☆光男入院★父三回忌 

2005年05月20日(金) 16時02分
五月のゴールデンウイークも 光男の入院で終わった。
父の三回忌が 五月の3・4・5日のうちの1日だから予定を入れない様にと 真知子様より母の葬儀の時に言われていたので 日にちが近づいても何も言って来ないので、秀男兄と連絡が有ったか?と何時もメールをし合っていたが、結局連休に入っても何も言って来ないので、(又 父の初盆の時の様になるのかもと思いながら)秀男兄が4・5日と帰って来た時の、4日の夜に秀男兄の携帯に連絡が有った。21日の1時からと。(ーー;)な〜んやって言う感じ(__)
それから10日に、我が家にも封書で連絡が来た。光男は入院中だったので13日に返事書いた。8人お参り 1人会食と。母の四十九日の時の様に8人出席と書いたら、座る所が無いので と言われたので、今回は光男も 未だ少し痛みが有るので、お参りだけに。父が亡くなって、まる二年。もうずーっと前の事の様に思える。母にしても同じ。寂しいだけで無く、父母の人生を 又人生の終わりのつけ方に これからの自分に置き換えたら、何か虚しい物が有る。戦前戦後を夫婦二人で切り抜けて、子供を大きく育て上げても その子供が 何をしたのか 反省する事が有る。もっと優しくしてやれば良かったとか、父を私が引き取っていたら、母も又我が家に帰って来れる。私自身千明に意地になっていた所が有った様に思う。

覚書 

2005年04月14日(木) 16時25分
諦めが付いただけで哀しみは残っている。亡くなった直ぐに、母の身体を抱きしめ母の顔に顔を付けて声を上げて泣いた。その後は涙は流れても、残念に思うだけで悔いはない。父が亡くなって、遺された母は早く父の所か私の所に帰りたかっただろうから、私が何度も兄に頼んで母を引き取りたいと言ってる事を母は判っていたから、頑張っていた時期も有ったが…兄達の勝手な考えで最後は兄の顔も見ずに怒っている様に思えた。兄は判っていないだろうが…母の亡くなる半年前の写真。恥ずかしそうな顔で笑ってる。元気やった。この写真は2004年の5月頃に岡波の老健で撮った。満81歳になった母。
この数日後の6月に兄夫婦のエゴの為に『梨木園』に入れられた。私が引き取りたいと言っても 許否されてそれなら岡波の老健に又 申し込むと兄は私達に約束したのに、いつの間にか梨木園の長期になっていた。
それでも毎週秀男ちゃんが帰って来たら、我が家に連れ帰り、母の為に建てた家やと言ったら、泣き笑いして喜んでいた。ベットに寝かし、秀男ちゃんと庭の草むしりしていたら暫くして「ちょっとーちょっと」大きな声で私達を呼ぶ声がしたら、母は身体を起こして手招きして私達を呼んでいた。あれは8月頃かなぁ〜
しかし、水分を余り施設では採らないので、尿酸値が上がり、足が腫れて痛風になり、熱も出て休みに連れ帰る事が出来なかったのが、残念です。それに時々 外食しに バーミヤンや弥次郎兵衛に行くと母は嬉しそうにして、施設に戻った時には入所者の人に行った事を話しをしていたそうです。

4月12日ジョギング 

2005年04月12日(火) 14時31分
は満開で 昨日と今日の雨で散り桜になった。おとついから始めた、ジョギングで 足腰の痛みが出てくるかと心配したが、今の所 大丈夫。毎日 続けてこそ効果も有るのだろうが、今日の様に雨だとちょっと二の足を踏むなぁ〜
4月6日の父の命日は 父が大好きな桜が満開。 亡くなって丸二年になるが、我が家の裏の桜の枝を折って お棺に入れた事が 未だ昨日の様に思われる。満開の桜の下を通ると 別世界に行く様に華やいだ気持ちになるが 余計に寂しさが湧く。 去年の桜は母と亡くなった父の話しをしながら 見た桜並木の美しさに 少し言葉の少なくなった母の大きな声『うわぁ〜』と指を指して言った事を思い出す。
父母が亡くなっていても未だ思う事が 多い。父は一年目に夢に出て来て『おおきん、おおきん』と笑っている顔を見た時 納得できた。
母は未だ一度も見せてくれないが 生き返ったと喜んでいる夢を見た。後で夢と判った時は 辛かった。 未だ三ヶ月しか経ってないから仕方が無いかなぁ〜怒ってないかなぁ〜、無理にでも私の家に連れて帰らなかった事を。千明達のエゴの言葉を気にしないで 母を無理にでも連れて帰ったら良かったと 悔やまれる。 私も後何年かで 同じ立場になった時 子供達には程々でいいよと 言ってはみるが、子供の立場になったら 大変な負担になるだろうなぁ〜
死に方は それぞれ違うだろうから 子供達には世話にはならないとは 言えないのが辛い。 いくら頑張っても 悩障害や 過齢で認知障害を 起こしてしまったらゴメンなさい。 施設に入るのも止むおえない事だから、入れて下さい。但し 延命だけは止めて下さい。 今からお願いします。m(._.)m

明日は53歳の誕生日 

2005年04月01日(金) 21時13分
昨年までは 母に手を握って 『産んでくれて有難う!』と言えたのに、一年と言う短い時間で全てが変わってしまった。
もうじき桜が咲く。
去年の春、満開の桜並木を母とくぐりぬけた時『オォ〜』と声を上げ、指を指して言っていた母も去年の母です。『来年も桜見ようなぁ〜』と言ったら、『プっフー』と笑っていました。
今考えたら、母は今年の桜は見られないと判っていた様に思える。父を亡くして丸二年。この二年で、私と言う存在も、全てが終わってしまった様に思える。
今日はエイプリールフール 母や父が亡くなった事が、エイプリールならいいのになぁ〜☆

てすと 

2005年03月26日(土) 12時06分
あいうえおかきくけこ
ゆみこゆみこゆみこ

2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像hitomin
» 明日は53歳の誕生日 (2005年04月06日)
アイコン画像hitomin
» てすと (2005年03月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yu-min
読者になる
Yapme!一覧
読者になる