がんばったね 

2005年11月29日(火) 22時20分
人の気持ちって、どうにもならない。勉強とかスポーツとか、たいていのことは、めいっぱい努力して、頑張って頑張って頑張ったらどうにかなる。けど人の気持ちを変えることはすっごく難しい。
友達がそうゆってた。
真剣に恋をして、強く強くその人を思って、彼女なりにすごく頑張ってた。あたしはその姿を近くで見てきて、いっぱい感動させられた。人を好きになるって、こういうことなんだ。思いを叶えることは難しい状況で、悲しいことも一杯あったけど、好きって気持ちが一番にあったからあきらめようとしなかった。好きな人の幸せを願って、見返りを求めない恋ってゆうんじゃない。きっとそんなのはない。好きな人と思い合いたい、一杯愛をあげたいし、相手からももらいたい。そう思うのが当たり前で自然なことだと思う。
だからきっと勇気を出して、思いを伝えた。相手を振り向かせることはできなかった、けど、出会えてよかったって、ありがとうって言ってた。
相手にとっては何でもないような小さな事でどきどきしたり、嬉しくなったり悲しくなったり。それを通して人に優しくなれたり、人の痛みを分かれるようになる。彼女はほんとに強くなった。
彼女はこんなに魅力的なのに、なんで振り向いてくれないの?ってあたしは思ってた。けど、相手の子も正直でまっすぐな人だから、きっと彼女の気持ちを軽く扱うことをしなかった。
あたしはこんな経験、したことない。軽く恋をしてきたわけじゃないけど、誰かをここまで真剣に思ったことって、ない。だからといって悪いことはなくて、こんな思いになることはそう何度もあることじゃない、あたしにはまだ訪れてないだけ。こんな思いにさせる相手は、実はもう出会ってるのかもしれないし、これから出会うのかもしれない。けれどいつか彼女みたいな経験をしてあたしも強くなる。その時がきたら、絶対、思いをつらぬきたい。

こういうこと、ついこの間までは考えもしなかったな。年取るごとに環境が変わったり世界がひろがったりして、友達とか周りの人からたくさん影響受けて、成長していくんだなー。そう考えたら、一日も一瞬も無駄にできないのかも。

やるしかない 

2005年11月04日(金) 23時07分
今のあたしはほんとに幸せ者。大学で勉強することができて、お父さんお母さんが健在であたしを支えてくれていて、ラクロスに出会って、素晴らしすぎる仲間にあって、慶介に出会って。将来あたしは大学時代のことを思い出しては、あの日々があたしの人生に大きな影響を与えて、今の自分の大半を造りだしたって感じるんだろうな。
明日は大事な大事な試合。絶対勝ちたい試合。あたしの今できる120%のことをしよう。自分の弱くてネガティブな心なんて、フィールドに持ってってやんない。絶対絶対あきらめない、あくまで強気。仲間と自分のために勝つ。勝つ!

サイゼリア 

2005年11月02日(水) 23時35分
慶介と、21時くらいからサイゼリアに行ったこんな感じで、思いつきでどこか行ったり、何かしたりって楽しいそれを一緒にできる人がいるって嬉しいズーマー学校においてきぼりにして、慶介のバイク二人乗りで後ろ乗ってるときって、なんでいつもよりかっこよく頼もしく見えるんだろう?ザ・バイクマジック(笑)ホントの目的はあたしは手紙、慶介は勉強だったけど、結局手につかないまままったりあたしはどっちかってゆうと聞き役で話しべただけど、慶介といるときは結構おしゃべり付き合って一週間のわりに緊張しなさすぎだけど、ま、それもありだねこれから一緒にいろんなとこ行ったり、おいしいもの食べたり、したいことがいーっぱいだなもっともっと仲良くなって、お互いのこと知って、ふかーい関係を築いていきたいな

あたしの恋愛パターンは、誰かと付き合うことになって、最初はすごく好き!ってゆうんじゃなくて、でも付き合っていく中で、一緒に過ごす時間が積み重なっていく中でその人の存在がだんだんでかくなっていって、とっても大事な人になってる、こんな感じ。さなさんやゆみこのように、誰かをものすごく好きになって、片思いする中で心の奥から悲しかったり嬉しかったり、泣いたり笑ったりってゆうまっすぐな感情は、きっとあたしはまだ経験したことない。だからさなさんやゆみこのように、心に響いてくるまっすぐな言葉を言ったり書けたりできない。だけど悪いことはない。そばにいてくれるその人をちゃんと思いやって、大事にして、同じ事で一緒に喜んでいっぱい笑って、時にはケンカして悲しかったり泣いたり。二人で共有する同じ時間、日々、しっかりあっためていこう。

うちのお母さん 

2005年10月25日(火) 21時51分
お母さんはすごい人だと思う大学卒業してないけど自分で勉強して、今じゃ結構稼いでるみたいだし別居して一人暮らしできるだけの経済力、全く一人でつけたもんなー。お母さんいつも言うけど、ほんと手に職!だわそれに自分の母親ながらほんと若いし、かわいらしいし、なにかと貢がれてる 
子どもには甘いし、お金使いまくりでもあたしがやりたいっていうことには絶対だめっていわないし、何でもやりなさいってゆってくれる。今のあたしがあるのは90パーセントくらいお母さんのおかげと思ってる。あれはだめ、これはだめ、って言う親って多い気がするけれど、あたしはうちのお母さんみたいに子どもの可能性いっぱいいっぱいにひろげてあげたい日月火曜って福井帰って、お母さんの存在の大きさに改めて気付いたなあ。あたしが社会人になって、稼いで、お金ためたら、絶対海外旅行連れて行くからね、絶対
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yu-yu14
読者になる
Yapme!一覧
読者になる