戦争責任について

August 06 [Sat], 2011, 22:09
 初めてブログを書きます。
  今日は広島に原爆が落とされて66年目の日。今NHKの特番を視ています。なんと原爆の信号はキャッチしていたとのこと。もしかしたら、原爆投下は回避されたかも。
  いずれにしても戦争責任は、軍部の上層部にある。それが上層部にある者の宿命であることを認識すべき。
  馬鹿な戦争をしたものだ。
  とくかく東条英機をはじめとしたA級戦犯は許すことができない。
  できれば遺族も葬ってしまいたいくらいだ。
  以前東条の遺族がテレビに出たことがあるが。なんとふてぶてしいことか。家族には優しくても、国家的には悪人である。
  国の頂点を極める者は、まず国民の平和を優先すべきであり、家族なんてどうでもよいことではないか。
  私は、東条などの戦犯が靖国神社に祭られていることすら許せないのである。
  反論が有ればどうぞ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:やっちゃん
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yt0428/index1_0.rdf