薄い色に和らげる

October 02 [Wed], 2013, 16:23
全身のリンパ管と並行するようにして流れる血行が遅くなってしまうと、重要な栄養や酸素が移送されにくくなり、結果的には脂肪を増量させる大きな原因のひとつになります。
爪の生成される様子は樹木の年輪のように刻まれるものであるため、その時に健康面で問題がなかったかどうかが爪に出ることが多く、毛髪と等しく目に入って気付きやすいことから健康のバロメーターとも言われるのだ。
ネイルケアそのものは爪をよりきれいな状態にキープすることを目標に掲げている為、爪の変調を把握しておく事はネイルケア技術の向上により役立つし無駄がないといえる。
明治時代の終わり頃に外国帰りの女性たちが、洋髪、洋風の服装、洋風の新しい化粧品・美顔術などを日本に紹介したことから、これらを総括する単語のひとつとして、美容がけわいの後継として扱われるようになった。
内臓が健康か否かを数値で計測してくれる便利な機械があります。『ノイロメーター』と名付けられた機械で、人間の自律神経の状況を調べることで、内臓のコンディションがモニタリングできるという機能性の高いものです。
指で押しても戻るお肌の弾力感。これを司っているのは、健康食品でおなじみのコラーゲンなのです。スプリングの働きをするコラーゲンが充分にお肌を支えていれば、嫌なたるみとは無縁でいられるわけです。
現代を生きる私達は、毎日体の中に蓄積されていくという深刻な毒を、色んなデトックス法を試して体外へ排出し、ワラにも縋る想いで健康な体を手中に収めたいと努めている。
現代社会に暮らしている我らには、身体の中には人体に悪い影響を与えるケミカルな物質が溜まり、又自らの体の中でも活性酸素が次々と発生していると報じられているらしい。
健康な身体にも生じる浮腫だが、これはごくごく自然なこと。ことに女の人は、脚のふくらはぎのむくみを防ぎたがるが、ヒトであれば、下半身がむくむということはいたって普通の状態なので神経質になる必要はない。
我々が「デトックス」にのめりこんでしまう大きな理由として考えられるのは、日本人が暮らしている環境の悪さだろう。大気や土壌は汚染され、穀類や野菜などの食物には作用の強い化学肥料や有害な農薬が多くかけられていると喧伝されているのだから無理もない。
レチノイン酸療法は、濃色のシミをほんの数週間で薄い色に和らげるのに実に向いている治療法で、40代以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったにきび跡などに使われます。
例えるなら…今、パソコンを見つつ頬杖をついていますか?実はこの姿勢は手の平からの圧力をめいっぱいダイレクトにほっぺたに当てて、繊細な皮膚に大きな負担をかけることにつながっているのです。
医学界全般がQOL(quality of life)を重視する風潮にあり、市場経済の発達と医療市場の拡大もあって、美意識に基づいた美容外科(Plastic Surgery)は4〜5年前ぐらいから人気のある医療分野だと考えられている。
美容とは、顔の化粧や結髪、服飾などの方法によって容姿や見た目を更に美しく装うために形づくることを指す言葉。なんと江戸時代には化粧(けわい)と同義の言葉として使用されていたそうだ。
「デトックス」術にはリスクや課題はまったく無いのだろうか。だいたい、体内に溜まるとされている「毒物」とはどのようなもので、その「毒素」とやらは果たして「デトックス」によって排出できるのだろうか?
マール王国の人形姫
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ytrpdsajih
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ytrpdsajih/index1_0.rdf