分身 

2006年09月27日(水) 10時07分
「…満足ですか」
終わってからそんなことを呟く。
Lが憎くて仕方がない。






      分身







私は種 3 

2006年07月26日(水) 16時27分
その日、夜神くんが部屋に戻ると、私を見て話しかけてきました。こんなことはほとんどありません。
「お前、構内でうちの生徒と仲良くしてるって?」
「いえ…」
「大概にしろよ。お前種人間だろ」
それだけ言って夜神くんは背中を向けて勉強をはじめました。
…今のは命令、でしょうか。

しかたないので次の日から松田さんを微妙に避けるようにしました。
松田さんは私を捨てられた犬のような目で追っています。私は種人間なのに。
とても辛いです。
いっそ本当のことを言ってしまったらどうでしょうか。

私は種 2 

2006年06月09日(金) 14時57分
私は夜神くんの許可なしには掃除のひとつもできません。
好きにしろと言われて、部屋でひとりでうずくまっているのも不毛ですし、私は外に出てみることにしました。夜神くんのプライベートスペースを荒らすのはまずそうですが、外に出るなとは言われていません。
種人間は頬に思い切り製造ナンバーが印字されているので、頬に大きな絆創膏を張りました。

私は種 1 

2006年06月01日(木) 11時49分
※パラレル注意。月L描写ほとんどないけど自分の中では月Lです。
エロあり。Lたんかわいそう。
―――――――――――――――――――――――――


私は種人間です。
種人間は水とおひさまの光で育ちます。
種人間は人間に絶対服従です。

種人間も色んな品種がありますが私はL型セクサロイドとして出荷されました。
普通セクサロイド型の種人間はエッチが好きなように品種改良されているのですが、私は変異体だったようでどうしてもそういう気持ちがわかりません。
それに見た目もよくなかったので、仲間がお客様に媚びて買い取られていく間、どうにもできずに売れ残ってしまいました。
収穫の時期が終わって、私はとうとう陳列ケースに最後の一匹になってしまいました。
このまま処分されてしまうのかもしれない。
だけど買われる努力をしなかった私も悪いのだ…そう思っていました。

夜 3 

2006年04月26日(水) 14時43分
※注・松Lで半陰陽竜崎。18禁。女体ではないです。
―――――――――――――――――――――――――


夜 1 

2006年04月08日(土) 23時14分
※注・松Lで半陰陽竜崎。ふたなりみたいなもん?
―――――――――――――――――――――――――



だから言ったんだ危ないですよって。
僕の経験上、疲れはててるときにシャワーなんてあびたって目が覚めるどころか逆効果になるに決まってるんだ。
だけど竜崎は変わった人だしまた別なのかななんて…
だけど今の音。
絶対倒れたんだだから言ったのにっ。
僕は大慌てでシャワールームに向かった。



夜 

教室 2 

2006年03月28日(火) 13時21分
「東大生×L」2回目。18禁です。
基本Lかわいそうですがよろしい方だけどうぞ。↓

教室 1 

2006年03月20日(月) 21時10分
はじめなのに東大生(しかも複数)×Lです。
ここはそんなブログです。やおい(やまなしおちなし意味なし)を貫いております。
大人の女の人だけどうぞ。


初めにお読みください 

2006年03月18日(土) 19時01分
こんにちは鳥縞コキリと申します。
ここはデスノートのL受け小説ブログです。
管理人はL好きです。好きすぎて歪んだ愛が暴走しています。
内容はL受け18禁の予定です。基本Lがかわいそうな感じになりそうですがそれでもよろしいよという方だけご覧ください。よろしくお願いします。
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yubikiri_444
読者になる
Yapme!一覧
読者になる