2004年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yu-yu1112
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
スパイダーマン / 2004年12月04日(土)
見ちゃいました(*ノノ)
ごめんね結構バカにしてたよごめんね…
なかなか面白かったですヽ|・∀・|ノ
王道ストーリーだけど、やっぱり面白いから王道なわけで。
あり得ないだろー!とか色々つっこみを入れつつ楽しく見てしまいました。

トビー・マグワイアって美形じゃないんだけど、なんかすごくかわいいんですよね
口元がかわええ(*´д`)
それとヒロイン役のキルスティン・ダンスト。
最近知ったんですが、この子あのインタビュー・ウィズ・ヴァンパイアでクローディアを演じてた子なんですね!
あの西洋人形みたいだった女の子がこんなに大きく…
時の流れは速いなぁ。
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイアはかなり気に入ってる映画なので興味ある方は是非

スパイダーマンはストーリーとか王道ですが何も考えずに見ると楽しめます
CGとかは結構すごいし。
2も借りてきて見ようかな〜
大体話は予想つくんですが(汗
 
   
Posted at 03:32 / テレビ / この記事のURL
コメント(0)
アマデウス / 2004年11月28日(日)
見ました!
ちょっとパッケージデザインが不気味で見るのためらってたんですが、凄かったです。
パッケージデザインの第一印象って大事ダヨネ…
最近ちょい昔の名画とか見るのはまってます

ストーリーはご存知の通り、モーツァルトの一生を描いたもの。
でも視点はモーツァルトではなくて、モーツァルトと同時代に生きたイタリアの作曲家サリエリの視点から、というストーリーになっています。
サリエリのモーツァルトが持つ才能への嫉妬と、才能を与えてくれなかった神への復讐。
サリエリの感情は醜く恐ろしいものだけど、そういった感情に共感しこの映画が強く印象を残すのは、サリエリがラストに言うように私達の多くが凡庸で、モーツァルトのような天才への嫉妬を理解できるからなのでしょうね。
しかし、モーツァルトの音楽の才能を憎む以上に、サリエリは彼の音楽を愛していた。
そのモーツァルトを殺したという罪の自責の念から、サリエリの精神は壊れていきます。
F.マーリー.エイブラハムの、狂ったサリエリの演技は本当にすごい。
鳥肌立ちますよ。アカデミー賞主演男優賞を取っただけのことはあります。
実際のモーツァルトの死の原因がなんだったかは分からないけど、様々な解釈があって、こんなストーリーがあったかもしれない、と考えられるのが歴史物の面白さだと思いました。

あとはさすがに音楽が素晴らしい。
モーツァルトのアルバムとか欲しくなっちゃったよ〜
こうして色々中途半端に手を出して行く私…(゜∀。)

歴史物では『エリザベス』に並んで好きな作品になりました
なんていうか、きっと一生忘れられない映画の1本になると思う。
それにしても十数年前に作られた映画だとは思えません。
素晴らしい作品は色あせることがないですね、本当に。
 
   
Posted at 18:33 / レンタル / この記事のURL
コメント(0)
蝶の舌 / 2004年11月25日(木)
前々から見たかった映画の1つ。
やっと見れました。
舞台はスペインで、モンチョ少年の視点からストーリーは進んでいきます。
モンチョは喘息持ちで体の発育が遅く、学校が苦手。
でも担任のグレゴリオ先生に出会い、沢山のことを学びます。
蝶には舌があること、求愛行動でメスに花を捧げる鳥がいること、人間は死んだらどうなるのか。
しかしスペインの内戦で、共和派のグレゴリオ先生は連行されてしまう…
最後のシーン、モンチョがグレゴリオ先生に向かって叫ぶシーンには心を打たれました。

人間が自分と同じ考えや信仰を持たない人々に対して、理解し合うのではなく排斥しようとするのはとても悲しいことだと思う。
人権や差別廃止やらが叫ばれている現在でも、イラク戦争でキリスト教とイスラム教の争いが行われているし。
そういった争いの中でも失われることのない人と人との絆がある、ということを伝えている映画だと思います。
それにしても、中・高と歴史を学んできたのにスペインの内戦のこととか、全く知らない自分が恥ずかしくなります。

スペインの田舎の自然は本当にキレイ。
まるで絵画を見ているような気持ちになります。
ただストーリーが淡々と進むので、苦手な人は途中で飽きてしまうかも。
私は割りと淡々とした映画好きなのでじっくり見れましたが;
ラストは本当に号泣なので、一度は見る価値ありだと思います。

ハウルの動く城とか見たいんですが、時間がないよママン…
行くならレディス割引の日に行きたいしね(貧乏症デスヨ…)
シークレット・ウインドウも見ないうちに終わりそう。
てゆーかまだやってるのかな。⊂⌒~⊃。Д。)⊃だめぽ
 
   
Posted at 19:52 / レンタル / この記事のURL
コメント(0)
ディープインパクト / 2004年11月10日(水)
テレビでやってたので鑑賞〜
イライジャ・ウッドが若くてかわいい
同じようなストーリーでは「アルマゲドン」とかありますけど、
私はこっちの方が好き。
アルマゲドンの方が音楽とかインパクトはあるけど、
ディープインパクトの方が人と人の絆とかがよく描かれてる気がするので。
ラストの方、目の見えなくなった宇宙飛行士さんが自分の子供に呼びかける所とか、
お父さんと砂浜で語り合う所とか激しく号泣ですよ。・゚・(ノД`)・゚・。
人物の関係が映画中でクロスしていくのもいいですね〜
実はお気に入り映画だったりします
好きな映画がテレビでやってると課題があるにもかかわらずついつい見ちゃうんですよね!
 
   
Posted at 02:09 / テレビ / この記事のURL
コメント(0)
スキャンダル / 2004年11月04日(木)
今日シークレット・ウインドウを見にいくはずだったのに、寝坊してそのままぼんやり1日を過ごしてしまいました
えぇ、ダメダメですね!
借りてきていたスキャンダルを鑑賞。

ヨン様ファンとしてこれは見なきゃーと思って借りてきたのですが、どうもあんまり好みではなかったです…
ストーリーは、恋愛ゲームを楽しんでいるうちに、いつの間にか本気になってしまい、最後には皆不幸になってしまう、と言った感じの話です。
話自体はいいと思うのですが、どうも細部が;
狙っている相手を振り向かせるために、ゴロツキに襲わせてそこに駆けつけて相手を助ける、とかいつの少女マンガですか…(;´Д`)
その辺り、これはギャグ?コメディ?と笑えてきてしまったり…
終盤は結構良かったです。
終わり方とか、余韻があって良いですねぇ。
チョ夫人が一番不幸な人だったような気がしますね。
キーアイテム(?)に絵画が使われていたり、ラストに枯れた花が使われたりする辺り、小物の使い方がいい感じでした。
それと、衣装や家具、生活雑貨など、とても品のいい素敵な物が使われていて、それを見るだけでも楽しめるくらいです
衣装や風景など、色彩がとても美しいですよ。
アジアの映画はやっぱり色彩美が素晴らしいなぁと毎回思います。
それにしても女性の髪型は頭がとても重そうですね…大変そう;
ヨン様はやっぱりメガネの方が似会うなぁと思いました
あと、結構濡れ場が多かったりします。
始まっていきなり濡れ場だしね!(笑
ヨン様逞しい(*ノノ)
ヨン様ファンにはお勧めしときます(+`・ω・´)

トロイ、発売日に買ったというのにまだ見れていません…
卆制で忙しくて時間がなかなか
見たいのは色々とあるのですが(’_’、)
 
   
Posted at 01:44 / レンタル / この記事のURL
コメント(0)
ローマの休日 / 2004年10月30日(土)
前々から大好きな映画なのですが、テレビでやるということで見ました
やっぱり、いいですよねー!
白黒の映像だけど、いつ見ても古く感じない不思議な映画です。
なんといってもオードリー・ヘップバーンが可愛い!
本当に妖精みたいにかわいいです
私はオードリー・ヘップバーンを見ると、いつもディズニーのプリンセスを連想します。
あの系統の可愛さですよね。
お姫様か妖精みたいです(*´ω`)
この映画、調べてみた所1950年代の映画らしいのですが、オードリーの着ている服がとてもステキ
今見てもセンスあるなぁと思います。

ストーリーも良いですー。
お互いが相手に秘密を持っていて、でも引かれあっていって、だけどどうしても分かれなくちゃいけない。
特にラストの会見のシーンは何度見てもぐっときますね。
見つめあうシーンは本当にせつないです。
ラブストーリーではかなり好きな映画の1本です

今日はトロイDVD、買ってきました〜
特典でメモパッドももらいましたよっ(おまけに弱い私…)
早速明日あたり見ようと思います〜
楽しみ!
 
   
Posted at 02:19 / テレビ / この記事のURL
コメント(0)
コールドマウンテン / 2004年10月28日(木)
さてさて前回シンドラーのリストを見る!と言っていた私ですが、
返却日までに時間が取れなくてシンドラーのリスト、見ずに返却してしまいました。・゚・(ノД`)・゚・。
勿体無い、私のばかばか
でもほら延滞料高いし…!
シンドラーのリストはいつか絶対見たいので、また借りてこようと思います…

さて、そんなわけで今回はコールドマウンテン借りてきました!
あまり期待せず、話題作だから一応見てみよっかなーと軽い気持ちで借りてきたのですが、かなり良かったです。
宣伝を見ると恋愛が主題なのかな、と一見思いますが、実際見てみて、この映画は戦争映画、特に戦争の悲惨さと強く生きることの大切さを伝えている映画なのだと思い直しました。
南北戦争の最中、強く生きる女性を主人公に描くというのは、「風と共に去りぬ」を思い出しますね。
序盤、戦場のシーンがあるのですが、ちょうど大学の授業でやったところだったから、これが塹壕戦かぁ、と思ったり。
撃ち合いのシーンは序盤だけで、あとは延々戦争の酷さ、戦争によって心を失くした人達、心に、体に傷を負った人達、戦争の中でも強く生きる人達が描かれていきます。
レニー・ゼルウィガー、ナタリー・ポートマンが脇役で出ているのですが、特にレニー・ゼルウィガーは強い存在感があります。
ジュード・ロウもかなり男前ですよ
それと、この映画、とても音楽が良かった
インマンを思って弾く切ないピアノや、戦争中でも明るさを失わない陽気な曲、そういった要素が多く盛り込まれています。

ただ、ニコール・キッドマンが私の中で役に合っていないような気がして、いまいち感情移入できなかった所があります;
お嬢様育ちで、自分では何もできない箱入り娘、という設定なのですが、ニコール・キッドマンだと最初から「強い女性」みたいな感じがしてしまって…
あとはラスト、都合が良すぎるというかありきたりと言うか…
でもラストは救いがある終わり方なのであれでいいのかも?と思ったりもします。

さて明日はトロイの発売日ですよ
もちろん買いますとも!
借りたい映画は「デイ・アフター・トゥモロー」と「花咲ける騎士道」かな。
とりあえず準新作になったら借りたいと思います…_| ̄|○
 
   
Posted at 20:55 / レンタル / この記事のURL
コメント(0)
ドラムライン / 2004年10月20日(水)
パッケージの説明を読むまでは、ラグビーかアメフトの映画なのかなぁと思っていたんですがなんとなく手にとって読んでみたら、なんと音楽物、しかも日本ではあまり見ないマーチングバンド物ってことで、借りてみることに。
一言で言うと、マーチングのシーンがどれもすごい!
ついついリズムを取ってしまいたくなるような音楽あり、一糸乱れぬ行進は迫力ありで、これぞエンターテインメントと言った感じ。
ストーリーは割りとありがちな話で、才能ある主人公の挫折と成功を描いているのですが、ライバルとの友情とか、同期の仲間達とのエピソード、恋愛など満載なので飽きずに楽しめると思います。
こういう音楽物って、やっぱりメインのシーンがすごく盛り上がるのが良いですね〜
日本ではマーチングってメジャーじゃないから、どうかなぁと思ってる人にもぜひお勧めしたい映画です

一緒にシンドラーのリストも借りてきたのですが、これって2枚組みなんですね。
気合入れて見なきゃ(`・ω・´)

10/29にはトロイDVDが出るので買う予定〜
公開されるので見たいのはシークレット・ウインドウかな。
ジョニー・デップのために見ます☆
スティーヴン・キングの作品も好きなので期待大(*´∀`)
 
   
Posted at 10:26 / レンタル / この記事のURL
コメント(0)
コール / 2004年10月17日(日)
借りてきて見ました〜
なぜ借りて来たかと言うと、シャーリーズ・セロンが目的なわけでもなく、子役のダコタ・ファニングが見たいわけでもなくて、MY LOVEなスチュアート・タウンゼント様が出演しているからです。
スチュアート様は医者の役で出ているのですが、これまたカッコイイ!
こんなお医者様がいるならずっと入院していたいくらいです(≧▽≦)
スチュアート様は文句無しにかっこよかった…(=´∇`=)

ストーリーは誘拐サスペンス物。
絶対に通報できない完全犯罪…と言う割にはストーリーに穴が多い印象です。
シャーリーズ・セロンの演技もダコタ・ファニングの演技も素晴らしいのだけど。
ダコタちゃんは「アイ・アム・サム」に出てた子なんですね〜
「アイ・アム・サム」まだ見ていないんですけど、見たくなっちゃいました。
全体的にはもう一捻り欲しかったなぁ、という感じ。
誰か好きな俳優さんが出ているなら見る価値アリ、といった所だと思います。
 
   
Posted at 08:10 / レンタル / この記事のURL
コメント(0)
P R
☆自己紹介☆
chugurisu
好きなジャンル
コメディ・恋愛・ホラー・感動もの・歴史もの
カテゴリアーカイブ
 
 
Global Media Online INC.