嘘みたいな偶然

December 26 [Sun], 2010, 23:39
昨日。



大和駅のホームで思いがけないことがあった。





電車が来る数十秒前、
向かいのホームには会いたかった人が立っていた。
どうやらゲームをしていたらしく、イヤフォンをして手元に集中していた。
私の真正面よりも右の方に立っていたから、絶対に私には気付いていない。

ほどなくしてこちらの電車がホームに入ってきた。

このまま乗らないで、彼の真正面に立ってみたら?


そんな気持ちに駆られたが、 理性が勝手しまい電車に乗ってしまった。



もう あんな偶然、ないかもしれないのに。


彼の正面に立って、メールを送っていたら?電話をしていたら?
もしかして 何かが変わったかもしれない?
そんな妄想ばかりが頭を過ぎる。

でも、勇気がなくてそんなことできやしない。


先日の会議のときだって。
階段で 偶然にも彼が別のフロアから出てきたところにはち合わせたのに。
何も できなかった。
目を合わせることすら。
気づいていないふりをして、先に降りるのが精いっぱいだった。


未だに
街を歩けば 気がつくとあの人の影を探している。

好きなのかな?
それとも、ただの執着?
いずれにしろ、
彼と会いたいし 話がしたい。
1年たった今でも建設的な話はできるようにはなっていないけれど。



昨日は一緒に夜を過ごしてちょうど1年だった。
1年前のことが頭をグルグルよぎって離れない。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:南帆
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yu2love/index1_0.rdf