終わり頃に海外

September 04 [Wed], 2013, 2:46
明治の終わり頃に海外から帰ってきた女たちが、洋風の髪型、洋風の服装、洋風の化粧品や化粧道具、美顔術などを紹介すると、これらを総括する単語のひとつとして、美容がけわいの後釜として使われるようになったとされている。
美白(ホワイトニング)という美容法は1990年代の終わり頃に化粧品会社創業者の鈴木その子が火付け役となってブームになったのは記憶に新しいが、1990年代前半にはメラニン色素の増加が原因の黒ずみ対策の専門用語として採用されていたようだ。
歯のビューティーケアが肝心と捉える女性は増加しているものの、実際にやっているという人はそう多くはない。その理由としてもっとも多いのが、「自分だけではどのようにしてケアすればよいのかよく分からない」というものらしい。
美容とは、結髪、化粧、服飾などを用いて容姿、容貌をより一層美しくするために形づくることを指す。実は江戸時代には化粧(けわい)の同義語として使用されていた。
現代に生きる身では、身体の中には人体に悪い影響を与えるケミカルな物質が取り込まれ、さらに自らの体の中でも細胞を傷つける活性酸素などが生産されていると喧伝されているらしい。
目が綺麗な美人
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ytpidpsajfo
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ytpidpsajfo/index1_0.rdf