絹ソックス 

2007年05月01日(火) 7時57分
妊娠してからはまっているものがあります。

それは・・・5本指靴下。

「冷えはお産の大敵」とばかりに冷え対策をしていたのですが、一向に足の冷たさが改善しないとき、

ずぼらな青木さんの冷えとり毎日」という本を本屋で発見。

そこで紹介されていた、絹の5本指ソックスというものに興味を持ち、
友人に話してみたところ、cocoonfitで買えるよ〜と教えてくれた

マタニティ・ヨーガ 

2007年04月27日(金) 22時33分
ずっと行きたいと思っていたマタニティ・ヨーガに先週、今週と行ってきました。

4回の回数チケットを購入したものの、
私のうっかりで、GW中はレッスンがないことに気が付き・・
下手したらもう今日で最後だったかも。。。

でも、せめてあと1回は受けられるといいなぁ。。。
(ほんと、間抜けです。。。)

マタニティ・ヨーガの感想ですが、
思ってた以上に、自分の体のちょっと歪んでいるところとか、
体の感覚が微妙に得られない部分とかを感じることができました。

ちょっとコツをつかめば、お金を払わなくても家でできそうではあるけれど、
なかなか家にいるとやらないんですよねぇ。

しかも、やはり長男との二人の時間が長いと、
ちょっとシムスの体位など楽な姿勢で横になる・・という ほんっとーーに「ちょっとしたリラックスタイム」も取らなかったりして。
長男が保育園に行ってくれてる時間も
家にいるとついつい「あれやらなきゃ、これやらなきゃ」とセカセカ動いてしまう。

移動時間と昼食などの時間もあわせて2時間弱だけど、
ちょっと散歩がてら外に出て、
散歩&ヨーガで運動とリラックスに集中するのも良いな〜とおもった。

とはいえ、
「家でもできれば毎日10分でいいからやってくださいね〜」という先生の言葉を
毎日頭の中で反芻しつつ、全然やってない。。。
ダメ妊婦・・。

産休入ったら、できれば活字やPCに向かう時間を減らして
体を動かす&リラックスを心がけましょうと言われたのに、
結局色々仕事や勉強やらなんやらとやってしまう。

もっとゆったりとしないと、赤ちゃんもかわいそうだよね


臨月入っても、まだ元気に動いている赤ちゃん。
おなかの中で何を考えているのかなぁ。


ついに36週突入 

2007年04月22日(日) 23時53分
とうとう36週に突入。

やっぱり二人目とはいえ、色々不安なことがいっぱいです。
出産に関してというよりも、
どういうときに陣痛が来るのか、とか(パパに連絡つくかな・・・というのが一番の不安)
私が長男の保育園のお迎えに行けなかったら
パパか、誰かに頼めるのか、、とか。

パパは土日もいないので、
一番困るのが土日、連絡つかない時間帯に陣痛が来てしまったり、破水したりすること。
連絡がついたとしても、土日は自宅にたどり着くまでに1時間半はかかるし・・・。

あとは、産んでからも
入院中どういう生活になるのか(一応子連れ入院します)
パパは「そのときは仕事休むよ」と言ってくれてるけど
「本当に休めるの?!」と私は正直心の中では思っています。

今日、「もう36週だよ」とパパに告げると、

「で、いつごろになりそうなん?」という質問。

・・・・・・・・・。

そんなのわかるもんか!!!!

私だって知りたいくらいです。


35w6d 

2007年04月20日(金) 23時33分
今日は助産院の嘱託医で検診いってきた。

実は前回の嘱託医での検査で、GBS(B群溶連菌)の項目で陽性が出てしまいました。
GBS自体は20%〜25%の人が陽性になるらしく、つまりキャリアは4〜5人に一人とめずらしくないものだそうですが、助産院で産むとなると、医療の介入ができないので、
断る助産院もあるとのこと。

GBSというのは、
出産の際に膣内を通ってくる赤ちゃんに感染する危険があり、
万が一感染すると、肺血症とか髄膜炎などの怖い病気を引き起こすことがあるそうです。

ただ、感染・そして発症するのは本当にわずかな確率だとのこと。

でも万が一感染してしまったら、確率なんて関係ない。
赤ちゃんにとっては生きるか死ぬかの0か100かのものなので、
助産院での分娩を選択するか、再度検討するように言われました。

一応私が分娩予定の助産院では、
抗生剤の点滴をしながらの分娩をしてもらえるそうだということ、
あとはその感染しないという可能性を信じようということで
結局当初の予定通り助産院での出産を決めました。

助産院だと、万が一点滴で母体(つまり私)がショックを起こしたりしても、
代替手段も、措置もできず、搬送するしかないし、
赤ちゃんが生まれてすぐ、検査などはできないので、
経過観察をして、何かおかしければそれもやはり搬送するのみ。

でも、きっとこんな私の元に生まれてくる赤ちゃんだから
感染せず、元気に生まれてきてくれると信じて、
助産院で赤ちゃんを迎えようと思っています。



31w6d 

2007年03月24日(土) 20時37分
今日は、助産院の嘱託医での検診をしてきた。

後期の血液検査をしたが、
ベテランの看護士さんが採血したあと、
「すみません、一項目漏れていました・・。」と再度採血。

次はとても若い方で、
針がささった瞬間、とっても痛かった〜><

なんだか、その後もずっと腕が痛いな〜と思っていたら、
あとに採血した方の注射の跡のまわりがかたくなっていて大きな内出血になってました。

やっぱり、経験の差ってあるのね・・・・


さてさて、肝心の検診は、
赤ちゃんはとっても順調に育っていて、安心。

急に昨日の夜から、下腹部に強く張りがあるのと、
寝ていると腰がすごく痛いな〜と思っていたら、
赤ちゃんがちょっと下がってきているとのこと。

頭の形も丸くなく、若干骨盤にはまり気味だとか。

「気をつけてね〜」と先生には言われたものの、やはりわんぱく盛りの長男と過ごす中で「安静」は無理!


かといって、早く生まれてきてしまって、色々大変になってしまうと
余計に長男との時間が減ってしまうので本末転等・・。

当の長男は、今日も検診についてきてくれて、
「あ、赤ちゃん!」とモニターをうれしそうに見ていた。

先生が立つ位置を陣取って、ママのおなかを観察したり、
採血の間、「痛い?痛い?」と聞いてくれたり、とってもいい子だった。



しかし・・
いつもながら、なぜか病院ではとってもいい子で
やっぱり外に出ると、甘えっ子。

「抱っこ〜」から始まり、「あれ乗る!」「こっち行こう!」と乗り物やら、
帰りに通りかかったデパートのおもちゃ売り場やらを指定しまくること4時間あまり。
妊婦のせいか、老化なのか、体力もちません・・・

とはいえ、子供にとっては理不尽なことで、我慢をさせたくないと思ってしまう。
同じ我慢や、ちょっとがんばってみよう、と思うにしても
納得の行くようにしてあげたい。

同じ保育園のママさんに、「妊娠してるの?じゃあ抱っこはダメ!って怒らなくちゃ」って言われたんだけど
それはそれでなんとなく、私には違う気がするんだなぁ。

それぞれの方針だけど、私自身は、どっちかというとお願いする身なんじゃないかな、と。
「ママ、おなかに赤ちゃんがいるよね。今日は痛いから、歩いてくれる?」と。
そうすることで、自然と「ありがとう」と言えるような気がするし。。。

約束やお願いをした上で、それでも子供が無理に要求してきたときは
そのときに初めて叱る、というか諭すものなのかな、と思っている。

わがまま放題にさせる、というのは論外だけど、
こちらの事情をわかってもらい、その上で子供自身に考えてもらいたいなぁ、というのが本音。

でも、うちの場合、、
すぐに「赤ちゃんがいいって言ってるノ」とか
「ママ〜、おなかいたくないよ〜。イタイノトンデケしたからだいじょうぶでちょ?」と
言われるのがオチですが^^;

28w6d 

2007年03月03日(土) 17時51分
更新がすごく滞っていました

今日は、初めて助産院での検診の日でした。
予約の電話をしたとき、「上の子も連れてっていいですか?」と聞くと
「もちろんよ〜」と心強いお返事。

いつもは落ち着きのない長男ですが、なぜか助産院にいったときは、真剣に先生の話を聞いたり、エコーを見たりしてくれました。

病院最後の検診で、逆子ちゃんだったBabyちゃんも、
きちんと頭を下にしてくれてました。

「赤ちゃん、ちゃんと頭を下にしてるよ〜」という先生の声に
長男は「赤ちゃんいいこねー」とおなかをなでなで

エコーで、赤ちゃんの顔がうつると、思わず
「こんにちは〜」と嬉しそうに話しかけてくれました。

息子が助産院も気に入ってくれたようで、安心しました。もしかしたら、長男も一緒に立ち会ってくれるかな??と期待しちゃいました

今日は、お灸を教えてもらいました。
やっぱり、「冷え」はお産の大敵。
冷えを解消するツボでもあり、子宮への良い影響もあるという「三陰交」というツボにお灸をするというものでした。

今までお灸にすごく興味があったものの、
自分でやるのは怖くて、ためらってましたが、意外と簡単なんですね
すごく熱そうなイメージもありましたが、本当に熱いのは10秒くらい。

これなら、続けられそうです。


「冷え」を気にしていた私でしたが、合格点をもらえました☆

ただ。。。

体重がすでに10キロ増えてしまっているので、
「間食はやめてね〜」と先生からのお言葉

食生活にも「冷たいものを食べない」などの気を使ってるものの
どうしても、甘いものの誘惑には勝てません

せめて、日を決めて食べるようにしようかなぁ・・・・

体質改善〜洗濯〜 

2007年01月29日(月) 0時03分
「助産院で産む」と決意すること、
それは自分自身の力で良好な状態を作り、赤ちゃんを自分で生み出す責任を負うこと。
・・・というとなんか堅苦しいけど、
医療行為が介入しないその場所で
例えば体が冷えていたり、体力はもちろん、赤ちゃんを産むための筋肉が弱いと赤ちゃんを元気に産んであげることができない。

なので、、、これを機会に
体質改善をすることに!!!

といっても、たいしたことはまだしてないのですが。。

まずは運動編ということで・・・

産院探し(続編) 

2007年01月22日(月) 23時34分
実はまだ産院決まっていません

・・・って気づいたらもう20週過ぎてた!!!
早く決めなくちゃ・・・・。

結局調べたり、見学に行ったりで、
絞ったのは

目白バースハウス

八千代助産院

杉山助産院

の3つでした。



16w1d検診とマタニティウェア 

2006年12月04日(月) 22時33分
今日は久々の検診。
とっても楽しみにしていました

まずは心音の確認。
長男も一緒だったので、「トッ トッ トッ」というとても早い鼓動を聞くと
長男は「ア!アカチャン??これ、アカチャン?」と言いながら
【聞こえる】のベビーサインを出していました。

余談ですが、
長男とは約1年くらいベビーサインでの会話を楽しみました。
ベビーサインがなければ、経験できなかったこと・・・
例えば、子供がどういう発想をしてるとか、何を思っているのかとか・・
たくさん経験できて、とても楽しかった。
今は、もちろん話し言葉がほとんどですが、
↑のように、話し言葉とあわせてサインを使って、一言で色々なことを表現してくれたりします。

意外と今でも便利です^^


さて、本題。

産院探しとこだわり。 

2006年11月17日(金) 15時59分
今、産院探しをしています。

長男を出産した時は、里帰りをしたのですが、今回は都内で産みたいと思っています。
里帰り出産だと、いつ生まれるかわからない時期〜出産まで、パパとは離れ離れ。
長男のことが大好きなパパは、
きっと出産までの間、長男と離れるのはつらいと思うのです。

前回の出産では、個人産院で、分娩台での自然分娩でした。
一応、母乳主義だという病院を探しての出産でしたが、
実際はあまり母乳に詳しくなくて、無理な搾乳なども行っていました。(そのため、出が良かった私はパンパンに張ってしまうことが多々ありました)

また、基本母子同室でしたが、出産当日は新生児室にいて、別室でした。
出産当日から元気だった私は、早く長男に会いたくて、
授乳の時間以外にも新生児室を訪れ、助産師さんに「体を休めなさい」と怒られてしまいました^^;


今回、ひじょーーーにわがままですが、
こだわって産院を探したいのです。。
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像yucha(レス)
» 絹ソックス (2007年05月09日)
アイコン画像さちこ
» 絹ソックス (2007年05月07日)
アイコン画像ハナ
» 絹ソックス (2007年05月02日)
アイコン画像通りすがりの医者
» 35w6d (2007年05月01日)
アイコン画像yucha(レス)
» 35w6d (2007年04月29日)
アイコン画像通りすがりの医者
» 35w6d (2007年04月29日)
アイコン画像通りすがりの医者
» 35w6d (2007年04月29日)
アイコン画像通りすがりの医者
» 35w6d (2007年04月29日)
アイコン画像通りすがりの医者
» 35w6d (2007年04月25日)
アイコン画像yucha(レス)
» 体質改善〜洗濯〜 (2007年03月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yucha_ninpu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる