好き嫌いをいわず、バランス良く食事をすることが、子供を授

May 11 [Wed], 2016, 8:38

友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。







夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、一度言ったら気が乗らないふうだったので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。







月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。







それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。







私の場合はそれが良かったのでしょう。







それからしばらくしたら、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。







ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。







葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。







葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げる効果が認められています。







具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、受胎前から妊娠初期の方には1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。







食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントで葉酸を補給するのも大丈夫です。







今の時代、不妊に悩む夫婦は、夫婦の10%ほどと言われています。







不妊治療にチャレンジしようというときに、気になるのが医療費が高いことです。







地域によっては、助成金を請けられるときもあるので、ぜひ申請しましょう。







自治体ごとに申請内容が異なりますから、もよりの自治体のホームページなどを1度、確かめる必要があります。







不妊の一因は冷え性だともいわれています。







体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、生殖機能が落ちるといった報告があります。







こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。







血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、リラクゼーションも期待できます。







ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。







葉酸の摂取が一番必要とされる時期は受精した直後からです。







なので、妊娠したのに気づいてから、「葉酸とるの忘れてた。







」と残念に思う人も多分に見受けられます。







悲しいことにならないように、妊娠を希望している女性は日ごろの食事でも葉酸を意識した献立にすることを心がけましょう。







妊娠したいときの食事はしっかりととることが望ましいといわれています。







とりわけ、葉酸がいいのですが、葉酸のほかにも摂らなくてはいけない食べ物がります。







ミネラルや鉄分などがそれにあたります。







好き嫌いをいわず、バランス良く食事をすることが、子供を授かるための体作りにつながるでしょう。







加工食品の摂取や外食を控えることも、食事のポイントだと思います。







妊娠に必要ある栄養素が存在するなんて、妊活するまで分かっていませんでした。







葉酸は特に必要不可欠な栄養素で、さらに、いつもの食事からではなかなか摂ることができない栄養素なんですね。







葉酸サプリの飲用をするようになってから、その後に妊娠したので、以前は葉酸が不足していたと感じてやまないです。







葉酸というものは、聞きなれない言葉ですが、妊娠すると必ず聞く栄養素の名前です。







というのも、母子手帳にもその摂取が必要だと記してあるくらい重要とされる栄養素です。







妊活中、妊婦のみならずすすんで摂取することを推奨したいです。







葉酸が手軽に摂れるサプリもたくさんの数が売られています。







実は、葉酸は妊娠する前より積極的に摂取するのが重要と言われています。







赤ちゃんの奇形を防ぐために摂取が必要となってくるビタミン栄養素なんですね。







葉酸はほうれん草やレバーなどにいっぱい含まれる栄養素ですが、毎日意識的に食品から摂るのは結構、手間だし大変なので、サプリメントにより摂取すれば効率的です。







妊活の一つとしてヨガを生活の一つに取り入れる事は効果的だと考えます。







その理由は、深い呼吸法を繰り返す事により体内の免疫力が上がったり、精神の部分でも安定するといった良いことがあるからです。







妊娠中でも、マタニティヨガといった形で続ける事が出来る上、出産時にも役に立つといわれています。







妊活中のマストアイテムが葉酸キャンディーなどの葉酸サプリです。







妊活中はもちろんのこと、子供ができても出産しても、できるだけ、継続して摂取することが望ましいのです。







葉酸サプリは母親の体にも、赤ちゃんの体にも非常に良いと考えられます。







中でも女性の体には妊娠準備期間から産後まで、継続して葉酸が必要なのです。







皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。







妊活中の方をサポートし、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。







どのようなものがお勧めかと言うと、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。







ビタミンの一種である葉酸には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的異常を発症するリスクを回避できることが報告されています。







他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。







夫婦どちらに対しても大切なサプリであると言えますね。







赤ちゃんを授かるために積極的に活動を始めたら時を同じくして、私の方が葉酸とマカを夫はマカと亜鉛が良いという事で二つのサプリを飲み始めました。







葉酸は受胎直後に胎児の神経発育に欠かせないとても大切な栄養素で、というのも、マカは生殖機能に働きかけ、生殖機能や活力がアップし、亜鉛は妊活に役立つ精子の数が増えたり元気になるのに効果があったので、スタートしました。







これを続けて6か月で、私の所にも赤ちゃんがやってきました!妊娠できないの原因の1つとして内臓、血行の悪さからくる冷え性があります。







そこで、冷え性を根治する為に、食事を考えるのが重要になるわけですね。







体を中心から暖かくする生姜や根菜などを意識的に食生活の中に摂り入れ、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、自力で出来る最短コースだと思います。







妊婦さんにとって葉酸は非常に大切です。







そのため、サプリメントで葉酸を摂っている方は少なくないようですが、安心・安全な葉酸サプリを選ぶためには、「使われている添加物は安全なものか」、「販売している会社はどのような会社か、信頼できるか」などをしっかりとチェックし、質の良い葉酸を摂ることが大切です。







妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、葉酸を補給することを厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。







葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。







サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが心掛けたいですね。







鍼でツボを刺激することにより自律神経系や内分泌系の働きを向上させる効果があり、体全体の機能のバランスを良い状態に保ったり、促進するといった効能があると考えられています。







例えば、お灸は肩こりに悩む人向けなんて、思っている方も少なくないと思いますが、副作用の心配をせずに妊娠しやすい母体を作る人工的な薬に頼らない方法として不妊治療にはお灸がいいそうです。







妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。







さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数配合されたサプリを選びましょう。







具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。







このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も早めの摂取を心がけてください。







妊活中のごはんはしっかりととった方がいいそうです。







とりわけ葉酸が好ましいのですが、他にも摂取が必要な栄養があります。







ミネラル、鉄分などがそれにあたります。







好き嫌いに関わらず、栄養バランスを整えて食べることが、妊娠しやすい体内環境を整えてくれるでしょう。







加工食品や外での食事を控えることも、妊娠したいときの食事のポイントだと思います。







女性の妊娠の初期は赤ちゃんの器官形成にあたる大事な時期です。







そういった時期に妊婦の体の中で葉酸が欠乏すると胎児の障害、先天性奇形率が上がってしまうと言われています。







あなたが妊娠を希望する女性だったら、可能な限り、妊娠前の段階から意識して葉酸摂取する事が重要ですし、妊娠の初期にもサプリメントによって日々、できるかぎり補充するのが効果的です。








いつまでもキレイでいたい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ytvq608
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ytvq608/index1_0.rdf