ちーちくちく輪☆

August 10 [Mon], 2009, 14:00
竹輪(ちくわ)は、魚肉のすりみを竹など棒に巻きつけて焼いたもの、または蒸した食品。魚肉練り製品のひとつ。串を抜くと筒状になり、竹の切り口に似ているためこの名が付いた。

竹輪の起源は弥生時代とも平安時代ともいわれはっきりしないが、いくつかの室町時代以降の書物に蒲鉾という名で記されている。江戸時代前には形状が蒲の穂に似ていたため蒲鉾と呼ばれていた。

後に、板の上にすり身をのせた形状の板蒲鉾(現代の蒲鉾)が現れ、それと区別するために竹輪蒲鉾と呼び、略して竹輪と呼ばれるようになった。江戸時代までは高級品だった。

スケトウダラアイドル待受(スケソウダラ)・サメ・トビウクイズオ・ホッケなどの魚肉に塩・砂糖・デンプンメ ル友・卵白などを加えて練り、竹製や金属製の太い串に棒状に塗りつけ、焼くか蒸し上げる。焼いたものは焼き逆 援竹輪と呼ばれ、蒸したものは蒸し竹輪、白ちくわなどと呼ばれる。現代の主流は焼き竹輪であり、ほとんどの場合機械によって自動的に焼き上げられる。保存の際、冷凍される焼童 貞き竹輪は冷凍焼き竹輪と呼ばれ、冷凍しないものは生ちくわと呼ばれる。地域によって用いる魚、形、味にそれぞれ特結婚徴がある。

島根県の野焼きちくわ、鳥取県の豆腐ちくわ、広島県、岡山県の豆ちくわ、山陰の手近所握りちくわ、熊本県の日奈久ちくわ、愛知県の豊橋竹輪、徳島県の竹輪など、日本では各地で作られる。

愛知県、長野県などでは、ビタミンASNS、ビタミンEなどを含んだ魚油が添加された「ビタミンアイドル壁紙ちくわ」が販売されている。

愛媛県八幡浜市の「皮ちくわ」は竹輪の魚肉を取出 会いり去った後に残る皮を10本程を串に巻き、焼き上げたもので、足とうま味が異なる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yu819yulveyuu
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yu819yulveyuu/index1_0.rdf