真夜中の衝撃音

October 22 [Thu], 2015, 5:00



私がまだ地元で実家で暮らしていた時のこと
深夜、私はいつものように夜更しをしていました。

私はその頃、高校生で定時制に通っていましたが
その高校は中間定時というものがあり
朝の部、昼の部、夜の部があり
私は昼の部だったので時間には余裕がありました。

毎日夜は起きてましたが
ある日の事でした。

いきなり窓にガラスが割れるんじゃないかと言わんばかりの音で
何かがぶつかった音がしました。
私の家はいわゆる田舎にあるような家で窓が低くすりガラスで
何かが当たればすぐに分かります。
さすがに音の大きさから親も起きてきました。
外を確認しようという話になり、外に確認しに行くと…
そこには何もありませんでした。
念のために朝になってからも確認しましたが何もありませんでした。

あれは一体何だったのかは今でも分かりません。





それから何年かたってからの事
この事を友人に話したところ…

「それは霊のノックのようなものらしいよ?」

と言われました。
本当かどうかは分かりませんが
これがノックだとしても
もう少し静かな訪ね方は無かったのでしょうか…
そして何のようがあって訪ねてきたのでしょうか…




ー真夜中の衝撃音ー



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆか
読者になる
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yu2kamonika/index1_0.rdf