sasuke 

April 20 [Thu], 2006, 0:11

何か。 

January 27 [Fri], 2006, 13:06
お腹が痛いなぁ…。


まぁそのうち治るだろう。




そうしてまたガチャピンが一つ増えるのでありました。

金がヤバい……。

今ハマッてるもの。 

January 25 [Wed], 2006, 21:32
モノガチャピン。

知ってる人いんのかな、最近よくゲーセンとかのユーフォーキャッチャー景品で出回ってたりするんですが。

出回ってるっつっても、リラックマとかディスニーには遠く及ばないような感じだがね。

モノガチャピン(ムックはどうでも良い)をそれで集めまくってるわけですよ。

普通の店にはストラップくらいしか売ってないもんで。

今持ってるだけでも、何個だろ…

レザー生地のぬいぐるみ×1個
目が動くタイプのぬいぐるみ
大きいやつ×1個
中くらいのやつ×1個
中くらいのやつ(ウィンターバージョン)×2個
中くらいのやつ(バレンタイン使用)×1個
がま口ぬいぐるみ×1個
マスコット×1個
マスコット(バレンタイン使用)×3個
マスコット(小さめ)×1個
携帯の入れ物×1個
携帯ストラップ×3個
キーホルダー×3個
小物入れ×1個
キャリーバッグ×1個

くらい、かな?

そんなモンだから、今部屋の中はガチャピンで溢れてるわけです。

マジ可愛いー。

本当は大きいぬいぐるみもう一つくらい欲しいんだけどな。

さすがに取るのは難しいんです。

ので、中くらいので我慢。

こんだけぬいぐるみあるけど、被ってるのは一つも無いのが自慢です。

あ、マスコットとキーホルダーが一個ずつ被ってるかな。

それにキーホルダーはムックもある。一個だけだけど。

いらねー。

後バレンタイン使用のぬいぐるみが2種類、蒐集できてません。

頑張ってみるかな。

あ、後はあれよ。財布?

可愛かったんだけど、あれはさすがに取れなかった。

欲しかったなぁ、惜しいことした。


でもまぁとりあえず、もう少し増やそうと思います。

ガチャピーンvvv

ふへ。 

January 22 [Sun], 2006, 21:47
ついさっき、私がバイト先でもっとも敬愛しているY先輩が熱を出してダウンされてしまったので、明日のシフトの代理を探している、とのメールが入る。

一月の後半はもうほぼ暇人と言っても過言ではないし、ホント、そのY先輩は尊敬敬愛の対象なので、こりゃあ受ける以外に選択肢はねーだろ、と意気揚々。
シフト表で一応先輩の入っていらっしゃる時間帯とかをチェック…。

Y先輩→8:30〜18:00
先輩→13:00〜18:00

補足なんていらねーだろ、と思いつつも、まぁ一応。
Y先輩の下に書いてある「先輩」はあれよ、私が好きだった先輩ですよ。一ヶ月前に告白して見事に玉砕した先輩ですよ。ゴハンですよ。

ふふ、(´v`*)

バイトの神様は私に相当恨みがあるらしい…

前の3時間でもだいぶキツかったのに、今度は6時間かよッ…!!2倍じゃねーかッ…!!!
いや、確かにそういう事を気にする前に仕事しろって話なんですがね、事務仕事だからあれよ、全員で一つの大きな作業をこなす時だってあるわけですよ。作業中の沈黙程苦しいもんはねーぜよ。

それでも私がシフトに入る事でY先輩が心置きなくお休みになられるんだったら、私は犠牲になりませう。代理しますよー、とメールに認めて送信。
ありがとーって感謝に満ち溢れた返事が返ってきたので、やっぱり申し出て良かったと胸を撫で下ろす。

でもまぁ、考えようによっちゃ、こうやって先輩と何度も何度も同じシフトに入ったら、そのうちもっと前みたいに、何の違和感もなく普通にお話出来るようになるんじゃないかと。やっぱ気まずいのって嫌だしね、折角バイトするんだったら楽しくやりたいじゃん。

告白したことを後悔したことはないけど、たかだかそんなどっちがどっちを恋愛対象に入れてたってだけで気まずくなるなんて可笑しいじゃんね。今の私にとって先輩は恋愛対象でも好きな人でもないから、余計。今年ひいたおみくじ(末吉)にも、「過去の事は気にするな」みたいなこと書いてあったしね!

過去なんざさっさと水に流すに限るぜー。明日が楽しみだ。

やべーやべー。 

January 22 [Sun], 2006, 2:09
何か気付いたらもう21日?22日? もうどっちでも良いや、ここまで来たら変わらん変わらん。まったく、日にちっちゅーのはあっという間に過ぎますね。
けどあれよ、やっとレポートとテストが全部終わって、早々と自由の身になりました。
ひゃっほい。
今は知り合いからもらったゲームをひたすらやってます。
ギルチィ最近やってないなぁ、、ちぃの彼氏からもらったギルチィムビは毎日のように凝視してますがねッ!

あー、でも17日だったかな。死ぬかと思いましたよ。
一月に入ってから全然バイトに行ってなかったので、っつーか、ぶっちゃけ12月17日に先輩にフラれてから一度も行ってなかったワケなんだが。偶々、代理を頼まれたので行ってきたわけですよ、バイトに

丁度一ヶ月ぶり。
さーてと、私と一緒にお仕事するのは誰かなぁってバイト先に貼ってあるシフト表見たら、
私→13:00〜17:00
先輩→13:30〜16:30

なめてんのかコラァッ……!!!

「次に会っても普通に接するよ」ってお互い一応言ったけどさ!? それにしても3時間二人っきりってありえなくね!?!? しかもあれよ、バイト先は某有名塾で事務の仕事なんだがッ!
今の時期、センターだの何だのっつって講習があんまりねーもんだから、やる事全然ねーんだわ…ッ!!
やっべー、マジ気まず−とも思ったが、今更帰るわけにも行かない、何ったってこっちは財政難で、マジバイトに入らないとやってられないわけッスよ…。

結局あれだ。

 金>女としてのプライド

金のためならフラれた人の前でもいつもの態度とってやろーじゃねーかって、開き直る。

心の整理、という名のただのガキっぽい愚痴っすよ。 

January 05 [Thu], 2006, 2:13
あけましておめでとうございます。
年賀状は今まさに書いている最中なんで、もう少し待ってください。っていうか、住所のデータが吹っ飛んだので、みんなの住所が分かりません。年賀状くれた人は分かるんですが。
多分、7日か8日くらいに着くと思うんで、届いた人は生暖かく鼻で笑いながら貰ってやって下さい。

今、田舎から兄が来てるんですが、どうにもこうにも。
兄の何が変わったわけではなく、かと言って、私も何が変わったというわけでもなく…。昔、まだ一緒に住んでた頃にはそこまで感じなかった反発や反感を、常に感じてしまうのはきっと気の所為じゃないはずだ。兄の一挙一動にイライラする。ああ、もう我慢ならねぇ。
確かに直感で物を言う私と、理屈で攻めて来る兄はもともとの相性が良くない。意見が合わない事なんてしょっちゅうだし、相手の言葉に腹を立てることも珍しくない。けど、ここまでイライラが長く続くことは今までなかった。いっつも衝突した後、少ししたらお互い普通に話しをするし、遊んだりもする。
けど今回は違う。話そうという気にならないし、一緒にいたいとも思わない。小さなイライラが積み重なって此処までの反発を招いているんだろう、とは推測できたけれど、それの対処が分からない。最悪。
兄は明後日の昼に田舎に帰るけど、傍に兄がいなくなったからと言って解決するわけじゃない。次、春に会った時に同じような気持ちになるのは死んでもゴメン。兄妹なんて、年をとれば自然に消えてしまうような細っこい縁で繋がっているわけじゃないし、ひたすら無視すれば良いってもんでもない。それに、私と兄が不仲の状態でいる事をうちの母親は何よりも嫌う。そんな家族だから、どうにかこの気持ちをどうにか整理しなきゃいけないわけだ。

引き続き イン 大阪 

December 28 [Wed], 2005, 1:53
この日もこの日とて遊び呆けました。遊ぶってのは本当に最高です。

前日の忘年会に参加してたメンバーの中から数人が、私と遊ぶのに付き合うと言ってくれたので。。嬉しいことですな、本当に。…嬉しいことですな、とか言いつつその日も遅刻しました。マジすいません。
でも待ち合わせ場所に行くために電車に乗ってる最中、ヒロコと珠さんとあっ子からメールが入って爆笑。全員遅れるそうな…。結局待ち合わせ時間ぴったりに来たのはウメだけで、ホント申し訳ない。あまりの申し訳なさに、会った瞬間、持ってた荷物を放り投げてウメを力強く抱き締めました。ぎゅー。
これで許してくれるウメは心が広い。(よいしょ)
後からやってきたヒロコと珠さんをマクドで待ちうけ、カラオケへー。このメンバーだと美声揃いだから良いですな。ご満悦。。ヒロコと珠さんはマジ普通に上手いし、ウメはウメで、私の好きな歌をチョイスしてくれるし。ういヤツよ・・・。
カラオケの中で写真とか撮りまくって、かなり爆笑しました。ウメは背後霊みたいやし、気付いたらヒロコを盗撮してたし、そんな中で珠さんだけがバッチリカメラ目線できまってるし。ホンマ、芸部やなぁ。(笑)
その後再びマクドで、今度はアツコと合流。そんでウメとはお別れ。。二人共、忙しい中マジサンクス。
ウメが行った後は暫くダラーとお話をし、珠さんが定期入れをご所望していたので、四人でショッピン イン ダイエー。あれ、ダイエーやんな?多分。まぁ良いや。
本屋で占い見たり、オススメの本紹介し合ったり、十二国記でアツコと盛り上がったり。や、あれはホンマおもろい。 かなりマターリな時間を過ごせました。ありがとう。。
その日の新幹線は5時台のを取っていたので、時間は短かったですが。ぶっちゃけ、二日目のこの日は一人で過ごす事になるやろうなぁ、ってたかを括ってたので、みんなと遊べて良かった。

あー、次は春になるかな?大阪に絶対行くので、その時はまた相手してくれると嬉しい!
ホンマ、これからもよろしく><

忘年会 イン 大阪 

December 27 [Tue], 2005, 1:34
その日はあれです。午前中にちぃと会う約束を事前にしていたので、家をかなり早くに出ました。
長期の休みに入ると一気に昼夜逆転の生活をしてしまうダラケー人間なんですが、この日はマジで頑張りましたよ。寝床から起きたのは明け方5時。7時過ぎの新幹線に乗って、10時過ぎくらいに大阪に着く、という予定にしてたので、このくらいに起きなきゃマジやってられない。
服装とか荷物はもう前の日の夜中に準備していたので、そこらへんは要領よく。 んで、まぁ、何とかギリギリ10分前に新幹線に乗り込んで、一路大阪へ。途中、名古屋に雪が積もってて焦った焦った。(笑)
大阪に着いたらまずはホテルに行って荷物を預け、そっからちぃの学校まで講義を受けに行く。理由なんて知りません、気付いたら何でかそういう予定になっていたとだけ。まぁちぃの学校の講義は(中略)…。
忘年会開始の6時過ぎよりも早くに講義が終わったので、二人でカラオケへー。いつの間にか音域の高い歌を歌うようになったちぃを生暖かく見つめながら、一時間くらいでカラオケ終了。でもその時点でぴったり待ち合わせ時間だったなんて口が裂けても言えません。ダッシュよ、ダッシュ。
案の定ビリっけつで待ち合わせ場所についたんですが、いやー、みんな女の子らしくなりましたな。これで食指を動かすなってのが無理ってなもんです。鳥インフルエンザに感染したため忘年会に参加できなかったアユに心の中で涙をながしつつ、私の視線はみんなのボディ目掛けてまっしぐら。
店の中で落ち着いたらもうそこからは触り放題でした。下手なキャバクラ行くよりも触れたぜーとご満悦。酒を飲んで顔は赤かったが、あれはマジで素面です。記憶もバッチリイエイ。とくにもっさんのt(自主規制)  でも私の触り方よりもウメの方が大分ヤラシかったぜー? なんか悔しいな…。
まぁそんなこんなでウハウハでした。恋バナも出来たしね、やっぱり持つべきものは腹を割って話せる友人だす。

ふいー。 

December 21 [Wed], 2005, 0:05
日記ってのは一回サボり癖がついてしまうといけない。『後で!』の『後』は絶対に来ないってうちの父親の口癖なんだけども、確かにそうだなぁと思ってしまう。
まぁ別に、ただの日記なんだしサボっても誰も咎めたりなんかしないし。だから、こうやって日にちは空いてもまた書こうって気になるわけだ。

今日は髪を切りに行ってきました。肩甲骨の下辺りまでダラダラと伸ばしてたんですが、夏に髪を染めた影響でだか、毛先が痛む痛む。冬の冷たい風に一吹きされただけで、ボサボサに広がっちゃうから堪らんね、ホント。 でも着物を着るからってんで、出来れば切りたくなかったんですが、どうも田舎は雪がスゴイらしく、着付けは来年の3月に変更になりました。さすがに50センチも積もってるところをムリに車で走って事故るなんてフザケてることこの上ない。これで一家仲良く、なんて笑いたくても笑えねーっつの。(笑) 
本来なら明日、大阪にも一泊するつもりだったんですが、確か東名高速道路にも雪が積もってんのかな?走れることは走れるんだけども、下手したら除雪作業の所為で途中降ろされるかもしれないってんで頼りになんない。車で帰れなければ新幹線があるじゃないか、っていうけども、家族三人で東京から鳥取までの料金はマジでバカになんない。
っつーわけで、明日は大阪にいけないけど、27日の忘年会には顔を出せるぜひゃっほい。22日は結構みんな忙しそうだったしなぁ。。こっちのが良いかもしんねーマジ楽しみww

そういやちぃから遅ればせながらの誕生日プレゼントが届く。
いつの間にやら年中行事の一つになってる誕生日のプレゼント交換。私が鼻眼鏡とか笑い袋とかかなり下らないもんを送ってるにも関わらず、なんでちぃはこんな上等なプレゼントをくれるんだよ。このブルジョワめ。(褒め言葉) 今日ようやっと今年中に片付けなきゃなんない課題やらテストやらが全部済んでひと段落、明日っから休みだから買い物にでも行こうかと思ってた矢先の出来事。寝耳に水ってこのことか。あるいは棚からぼた餅ってか。大事に使わせて頂こう。 27日にちぃの学校の集中講義、本当に紛れ込んで行ってやるから覚悟しとけー。

とりあえず。 

December 17 [Sat], 2005, 23:50
今日分かった事。
勇気があるってのと、ただの怖い物知らずは全然違うって事。

目の前に何か、自分の見た事も無いようなものが転がっていると、それがどんな物なのかを試したいっていうムダな好奇心が働いてワクワクする。
それが自分にとってどんな利害をもたらすか。だなんて一向に考えちゃいない。
とりあえず、それを試した後の満足感が欲しくてたまらないわけだ。

大人で、きっちり考えのある人なら、きっとその時に利害を考えて、試そうか思案するはずなんだけど。
未知の物っていうのは、ガキんちょにとっちゃイコール面白いモンでしかない。
それまでの人生経験とか、周囲の生温い環境にどっぷり肩まで浸かってやがるから、物事を考える隙がない。ありえないくらい存在しない。
しかも、ガキんちょだから、周りの事が見えてないわけだ。
それを試すと一体人にどんな迷惑をかけるか、微塵も思いつかない。
だから何でも試そうとする。だから怖い物知らず。
ぶっちゃけ言うと、傍迷惑でしかない。自己中心!

なんて、自己中心っていう思想は嫌いじゃないくせに、こういう事を平気で書くのはやっぱりまだまだ私はガキんちょだな。

カリカチュアだ、全く以って、本当に。
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yuantiancai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる