしてみて家計に無理の無い範囲の保険料を探しましょう。