短期派遣業務の従事可能者要件についての怪

November 12 [Mon], 2012, 21:44
個人的考察。
とりあえず、次の仕事は決まりつつ、またしても派遣スタッフへ舞い戻るワタシ。
まぁ良い良い。
だってさー、高卒かつ資格無し、経験売りなら派遣が一番なのよね。
これは安直なのよ。
分かってる。
社員も選択出来るけど、給料と貯金とか考えたら、今までみたいに派遣+バイトした方が貯まるし。
資格取ればいいじゃないなんて言われますけど、それなりに経費かかるのよね。
さらに、高卒以上の学歴が資格試験受験要件だったりとか、割と手間なのよ。
さらに、職安の制度使えばと、ありがたいご助言いただきつつも、アソコもまた待機期間と無職要件が一人暮らしには厳しいよねー。
ただ、これからは少し方向を変えて、お勉強に腰を入れようかな、とも思うの。
派遣ながらも、次の仕事は決まった。
即日開始の案件が、初日26日。
仕方ないから、短期で仕事って思ったらば喧期潟рェ30日以外の短期派遣はできませぬーな結果。
要件のハードル高すぎるよ。
160歳以上である生活を維持する為2学生である昼3年収500万円以上の本業を持つ世帯主の副業目的である4年収500万円以上の世帯において、稼ぎ頭では無い者が就労者であるみたいになっとるそうだが、上記4項目のうち、ひとつでも該当すれば短期派遣で就労可。
ひとつでも該当しなければ、就労不可。
てかさー、4の世帯も500万以上の年収って、共働きか、生計者の扶養控除ぎりぎりor割とコンスタントに働かないと無理じゃねってフツーに思う。
つか、いわゆる都会住まい以外は無理じゃね国税庁資料転載のページ短期派遣の就労可能者要件を設定することで、直接雇用バイトの間口が広がるんじゃーなんて言ってるのは幻想でしょう。
短期派遣って、やたらスキル必要だったりするよ学生には無理だよハイスペックのシニアそれを、自社雇用しないよね。
経費かかるもん。
募集、工数、保険諸々。
しかもだ。
相変わらず、女の年収は低いの。
首まわんないよね。
死なない様に副業したくても、一人暮らしは働けませんって言われてるよねー。
生活厳しいから、ちょとでも足しになればの家庭の人は夢を追いつつ目指しつつ、頑張る人は母子家庭なんかどうすんだよ。
離婚したらどーすんだよ。
直接雇用を夢みたいに目ciいると仮定しても、就業規則に副業禁止って明記してる会社に勤務してる場合、懲戒免職の可能性もはらむし。
住民税、給与天引きしてるじゃない。
自社以外の収入も、判明するのよね。
そーゆーのだけは無駄にちゃんと調べるんだよね。
震災の復興以外に募金使ったりはうやむやなのにさ。
で、復興は進まないのにさ。
で、被災地はますます生活厳しいのにさ。
税金とられていいからさ、副業禁止って制定する企業も調べてしばいて3Pよ。
アホなのアホだのぅ。
二人暮らしすればいいってか。
したら、4クリアする主たる生計者との戸籍関係が必要なければ、ルームシェアだよねあ、でも世帯主が女の人だとうーん。
要綱とか読んで無いから知らんけど、読み解けば戸籍関係必要とか罠あったりしてね。
なんかさー、ララ書いてきて、女は結婚しろって言われてるみたいで腹たってきた。
派遣会社の人も困ってたよ。
要件に該当するひとが少ない、さらにはスキル指定もある。
能力の皆殺しだね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yu8wdq3w28
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yu8wdq3w28/index1_0.rdf