眠りを守る社会

November 16 [Wed], 2016, 17:14
社会の安全システムは国の最も重要なシステムです。

警察があり、消防署があり、その他いろいろなシステムができて、国家がしっかりしてきたということです。

私たちが眠りに対する関心が高まってきているのは、健康ブームとかそういうものだけではなくて、世の中が安定してきているからです。

こういう時代に質のよい眠りを求めることは、当然だと思います。

熟唾してすっきり目覚める。

これができる世の中であるということは、ある意味では近代化、都市化のお陰です。

しかし、このことによってまた、私たちの眠りが妨げられているということもいえるのです。

社会の24時間化がいわれています。

人々が活動する範囲が広がり、眠る時間が侵食されているという考えもあります。

しかし、24時間活動する警察、病院、消防署があってはじめて、私たちの安全が保たれているわけです。

そういう中で私たちは熟睡して、夜を楽しむということが可能になってきたということは忘れてはいけないことです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆい
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ytrytshts/index1_0.rdf