. 

June 24 [Thu], 2010, 2:41
6月24日。半年かー

早いのか遅いのかも分かんないわ。

だんだんTwitterでの居場所も分かんなくなって
また溜め込むようになって
声が聞けなくなってる。

自分の言葉なんて特に誰も聞いてないだろう。
でも人の目に入る場所に流すものには誰かが違う形で反応する。
それが最近物凄く怖い。
同じように好きな人が多いからこそ。
「人それぞれ」とはならない空気があったり。



それでも私は絶対なりたくない人にはならない。
見せかける人、死を簡単に口にする人




さっき数分のトレーラーを見たら
「イェェエエエ!」で鳥肌が止まんなくなった。
真剣な顔して歌って、頭振りみだしてギターかきならして
伝えようと必死な言葉。
好きすぎてたまらない音に囲まれた空間を思い出して
これだ、これだ、この気持ちで生きれてたんだ、、、!
と思って、自分を取り戻した気がした。

ライブに行きたいなー

ぐるぐるしてとまんないなあ

来月志村の夢の場所に行くのにこれじゃあなあ

またすぐここだ

MUSIC 

June 12 [Sat], 2010, 2:48
全曲名発表された。

 
 フジファブリック
 New Album『MUSIC』
 2010年7月28日(水)発売

 [収録曲]
 1.MUSIC
 2.夜明けのBEAT
 3.Bye Bye
 4.Hello
 5.君は僕じゃないのに
 6.wedding song
 7.会いに
 8.パンチドランカー
 9.Mirror
 10.眠れぬ夜


なんだろうなぁ…
タイトルだけでも不安だな。

クロニクルがなかなか受け入れられなかった時のようになりそうだ。
あの時はこれは過程であって、こんなのもいいじゃないか、
ってとこから入れたような気がする。
(今となっては一番近くに居てくれる作品だけど)

でも今回は 過程 でなくて 結果 になってしまう。
これ以降はもうないんだって。

志村はこの曲達のタイトル、仮のままにしてあったのかな。
それともメンバーがつけてくれたのかな。
歌だってもっとこうしたいってあったのかもね。
考えてもキリがないし、私が考えたって分かんない。





不思議なことに
最近他バンドのチケットを譲る機会が数回あったけど、
その初対面の人全員にフジの話をされる。
「フジフジ富士Q行きますよ!^^」
「私もフジファブリック好きで…!」
「志村さんにお会いしたことがあって…」
みんな私に志村の話してくれる。
志村に会った人は「めっちゃ良い人でした^^」って。
意外だな(笑)しかも鍋パーティーとか行くんだ、って(笑)
富士Q当日、彼女がくれた沖縄限定コーラと一緒に行く。
行くことは決めてるけどね。心がまだついていかんね。

寂しいけど嬉しい。
フジ好きの人が自然と寄ってきてくれてるようで。

そんな事なくても忘れなんかしないけど。
一瞬とも忘れられなくて怖いくらい毎日考えてるけど。





とりあえず半年ってこんなにしんどいものか?
たった半年なのに苦しすぎるんだけどな。。。

24 

May 24 [Mon], 2010, 2:23
24日、かぁ。

もう5月だって。信じらんないな。
この5カ月いろいろ信じらんないな。
私まだ生きてるしね。




ずっと中心にして、軸にして、その為に生きてきたのに
急にパッと無くなってしまって。
それでも中心に居ることに変わりはなくて。
必死に自分保つために何か良いものを探すけどやっぱりなくて。
そんなもの見つかるわけないのに探したりして。
ずっと中心が変わらないからずっと辛いわ。




どんだけ私の人生左右するんだってば。
許さん。




いろんなライブ行ってる。
どれも楽しい。
でもどっかで「違う」って思ってる自分にイライラするわ。
その音楽だって好きなのに。
変な比べ方してんだもんね。
そのせいでライブ欲が減ってる。
他のバンドで遠征なんて…って思ったりさ。
音楽から離れるのはそれはそれで怖いくせに。




本当に本当に行きたいライブなんてひとつしかない。
それに行けるならなにもいらないね。





いつまでたっても同じことのループ。
毎月同じ事思ってる気がするわ。

忘れていく人もたくさん居るんだろうな。
それは一番自然な形。

私には無理だけどね。
忘れた時私でなくなる。
21年生きてきた中の2年でこうなるなんてね。

辛くて苦しんでもがいて生きるのが
その存在が私の中にあるって証拠になるなら
一生こうやって生きてくわ。










でも心の狭さは直したい。
人なんて同じ事思う訳なくて
いろんな考えがあって当然なのに
人の考えに触れる度受け入れられない自分が嫌だ
さっさと流すけど。

たった一言吐いた言葉が
一気に私の中のその人の印象を変える事があるから。

そうして私の居場所を自分で勝手に失いかねないから。

広い心を。

100516 JAPAN JAM -2- 

May 20 [Thu], 2010, 23:21
17:50〜
奥田民生@モビリタステージ
ゲスト:東京スカパラダイスオーケストラ



リベルタで吉井さん待ちしようか迷ったが
民生さん見ずに帰るわけにいかん、と
ちょっとだけ聞きに来た。

最初はひとり股旅の恰好で民生さん登場。
「一人で前座的な曲を何曲か…」と始まる。
寒くなり始めた夕方にゆらゆら聞くのが気持ちよかった。

そして「徐々に人が増えていきます」と
スカパラから茂木さん、川上さん、加藤さん、沖さん登場。
「ホーンズだと思った?」と民生さん。うん。
イージュー★ライダー良かったなぁ…。凄く。

そして民生さんが(衣装チェンジ)はけて
スカパラ登場。

…が、私はここで移動(´・ω・`)
吉井さんステージが気がかりで仕方なくて…。
(吉井さん目当てが物凄い多い様なので場所取りが…)
スカパラ民生見たかったのに…
出し惜しみするから…うぅ



奥田民生パート
1 荒野を行く
2 野ばら
3 コーヒー
4 イージュー★ライダー

東京スカパラダイスオーケストラパート
5 STORM RIDER
6 Call From Rio
7 Just say yeah!
8 スキャラバン

ジャムセッションパート
9 美しく燃える森 奥田民生/Vo.
10 Bridgeview 奥田民生/Gt
11 ジャングル・ブギ 奥田民生/Vo.
12 流星とバラード 奥田民生/Vo.
13 愛の讃歌  奥田民生/Vo.




19:00〜
吉井和哉@リベルタステージ
ゲスト:吉田佳史(TRICERATOPS)
    菊地英昭(brainchild's/ex.THE YELLOW MONKEY)
    生形真一(Nothing's Carved In Stone)
    日向秀和(ストレイテナー/Nothing's Carved In Stone)
    松田晋二(THE BACK HORN)
    渡辺大知(黒猫チェルシー)
    澤竜次(黒猫チェルシー)
    フジファブリック




リベルタに着くと40分前なのにやはり他のステージとは違って
もう前方パンパン…。
私も負けじと前方待機。
総くんのギターが見えたので、それがよく見える位置に。
ダイちゃんはいつもの左側みたい。キーボード見える。
加藤さんの位置が謎だったけど多分真ん中後ろだろうと。

フジのローディーさんが3人の楽器チェック。
あれだよね、JAMってローディーさんもJAMだ。
みんなそれぞれのTシャツ着て、これなかなか見ないよ。

周りにはフジファンが結構いる。

そして19時、まだ小さな音で音楽が鳴る中
客から自然と手拍子が起こり始めた…!
早く早くと待ちきれない感じか。
心の準備なんて結局出来ないまま
周りと同じように手拍子をして待った。



そして19時過ぎにスタート。
初めはエマさん、吉田さん、鶴谷さん、三浦さん登場。
サングラスをかけた吉井さんも登場。
オーラたっぷりかっこよすぎ。お、おいくつですか…。
案の定周りの押しに流され私も前へ。
のっぽなお兄さんの後ろで精いっぱい背伸び。

最初は何するんだーと思ったら
TVのシンガーのリフが聞こえたと同時に卓郎が見えた(゚∀゚)!!
い、いきなりかー…!!!!
吉井さんは隅で、卓郎がセンターに立って歌う…!!!
隣の吉井さんファンからは「えー」って聞こえたけどwww
スーツ・ハット姿の卓郎がめっちゃサマになってる…
スタンドマイクでギター持たないのに。。。
吉井さんと卓郎が並ぶ光景がなんとも素敵で
卓郎がこんなにも映えると思わなかったよ…!!!
やっぱTVのシンガーいいな。

吉井「よくこんな辺鄙なところに集まったね」
  「晴れました…!!!」

卓郎がはけて吉井さんがボーカルに。
サングラスをとった吉井さん、メイクバッチリ。
ビルマニアからノーパンまであっという間だった。
見入ってしまったんだけど
隣のエマさんファンが残念すぎたな。
「キャー!エマーエマー!」
ソロが始まればソロさえ聞こえないほどの声量で叫ぶ。
大好きな人のソロ聞かない人ってなんなんだろうか。
なんて愚痴書くのも失礼なくらい良いステージだった。
(じゃあ書くなよって話ですがね。)



これからはセッション祭り。
吉井さんが一人一人呼び込む。
名前間違えそうになったり、思いっきりカンペ読んでたり
なんか意外だったわwww

吉井さん、エマさん、鶴谷さんは残り
松田さん、ひなっち、生形さん登場。
改めて、このメンツ凄いなあ。。。。
最後に黒猫チェルシーの澤くんと渡辺くん登場。
渡辺くんに至っては学ランwww若いwwww
吉井さん、渡辺くんの肩を抱いて
「卒業しましたあああああ!」
吉井さんと並んだら親子だぜwwww
そして始まったのはパール!!!!
渡辺くんと吉井さん交互に歌うのは凄い光景。
本人が一番びっくりしてるだろうけどwww
妙に相性がいい2人の声。なんなんだろうな。
そしてひなっちのベースが最高。
もうみんながみんな楽しそうだった…!!!

黒猫2人がはけるとLOVE LOVE SHOWのイントロ。
え?まさか?え?と思ったら
サプライズ!民生さんー!!!!!(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)
ひとり股旅の恰好www
凄い!これ凄い!!!!
民生さんの「おネエさーーーーん!!!」
があの時から頭にこべりついてるwww
無駄に連呼するんだもんww
あーめちゃくちゃ楽しかったー
私この曲大好きなもんで。たまらんかった。

民生さんがはけてまた卓郎登場!!(゚∀゚)ワオ!
曲は…「バラ色の日々」…ま、まじか…!
卓郎のこれが聞けるとは…!!!!
そして卓郎のこと「探偵」とか言ってたなw
吉井さんと交互に歌ったんだけど
なんていうか…ほんとかっこよかった…!:;
ずっと「ゆう!ゆう!」って思ったよwww
私が旅行代払ってでも見せたかった!
もう9mmのボーカルが残念だなんて言わせないね。
吉井さんと並んであんな風に歌えるなんて。
大好きな曲だけにかっこよさに感動したよ…!


そして一旦全員がステージからはけた。
私は「これからか…」って思ったけど
何も知らないファンももちろん居るんだろうね。
各所から「アンコール!」って…。
アンコールじゃないだろ、まだ始まってもないよ、
なんて思いながら手拍子が鳴りやまない会場で
何とも言えない気持ちを持ちながら待つ。ひたすら待つ。



吉井さん、吉田さん、エマさん登場。
そして…
吉井「フジファブリック…!!!!」
3人が出てきた瞬間は、フジだ…フジだ…!!!
ってなぜかいつもみたいな気持になれたのに
1人出てこない光景を見たらもう涙が止まらなくなった…
自分でもびっくりした。
それでも3人が演奏しようと楽器を持つ姿を見て
全力で拍手した。全力で。
会場からも紹介の後の拍手が鳴りやまず自然と続いた。

そしてFour Seasons。
フジファブリックの演奏で吉井さんが歌う。

いつもフジのライブでは志村ばっかり見ていた。
今日は居なかった。
総くんが良く見える位置から
背伸びして加藤さんを見たり、顔を横にずらしてダイちゃんを見たり。
なんだか違和感があった。志村が居ないという事だけでなく、
それによって3人それぞれにも違和感があるように見えた。
それても3人が丁寧にかつ真剣に演奏する姿に
涙が止まらなくなった。

吉井さんのFour Seasonsは凄くかっこよかった。
志村の「残念すぎる」と言われた歌とは大違い。
でも違うんだよ。私はその歌が聞きたかった。
あの優しくて強い歌声が聞きたかった。
こうならなくてもフジはここに居たんじゃないか?
きっと志村と吉井さんのツインボーカルで歌って
志村の歌が残念すぎて笑うっていう。
簡単に想像出来るのに。簡単じゃなくなってる今。

吉井さんは「アンコールはない 死ねばそれで終わり」を
「アンコールはある 彼は死んでない」と歌った。
立ってられなくなるかと思った。
そう歌っても帰ってこない。
それでも吉井さんがそう歌ったのは
吉井さん自身も皆と同じ気持ちだからかな。

曲が終わり、大きな長い拍手に包まれたステージ。
もう一度「フジファブリックです」と。

吉井「ボーカルの子は今日ちょっとワケあって来てないんですけど、
   またすぐに帰ってくると思います。
   それまで彼らは、ボーカルの子が帰ってくるまで
   頑張って続けていこうとしてるんで、応援して下さい。」

吉井「で、そのボーカルの子も富士山を見て育ったようで
   僕も静岡出身なんで富士山を見て育ちました。
   今日この場所でここで演奏出来て嬉しいです。
   このフェスにピッタリな曲を。」

そう言って静かに次の曲。
歓声が上がることなく全員が静かに聞いた。
静かに、ダイちゃんのキーボードソロを聞いた。
これが「緊張するなぁ」って言ってた所だろうね。
凄く綺麗だった。
しばらくして拍手が起こった。JAM。

歌いだしを吉井さんは歌わず客席にマイクを向けた。
「暗い部屋で一人 テレビはつけたまま
 僕は震えている 何か始めようと」
歌ったけど声が震えて出てこない。。。
その後から吉井さんが歌う。
加藤さんのベースも総くんのギターもダイちゃんのキーボードも優しい。
それに寄り添ってるエマさんのギターも吉田さんのドラムも優しい。

サビに入ると吉井さんの優しく強い歌声に包まれた。
それまでの吉井さんとは何か違った気がした。
そして「SAY!志村!!!」と叫んだ。
高いから苦しそうな顔して歌ったかな。
志村の声、JAMに合うと思うよ。
聞きたい。聞きたいい。

「君に逢いたくて 逢いたくて」

涙が止まんないって。

3人の演奏する姿が今見れる。
これは凄く感謝しなくちゃいけないと思うけど
また一人年末に戻っている自分。

もう正直覚えてない。
吉井さんの歌声でさえも、完成されないフジファブリックに
全身を浸して泣くばっかりだった。

曲の最後にフジファブリックのメンバーの名前を
吉井さんは一人ずつ叫んでくれた。

「金澤ダイスケ!加藤慎一!山内総一郎!志村正彦!!!」

そして吉井さんは総くん・加藤さん・ダイちゃんを
一人一人ハグしてくれた、らしい。
もう私は前を見れてなかった、な。

この頃お客さんからはたくさんの
「志村ー!」「志村ー!」て叫び声が上がってた。
みんな呼んでるじゃん。ね。




全員がはけたステージに向かって
アンコールの拍手が続く中
ステージはどんどん片付けられていった。

まるでカウントダウンの時のように
帰っていくお客さんの中立ち尽くすしか出来ずにいた。





3人もフジファブリックだよ。
でも志村も居て4人でフジファブリックだ。
だからかな、3人が小さく見える。

フジファブリックが見たいよ。4人の。





1 TVのシンガー w/ 菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
2 ビルマニア
3 Yer Blues
4 ウォーキングマン
5 シュレッダー
6 ONE DAY
7 ノーパン
8 パール w/ 生形真一(Nothing's Carved In Stone)、日向秀和(ストレイテナー / Nothing's Carved In Stone)、松田晋二(THE BACK HORN)、渡辺大知、澤竜次(以上黒猫チェルシー)
9 LOVE LOVE SHOW w/ 生形真一(Nothing's Carved In Stone)、日向秀和(ストレイテナー / Nothing's Carved In Stone)、松田晋二(THE BACK HORN)、奥田民生
10 バラ色の日々 w/ 生形真一(Nothing's Carved In Stone)、日向秀和(ストレイテナー / Nothing's Carved In Stone)、松田晋二(THE BACK HORN)、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
[ENCORE]
11 Four Seasons w/ フジファブリック
12 JAM w/ フジファブリック
※菊地英昭は全曲に参加

いろんなレポを読んでたら
「Four Season」と「JAM」を歌う吉井さんを見た
彼のファンが、「あんな吉井見たことない」って。

本当に吉井さんありがとう。







しばらくしてまだ涙が止まらないまま
人の波に乗りクロークから荷物を取り
ツアーバスに乗り込んだ。

やっと涙が止まって寝てしまい気付いたら新宿。

うーん、一人はきつかったよ(笑)






お疲れさまでした。












最後は結局ぐちゃぐちゃになってしまったな。
富士Q、泣かずに見れるんだろうか。ねえ、困ったよ。

でもそれまでは凄く楽しかった…!一人でも(笑)
JAPAN系のフェスとはまた一味も二味も違って、
良いフェスだと思った…!!!

環境も凄く良くて
(ツアーバスがサーキット走るあたりが目玉)
雨さえ降らなければ良い気温だと思う…!!
タイムテーブルはちゃんとズラしてあるし、
移動距離も遠すぎなくていい!
人も居すぎじゃないし、
(人がこれ以上増えないことを祈る←)
年齢層高めで(おそらくアラサーが多い)
ガツガツせず落ち着いた雰囲気で見れる◎
うるさいのもそんなに居なかったしねー。
そしてなによりセッション祭りなわけで
私には涎モノですわ、ぐへへ。
いろいろ見ながら、
「こんなんもありかなーこの人とこの人見たいなー」
なんて妄想膨らませてた。

吉井さんが「来年もあるって言ってたんで」
て言ってたのを期待。もっと見たいよ!!!

想像以上に素敵なフェスでした。







100516 JAPAN JAM -1- 

May 20 [Thu], 2010, 23:07
2010.5.16 SUN
JAPAN JAM 2010
@富士スピードウェイ(静岡県小山町)



行ってきましたー。

現地は山のふもとで寒いという情報をもとに
防寒具を詰め込んだだけなのに
バッグのサイズが一泊分並みwww

6時半新宿集合のツアーバスに一人で乗り込み
さっそくマックを食らう集団にうんざり、
そして一人が意外と孤独でしょんぼり。


途中足柄SAでコーラを調達。


高速を降りると見なれた道…
と思ったら先週富士吉田に遊びに来た時
通った道だったー

富士山が見えるとバス内はざわざわ…
各所から「ふじ(さん)…!」っと聞こえるので
無駄に「ふじ」に反応。



凄い辺鄙なところに入って行って
9時前には富士スピードウェイ到着!!!
普段はサーキット場ですぜ。

そしてこっからが驚き。
ツアーバスは本来レースが行われる道を進む…!
あの道を通りながら観客席を眺める気分は最高…!
詳しくないくせに一人でこそっと興奮した。



バス降りてリスバン交換の行列に並び
やっと理解。「このフェス、年齢層高い!」
私より年下ってあんまり見なかったよ。
そしてオバハンの素晴らしき割り込み。
「あーはいってもーたー(棒)」いやいやwww


リスバン付けた後はアーティスト物販へ。
うん、フジはないね。スルー。


オフィシャル物販は携帯クリーナーのみ購入。
カラフル可愛いわ〜


CDJ0910から恒例になったのか
アーティストスタンプ!
手帳に吉井さん・民生さん・YO-KING・ZAZEN
押したー( ^ω^)

フジT、フジパーカー、フジタオル装備し
クロークに荷物を預ける。


そしてさっそくやることがなくなった私は
フードコーナーにてご飯計画を立てる。
…あ、あれ、、、吉田うどんが…ない。
二件はあったはずなのに…。
しょうがないので富士宮やきそばに並んで食べる。
おいしかったけど別に感動なしwww


しばらくうろうろして
CD販売コーナーに行くと
「フジファブリック 特典」
な、なになに?!と見に行くと
桜の季節ステッカーと虹グライダー。
…欲しいやないか。
(以下おばちゃんと私のやりとり)
ば「昔のが店に残っててねー、皆欲しいかと思って!」
私「欲しい!欲しいけどフジのCDこれだけ?」
(クロニクル2枚と両国DVD2枚のみ)
ば「そうなのー。今日ゲストだからこれしか入ってこなかったの。
  特典はたくさんあるんだけどねー。」
私「そうなんだー。欲しいよー。
  でも私どっちも持ってるの。でも欲しいー!」
(ダダこねまくり)
ば「持ってるんだーそっかーどうしようかなー。」
っとおばちゃんが上のおじちゃんに相談。
ば「他のCDでもいいってー^^」
私「え!ほんとに!」
じ「今日いろいろ見て、良かった人のCD買ったらあげる!」
私「ありがとー^^また来る!」


っと言ったもののなくならないか不安で
数十分後に戻り、即ユニトリ購入。
そして特典げっとー。
言ってみるもんだなwww




さ、ライブ本編にやっと入りますよ。

渋谷の朝礼は聞いてません。雑誌コーナーにいました。




11:00〜
サンボマスター@モビリタステージ
ゲスト:ゴダイゴ(タケカワユキヒデ、ミッキー吉野、浅野孝己)



サンボはトップバッター似合うね。
なんだかんだでちゃんと見たことなかったけど。

MONKEY MAGICのSEに乗って登場。
「ロックに年齢なんて関係ねー
 JAPAN JAMってそういうことだろ!」って
凄い人数の人が楽しそうにしてた…!

MCおもしろくて爆笑したな…
楽しいって思えてそれが嬉しくて泣きそうになった。


「ラブソング」かな。
「僕はもう会えなくなってしまった人にありがとうとか言う前に
 どうして居なくなっちゃったのとしか思えない人間なの。
 でもこの曲を歌っている時だけは素直に
 ありがとうって思える。」って始まった曲。
「愛し合ってるかい」そう言っていたから
あの人を皆思い浮かべてたかな。
私の頭は違う人でいっぱいだったけど。
早速うつむいてしまったよ。サンボにこうさせられるとはな。

「僕はカラッポになってしまって ぬけがらみたいになったよ
 美しすぎた君の姿を 僕は今日も想ってしまうんだ」


「こんなもんじゃないでしょ!!!」
煽りながら盛り上がる会場!
そしてゴダイゴ登場…!!!

モンキーマジック良かったなぁ…!
JAMってこういうことなのか、凄いフェスかもしれないって
感動したな…!!

そんな始まり。


1 歌声よおこれ
2 青春狂騒曲
3 世界をかえさせておくれよ
4 できっこないを やらなくちゃ
5 ラブソング
6 そのぬくもりに用がある w/ゴダイゴ
7 Monkey Magic w/ゴダイゴ
8 ビューティフル・ネーム w/ゴダイゴ
9 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ w/ゴダイゴ




12:10
GRAPEVINE@リベルタステージ
ゲスト:長田進



こないだの心響では見れなかったので
このセッションは初見。

長田さんのギターとドラムのみっていう始まりが
すんごく印象に残ってる。かっこよかった。
まさに音に浸った。

途中からメンバー登場。
「長田監督です」という紹介。

あと田中さんはあんなに素敵でしたか…?
いやほんとに素敵でしたぞ。

そして長田さんのギターの存在感。
ここでまたこのフェスの凄さ実感。

Free World圧巻。

1 MALPASO
2 NOS
3 Rosebud
4 Beautiful orphan
5 CORE
6 Free World
7 FLY



13:10〜
曽我部恵一BAND@モビリタステージ
ゲスト:松本素生(GOING UNDER GROUND)
    有馬和樹(おとぎ話



これはすんごく遠くから耳だけ参加。
なのでレポが出来ない…。すまそ。
クイックレポ見てねー笑
テレフォンラブ聞きながらリベルタステージに移動。



14:20〜
YO-KING@リベルタステージ
ゲスト:Yo-king Master Cabin Attendant
    DUKEアイプチ
    ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)
    金澤ダイスケ(フジファブリック



早めに移動してきたから前のへこみバーげっと。
すーごい良く見える。ダイちゃんキーボード前。

フジのローディーさんが居る。
サイラス黒T着てるよー
フジのライブ前みたいだな。

まずはYO-KING一人で登場。
「こんにちはー」と挨拶。
…むむむ、、、奴に似ている…。
もうちょっと年取ったらこんな感じかなーなんて思ってた。

そして一人で「さっちゃん」を歌う(笑)
そして2曲弾き語りで歌った後、
「バンドのみんな、出ておいでー\(^o^)/」
そうして3人登場。

ダイちゃんは白シャツ黒蝶ネクタイに
蛍光色ウィンドブレーカー!wwかっわいい!^^

ヨーチが一人一人紹介する時にダイちゃんは
「ラブ・アシンメトリー」と名付けられていたww
ハマ・オカモト(この人19ってほんとか?!w)も
アシメだったことから
YO「アシンメトリーに囲まれています!」ww
紹介でやたら「フジファブリック!」と言ってくれるのが
本当にうれしかった…。
そしてお客さんの拍手。熱かったよ。

ライブ中はダイちゃんガン見www
いつもと位置が逆なのがちょっと違和感ね。

しかし「その後の世界」は
ダイちゃんどころではなくなってしまった…。
「ぼくはただただ居ない」

その後のHey!みんな元気かい?は
Kinkiの印象が強い私だけれどもwww
手拍子して煽るダイちゃんが可愛かったぜー

そしてYo-King Master Cabin Attendantとして
サンボマスター追加で登場!!!
山口さんの勢いとヨーチの勢いが合わないwww

そしてこのバンドの頭文字…Y!M!C!A!
ということでYOUNG MAN\(^o^)/www
初っ端のYMCAで客全員が完璧な振りをするもんだから
ヨーチが素で「すげぇええ!これ!」って言ってたww
そしてヨーチが拗ねる演出からの
「早稲田大学出身のYO-KINGですよーーー!」連呼www
ああ笑ったwww楽しかったなーほんと!
空に舞いあがれも凄い光景だった。
皆笑顔。皆踊る。これはすごいー。

最後は山口・YO-KING2人のアカペラ。
途中ずれて笑いが起こったけど凄く良かったよこれ。

1 さっちゃん
2 マイ・バック・ページ
3 世界の元
4 風に別れを w/DUKEアイプチ/ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)/金澤ダイスケ(フジファブリック)
5 カプセル w/DUKEアイプチ/ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)/金澤ダイスケ(フジファブリック)
6 その後の世界 w/DUKEアイプチ/ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)/金澤ダイスケ(フジファブリック)
7 Hey! みんな元気かい? w/DUKEアイプチ/ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)/金澤ダイスケ(フジファブリック)
8 遠い匂い w/DUKEアイプチ/ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)/金澤ダイスケ(フジファブリック)
9 YOUNG MAN w/サンボマスター/DUKEアイプチ/ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)/金澤ダイスケ(フジファブリック)
10 空にまいあがれ w/サンボマスター/DUKEアイプチ/ハマ・オカモト(OKAMOTO'S)/金澤ダイスケ(フジファブリック)
11 GREAT ADVENTURE FAMILY w/山口隆(サンボマスター)



15:20〜
エレファントカシマシ@モビリタステージ
ゲスト:Chara
    金原千恵子(バイオリン)
    笠原あやの(チェロ


ゲストのストリングス2人の音が鳥肌だった。
どうやら武道館でもゲスト出演したらしい。
ロックフェスであんな美しい音聞けるとは。
なんていうか、電気を通さない、弦そのものの美しさ。
あの広い場所にこの音が響き渡る感じ最高だった。

本格的に聞きに行ったのはChara登場から。
遠目だったけど可愛さ全開よ。
宮本さんでさえ緊張してるように見えた(笑)
そして2人の歌声があんなにマッチすると思わなかった…!
同じ曲を2人がそれぞれ歌う、
それぞれの空気が全然違っておもしろい。
当然のこと書いてるけどさ、、、、
女らしさと男らしさみたいなものがハッキリ出てた。

またJAMの凄さを実感。
これ聞けるのって凄いことだよなぁ…。贅沢すぎるでしょ。

1 俺の道
2 達者であれよ
3 悲しみの果て
4 幸せよ、この指にとまれ
5 リッスントゥザミュージック w/金原千恵子、笠原あやの
6 Swallowtail Butterfly 〜あいのうた w/Chara、金原千恵子、笠原あやの
7 それを愛と呼ぶとしよう/エレガンス w/Chara、金原千恵子、笠原あやの
8 風に吹かれて w/Chara、金原千恵子、笠原あやの
9 俺たちの明日
10 今宵の月のように
11 笑顔の未来へ w/金原千恵子、笠原あやの
12 FLYER
13 コール アンド レスポンス w/Chara、金原千恵子、笠原あやの
14 待つ男



ここでタイラーメンタイム。
フェス恒例です、私の中では。
一人だって食べますよ、そりゃ。
おいしかったなー。うんうん。
辛いの入れすぎて口真っ赤になったwww




16:40〜
ZAZEN BOYS@リベルタステージ
ゲスト:山下洋輔(ピアノ)
    坂田明(アルトサックス


去年の2月、LOFTで見て以来のZAZEN。
向井、ビール片手に出てきて
「MATSURI STUDIOからやってまいりました」



後ろでタピオカドリンク飲みながら
座って見てよ〜と思ったけど
Honnoji始まった瞬間、「これは座ってられん」と
ドリンク一気に飲み干して前へダッシュ…!!
ZAZENの熱復活…!!!
変拍子好きにはたまらなすぎる。
そしてあの緊張感。ニヤニヤ止まんないよ。
この日のZAZENは前見たときよりも最高だった…!

で、また思い出す。
ギターの吉兼さん見るといつも総くん思い出すこと。
…なんか似てないか?なんか。
総くんがあとちょっと年取ったらあんなかな?
腕の刺青にはビビるけどかっこいいよねー。
この日も見入ってしまった、ギタープレイ。

たまんないなこのライブ…!!って
にやにや周りを見渡すと…
細いのっぽの頭モジャモジャ野郎…
た、た、た…卓郎!!!(゚∀゚)
結構近くにいたwww凄い楽しそう!

ゲストプレイヤーがまた凄かった…!
ジャズ界でトップクラスの2人。
もはや何が正解で何がミスか分からんような曲だけど
気付くと不思議と絡み合ってる曲。
とりあえず譜面がどうなってるのか見たいっていうwww
みんなどこで拍とってどこで合わせてんだwww

ピアノもアルトも好きすぎる私には
涎モンでした、ええ。
どれも一気に浴びてしまってもったいない。

この日の為に作ったというNakameguroでは
坂田さんが叫ぶ叫ぶwww
おじいちゃんが(失礼)凄い勢いで叫ぶのが
最初はびっくりしたけどどんどんおもしろくなってきて…
一人で爆笑しちゃってやべえ止まんねえみんな笑ってないぞ
…って周り見たら卓郎爆笑!!!!(゚∀゚)wwwww
笑うよねえ、凄すぎて笑ってんのもあるけどさあwwww

いやほんとあっという間に終わってしまった…
刺激ありすぎで笑ったり心から「すっげぇな」って声出るライブでした。
…なーんて言葉でしか表わせないのが苛々。
見てほしい、あれはもっと多くの人に見てほしい。
私お腹いっぱいでした。最高。

そして私に譜面を見せてほしい。
見ても分からんだろうが。



1 Honnoji
2 Himitsu Girl's Top Secret
3 Riff Man
4 Asobi
5 Sugar Man w/ 山下洋輔、坂田明
6 Nakameguro w/ 山下洋輔、坂田明
7 COLD BEAT w/ 山下洋輔、坂田明
8 Kimochi w/ 山下洋輔、坂田明

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:___
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-知らないところに行きたい
読者になる
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント